SCPフレーバーテキスト集
評価: +264+x

SCPのフレーバーテキストを書くページです。
カードゲームのカードの様に、短い文でSCPの背景や世界観を表現してみましょう。
追加は自由です。ふるってどうぞ。

*追加はナンバー順でお願いします

GoIフォーマットのフレーバーテキストはこちら



ページがロックされている場合、他のユーザーが記録を作成中である可能性があります
しばらく待ってから再度試してください



クレジット

著者: tf4523tf4523

「まったく、こんな仕事をしてなかったら とても信じられない話だ」 ー サイト-81のとある職員



クレジット

著者: tf4523tf4523

使命は果たす、例えこの身を貫く穴が空こうとも



クレジット

著者: tf4523tf4523

「さようなら」「さようなら」「ごちそうさま」



クレジット

著者: ItibanItiban

彼女を愛した彼はもう居なくなった。いや、元々居なかったかもしれない。



クレジット

著者: orewaomaedaorewaomaeda

それで、誰が自分を執筆者だと思ってるだけのバカを見たいと思うんだ?



クレジット

著者: sorairoringosorairoringo

実らぬ恋の種は、誰にも知られず土へと埋まった。



クレジット

著者: SouMatsuSouMatsu

異常として生きるには、彼は普通すぎた



クレジット

著者: mC shrimpmC shrimp


クレジット

著者: watercat7725watercat7725

ああ全く、その妄信的なイデオロギーも強迫的なドクトリンも、結局はくだらない信仰ドグマの結実だったろうに。



クレジット

著者: sotabonsotabon

永く短い常世の国と、知られぬ短い英雄譚。



クレジット

著者: sorairoringosorairoringo

空は青い。これからも、「これまで」も。



クレジット

おやすみ。おはよう。はじめまして。



クレジット

著者: sakaponsakapon

今年もド派手に盆バイエ!やっちまえ!



クレジット

著者: EinoshimaEinoshima


クレジット

著者: watercat7725watercat7725

もはや茹だるほどの憧憬と、ただ後悔を灼く炎天の痛みだけが、未だ尽きせぬ夏日の残照だった。



クレジット

著者: Astro-UNAstro-UN

たとえ世界が忘れても、あなたは確かにそこにいる。



クレジット

著者: watercat7725watercat7725

とうに果てた未知 見果てぬ夢よ、世界の果てに幻想と舞え。



クレジット

著者: watercat7725watercat7725

どうかまた会おう。流転する星空が何億光年の果てに再び灯を紡ぐその時を、今はただ────待っているから。



クレジット

著者: watercat7725watercat7725

覚えておくといい。この世界の"物語"など得てして圧倒的で不条理なエンディング終わりへの引き立てに過ぎないのだと。



クレジット

著者: watercat7725watercat7725

幾度生を繰り返せど、我々は一人残らず暗闇の中で死んでゆく。それを受け入れろ。純白の未来など何処にも在りやしない。



クレジット

著者: watercat7725watercat7725

幸福に滲む後悔が、ガラスを隔てて流れ行く。歪んだ行路のその足元に、届かぬ過去が絶えていた。



クレジット

著者: watercat7725watercat7725

「互いに顔すら知らぬまま、随分と長い旅をしてきたものじゃないか、旧友よ。」



クレジット

著者: Macha_CoffeeMacha_Coffee

使用者: 20代研究員
事故の詳細: 使用者の言語能力の局所的な喪失
事故の発生原因: フレーバーテキストの作成



クレジット

著者: Macha_CoffeeMacha_Coffee

「財団の明日はどっちだ?」
「それは人類の明日よりも大事なことなのか?」



クレジット

著者: mC shrimpmC shrimp

神が悪戯で人を殺すなら、悪戯のツケを神は払うべきだろ?



クレジット

著者: mC shrimpmC shrimp

信じさえすればどんな奇跡だって起こりうる。誰の都合にも関わらず。



クレジット

著者: watercat7725watercat7725

猛炎に揺らぐ命の前に、灰燼と化せど救い給う。しとど濡らした頬も乾かず、哀切照らした蛍火よ。



クレジット

著者: FireflyerFireflyer

これはある器の、冷めることの無い怒りの物語。



クレジット

著者: Dr PochiDr Pochi

炎は息子のすべてを消し去った。



クレジット

著者: Dr PochiDr Pochi

彼を癒やすのは、靴磨きか停滞か。



クレジット

著者: MoromoroMoromoro

では死ねない彼は誰と共に生きているのだろう。



クレジット

著者: watercat7725watercat7725

世界の理を断ち切り、運命すらも捻じ曲げようとしたヒュブリスの命は、もはや手中にあったはずの必然の下に穿たれた。



クレジット

著者: watercat7725watercat7725

赤く紅く腫れ上がったそこから、乾いた音が鳴り響く。そして禁忌に触れた愚者共へ、無慈悲にもそれは振り下ろされた。



クレジット

著者: Pain_CandyPain_Candy

元始、女性は太陽であった。じゃあ今は?



クレジット

著者: watercat7725watercat7725

ただ輝かしくあった航海者の記録に異を唱えるかのようにして、どす黒く歪んだ人類史の告発は行われた。



クレジット

著者: watercat7725watercat7725

ともすれば荒唐無稽な非現実と闘い続けた彼に訪れたのは、当然にも残酷極まる正常な最期だった。



クレジット

著者: dora545dora545

宵覚む富士に、目醒む虎踞。歩みし跫音虞ること勿く、號びを薙ぎて暁を見む。



クレジット

著者: peperosepeperose

死で肥えた土地に花が咲く。
我々の生きた証のために。



クレジット

著者: hallwaymanhallwayman

邪悪の権化、の帝国。そんなもの、ホラ話オリエンタリズムの中だけにしかなく。



クレジット

著者: sotabonsotabon

母は強し。だが子もまた強し。



クレジット

著者: sotabonsotabon

たった十分間だけの、幻の英雄の物語。



クレジット

著者: sotabonsotabon

大山鳴動して、死体が一つ。



クレジット

著者: sotabonsotabon

終わりのない、終わりの連鎖。



クレジット

著者: watercat7725watercat7725

山桜 知る人もない 約束は 散華せぬ嘘 夢寐と騙らず



クレジット

著者: MoromoroMoromoro

時間を飛んで楽しくドライブ、止まるなんてとんでもない。



クレジット

著者: FireflyerFireflyer

認識のキャンバスに描くは、純愛か、玩弄か。



クレジット

著者: FireflyerFireflyer

自らの呼吸音で、一筋の灯りで、静かに人は、狂っていくのだ。



クレジット

著者: BlueRayiBlueRayi

冗談だったんだよ。アンタら、冗談じゃねえぞ。



クレジット

著者: KAZUMIKKUSUKAZUMIKKUSU

無限Infiniteに尻を拭く試みの尻拭い。



クレジット

著者: MemoryLapseMemoryLapse

ページ 1 / 30123...2930次 »
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。