SCPフレーバーテキスト集
rating: +233+x

SCPのフレーバーテキストを書くページです。
カードゲームのカードの様に、短い文でSCPの背景や世界観を表現してみましょう。
追加は自由です。ふるってどうぞ。

*追加はナンバー順でお願いします

GoIフォーマットのフレーバーテキストはこちら



ページがロックされている場合、他のユーザーが記録を作成中である可能性があります
しばらく待ってから再度試してください



クレジット



クレジット

著者: Dr_TaguchiDr_Taguchi

零時を迎え、"現実"という名の魔法は解ける。"現実"が消えた世界では、時はもう役には立たないのだ。



クレジット

著者: watercat7725watercat7725

貴方の持つ優しかったあの日々の記憶を、希求すべき正常な世界を。──想起してください。



クレジット

著者: watercat7725watercat7725

君をも巻き込んだ世紀のどんでん返しは、"外"から響く悲鳴で幕を下ろす。



クレジット

著者: watercat7725watercat7725

きっと、闇の中で生きてきたの眼には、燦然と輝く"光"しか視えなかった。



クレジット

著者: MemoryLapseMemoryLapse

黒を走らせ描いたものは、世界を蝕む『破滅』の二文字。



クレジット

著者: watercat7725watercat7725

今や見るも叶わぬあの顔は、確かに想ったそれだった。



クレジット

著者: watercat7725watercat7725

結局、視えぬ呪いを形作っていたのは"恐怖心"ただそれだけだった。



クレジット

著者: watercat7725watercat7725

孤独に演じた貴方の最期は、きっと暖かなカーテンコールと共に。



クレジット

著者: sakaponsakapon

毎日の触れ合い、きっとそこからAIが生まれる。



クレジット

著者: watercat7725watercat7725

ただ生のみを遺していった彼らの血は、確かにあった"ヒト"としての全てすら奪い去ってしまった。



クレジット

著者: Dr_TaguchiDr_Taguchi


クレジット

著者: Dr_TaguchiDr_Taguchi

今頃、この物語を誰かが周りに広めていることでしょう。



クレジット

著者: Dr_TaguchiDr_Taguchi

死さえ乗り越えれば、希望は見えてくるものだ。



クレジット

著者: Dr_TaguchiDr_Taguchi

冷静に。あわてんぼうは傷になりますよ。おっと。何かの警報のようだ。



クレジット

著者: Dr_TaguchiDr_Taguchi

財団は誰かを笑顔にするために、自分たちの笑顔を捨てる。



クレジット

著者: Dr_TaguchiDr_Taguchi

彼らは正常。僕らも正常。じゃあ誰が異常?彼ら財団が異常。



クレジット

著者: Dr_TaguchiDr_Taguchi

神から翼を授かれば、私たちだって飛べるのだ。まるで天使の舌に転がされているように。



クレジット

著者: Dr_TaguchiDr_Taguchi

神よ我々を護り賜え。”裏側”にいた人々は口々にそう言った。



クレジット

著者: watercat7725watercat7725

硬くも儚い薄氷の上、冷たく降り注ぐ月明かりの下。今際の際の舞踏会が、静かに開かれていた。



クレジット

著者: watercat7725watercat7725

世界を、人々を、そして心を。死してなお全てを救ってこそのヒーローであり、それは誰にとっても変わらぬ"英雄"であった。



クレジット

著者: dora545dora545

このお祭り騒ぎを楽しもうよ。次の夏も、そのまた次も。



クレジット

著者: dora545dora545

見た目で判断するお前らと、自由を欲した悲しい子。
本当に怪物だったのは?



クレジット

著者: Shishiza manShishiza man

果たして真に守るべきは世界か、財団か、はたまた規則か?



クレジット

著者: Dr_TaguchiDr_Taguchi


クレジット

著者: Dr_TaguchiDr_Taguchi
(旧ページより移転)

消し去られた物語、私たちは忘れない。



クレジット

著者: Dr_TaguchiDr_Taguchi
(旧ページより移転)


クレジット

著者: sakaponsakapon

あの素晴らしい味をもう一度



クレジット

著者: sakaponsakapon

備えあれば憂いなし
例え支配になろうとも



クレジット

著者: sakaponsakapon

ナょゑレまー⊂″、⊇ぅナょゑ@ね!
于ョ─ィヶτゑι″ゃω!



クレジット

著者: watercat7725watercat7725

哀れな盲者の手を引いた君は、とうに盲目の愚者だった。



クレジット

著者: Nanasi1074Nanasi1074

ただ家族に会いたかった青年の目には、正常の狂気に焼き尽くされた希望があった。



クレジット

著者: MemoryLapseMemoryLapse

説明なき軟禁ほど効果的なプロトコル私を追い詰めるものはない。



クレジット

著者: watercat7725watercat7725

大都市を呑み込んだ夜を、包み込んでいたのは数え切れぬ程の黒翼だった。



クレジット

著者: watercat7725watercat7725

そうして投げられたコインに写ったのは、白日の下に晒された"裏面"だった。



クレジット

著者: watercat7725watercat7725

白く濁った真実に、ぴちゃん。ぴちゃん。ぴちゃん。童がひとり破顔した。



クレジット

著者: watercat7725watercat7725

今だけ悩みは捨て置いて、独り夜色とほろ酔って。



クレジット

著者: TyobiTyobi

ナイスプロトコル!ここまで纏めるのに眠れない日もあっただろう!



クレジット

著者: TyobiTyobi


クレジット

著者: TyobiTyobi

美貌と美徳を美化した美辞を信じても美談にはならない。



クレジット

著者: watercat7725watercat7725

孤独に闘う狼なんざ、ハナから何処にも居なかったらしい。



クレジット

著者: Dr_TaguchiDr_Taguchi
(旧ページより移転)

最初で最後の終わりのオーケストラ。



クレジット

著者: Dr_TaguchiDr_Taguchi
(旧ページより移転)

終末論の後に残ったのは、幻想で作られた檻だった。



クレジット

著者: Dr_TaguchiDr_Taguchi
(旧ページより移転)

きれい好きな像の一つの物語。



クレジット

著者: watercat7725watercat7725

ほら、ガキの頃ってぜーんぶデカくて、広くて、そんで壮大に見えただろ?まあ、見えるだけだったら良かったんだけどな。



クレジット

著者: dgrmgrdgrmgr

無慈悲のたうつ巷をば、いまや装置のキミが征く。鉄の身よじらす理由は一つ、人のみ抱ける小さな疑念よ。



クレジット

著者: watercat7725watercat7725

今はまだ、その声が聞こえるまで。さらば老いぼれ、そして情よ。



クレジット

著者: watercat7725watercat7725

誰もが待ち焦がれた筈の夜明けは、光り輝く絶望へと──



クレジット

著者: watercat7725watercat7725

赦しましょう。どんな讒訴や懺悟でも。それが懺悔足り得ない自己満足だったとしても。



クレジット

著者: watercat7725watercat7725

"病は気から"。治すも患うも、それはただの思い込みだ。


page 1 of 29123...2829next »
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。