SCPフレーバーテキスト集
評価: +241+x

SCPのフレーバーテキストを書くページです。
カードゲームのカードの様に、短い文でSCPの背景や世界観を表現してみましょう。
追加は自由です。ふるってどうぞ。

*追加はナンバー順でお願いします

GoIフォーマットのフレーバーテキストはこちら



ページがロックされている場合、他のユーザーが記録を作成中である可能性があります
しばらく待ってから再度試してください



クレジット

著者: poshironaposhirona

現実次元を分断する焚書坑儒計画。カルツァとクラインの遺物は"物語"を何処に導くのか?



クレジット

著者: watercat7725watercat7725

ハウダニットすら届かぬ程の、どうにも解き得ぬミステリー。



クレジット



クレジット

著者: watercat7725watercat7725

これまでとなんら変わりはなく、変わることなど許されず、異様なまでにいつも通りの、静謐に包まれた日常が始まった。



クレジット

著者: watercat7725watercat7725

真相に、気付いた頃には、とうに戻れぬ"エンディング腹の中"。



クレジット

著者: watercat7725watercat7725

そこは優しく暖かく、そしてどこまでも空虚に塗れた、蒼然たる永劫の国。



クレジット

著者: chocomintyachocomintya

塔を上る。上へと上る。上には上がある。



クレジット

著者: mitsuki1729mitsuki1729

何かは分からないが、それはできるだけ早く破壊されなければいけない。



クレジット

著者: Nanasi1074Nanasi1074

死への想いが重りとなって、地へと飛び立ち墜ちていく。



クレジット

著者: watercat7725watercat7725

灼熱の愛と感謝に迎えられ、還った先はひどく暖かな地獄だった。



クレジット

著者: watercat7725watercat7725

ようやく閉じられた異常の傘下に蔓延っていたのは、あまりにも惨憺たる正常だった。



クレジット

著者: watercat7725watercat7725

叶わぬ願いも現実も、今や知りえぬ墓の下。



クレジット

著者: HekigyokuHekigyoku


クレジット

著者: watercat7725watercat7725

それが廃忘の果てに消え去ろうと、瞬きの間に生まれ変わろうと、嘱目の中に続き往く。



クレジット

著者: watercat7725watercat7725

昏い絶望に包まれた彼を照らしていたのは、いっそ眩いばかりの絶望だった。



クレジット

著者: b3yukikazeb3yukikaze

万物に終わりは訪れる。
ならばそれが幸福であらんことを。



クレジット

著者: exe_arkexe_ark


クレジット

著者: watercat7725watercat7725

さぁ鍵をかけて閉じてしまおう。誰も出ていかぬように、何人も立ち入らぬように。



クレジット

著者: watercat7725watercat7725

あぁ、お前のその言葉が、今も焼き付いては離れないんだ。



クレジット

著者: watercat7725watercat7725

魂持てど、逝ける天も無く。天の上でも地の底でも無い辺獄に、怨みの炎が燃え上がる。



クレジット

著者: watercat7725watercat7725

どれだけの時が流れようと、心が雨に打たれようと。晴れやかだったあの日々を、ただいつまでも愛していました。



クレジット

著者: watercat7725watercat7725

!ERROR!それは死すら乗り越えた、ある男女の愛の物語。!ERROR!嗚呼ついてくるんだ。その愛が、狂気が、いつまでも、どこまでも。



クレジット

著者: b3yukikazeb3yukikaze


クレジット

著者: b3yukikazeb3yukikaze

喰らうもの。喰らわせるもの。
本当に貪欲なのは?



クレジット

著者: b3yukikazeb3yukikaze

世界を救えるものは、同時に世界を滅ぼせるものである。



クレジット

著者: b3yukikazeb3yukikaze


クレジット

著者: watercat7725watercat7725

貴方の持つ優しかったあの日々の記憶を、希求すべき正常な世界を。──想起してください。



クレジット

著者: watercat7725watercat7725

君をも巻き込んだ世紀のどんでん返しは、"外"から響く悲鳴で幕を下ろす。



クレジット

著者: watercat7725watercat7725

きっと、闇の中で生きてきたの眼には、燦然と輝く"光"しか視えなかった。



クレジット

著者: MemoryLapseMemoryLapse

黒を走らせ描いたものは、世界を蝕む『破滅』の二文字。



クレジット

著者: watercat7725watercat7725

今や見るも叶わぬあの顔は、確かに想ったそれだった。



クレジット

著者: watercat7725watercat7725

結局、視えぬ呪いを形作っていたのは"恐怖心"ただそれだけだった。



クレジット

著者: watercat7725watercat7725

孤独に演じた貴方の最期は、きっと暖かなカーテンコールと共に。



クレジット

著者: sakaponsakapon

毎日の触れ合い、きっとそこからAIが生まれる。



クレジット

著者: watercat7725watercat7725

ただ生のみを遺していった彼らの血は、確かにあった"ヒト"としての全てすら奪い去ってしまった。



クレジット

著者: Dr_TaguchiDr_Taguchi


クレジット

著者: Dr_TaguchiDr_Taguchi

今頃、この物語を誰かが周りに広めていることでしょう。



クレジット

著者: Dr_TaguchiDr_Taguchi

冷静に。あわてんぼうは傷になりますよ。おっと。何かの警報のようだ。



クレジット

著者: Dr_TaguchiDr_Taguchi

財団は誰かを笑顔にするために、自分たちの笑顔を捨てる。



クレジット

著者: Dr_TaguchiDr_Taguchi

彼らは正常。僕らも正常。じゃあ誰が異常?彼ら財団が異常。



クレジット

著者: Dr_TaguchiDr_Taguchi

神から翼を授かれば、私たちだって飛べるのだ。まるで天使の舌に転がされているように。



クレジット

著者: Dr_TaguchiDr_Taguchi

神よ我々を護り賜え。”裏側”にいた人々は口々にそう言った。



クレジット

著者: watercat7725watercat7725

硬くも儚い薄氷の上、冷たく降り注ぐ月明かりの下。今際の際の舞踏会が、静かに開かれていた。



クレジット

著者: watercat7725watercat7725

世界を、人々を、そして心を。死してなお全てを救ってこそのヒーローであり、それは誰にとっても変わらぬ"英雄"であった。



クレジット

著者: dora545dora545

このお祭り騒ぎを楽しもうよ。次の夏も、そのまた次も。



クレジット

著者: dora545dora545

見た目で判断するお前らと、自由を欲した悲しい子。
本当に怪物だったのは?



クレジット

著者: Shishiza manShishiza man

果たして真に守るべきは世界か、財団か、はたまた規則か?



クレジット

著者: Dr_TaguchiDr_Taguchi
(旧ページより移転)

消し去られた物語、私たちは忘れない。



クレジット

著者: Dr_TaguchiDr_Taguchi
(旧ページより移転)


クレジット

著者: sakaponsakapon

あの素晴らしい味をもう一度


ページ 1 / 29123...2829次 »
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。