SCPフレーバーテキスト集
rating: +239+x

SCPのフレーバーテキストを書くページです。
カードゲームのカードの様に、短い文でSCPの背景や世界観を表現してみましょう。
追加は自由です。ふるってどうぞ。

*追加はナンバー順でお願いします

GoIフォーマットのフレーバーテキストはこちら



ページがロックされている場合、他のユーザーが記録を作成中である可能性があります
しばらく待ってから再度試してください



クレジット

著者: GyonisoGyoniso
(旧ページより移転)


クレジット

著者: tokoyotokoyo
(旧ページより移転)


クレジット

著者: Levoy does not match any existing user name
(旧ページより移転)

知らないことは知らなくていい。そこに何が存在する、という事実も。



クレジット

著者: Levoy does not match any existing user name
(旧ページより移転)

夢のままで終わらせてはいけない、実現させて始めて意味を持つ。



クレジット

著者: Levoy does not match any existing user name
(旧ページより移転)

何度ブーツを履き直そうと、壊れた世界の記憶は彷徨い、積み上がってゆく。



クレジット

著者: Levoy does not match any existing user name
(旧ページより移転)

時間は進む、淡い恋心が全てを動かした。



クレジット

著者: Levoy does not match any existing user name
(旧ページより移転)

深紅の外套を纏う処刑人の望みは、自らが負った苦しみのない世界。



クレジット

著者: Levoy does not match any existing user name
(旧ページより移転)

痛みと苦しみを請け負い、剣は無情に振り下ろされる。



クレジット

著者: KyaruruKyaruru
(旧ページより移転)

説明書は穴が開くほど読まないと、目に節穴が開いてしまう。



クレジット

著者: Zatto13Zatto13
(旧ページより移転)

おにごっこをしていた。逃げ手に勝利条件などなかった。



クレジット

著者: Levoy does not match any existing user name
(旧ページより移転)

休む間もなく紡がれる我らの歩みは、積み重なり並べられてゆく。世界が終わるその日まで。



クレジット

著者: Levoy does not match any existing user name
(旧ページより移転)

古の神々との封印は、静かに解かれていた。



クレジット

著者: Levoy does not match any existing user name
(旧ページより移転)

空虚なる砂漠の牢獄、深い闇の中から開かれたのは冥界への扉か。



クレジット

著者: Shishiza manShishiza man
(旧ページより移転)

我々は神を創った。……我々が、神になった。



クレジット

著者: Levoy does not match any existing user name
(旧ページより移転)

新たなる春の訪れ、やはり世界は美しい。



クレジット

著者: Levoy does not match any existing user name
(旧ページより移転)

身勝手かもしれません。ですが、これはあなた達の忠誠と努力の結晶ですから。



クレジット

著者: Levoy does not match any existing user name
(旧ページより移転)

扉を開けたら、みんな死んでいた。



クレジット

著者: Levoy does not match any existing user name
(旧ページより移転)

作り方は企業秘密。“新鮮な材料”をふんだんに使った、美味しいパイをどうぞ。



クレジット

著者: Levoy does not match any existing user name
(旧ページより移転)

誰であろうと、等しく下される神罰。



クレジット

著者: Levoy does not match any existing user name
(旧ページより移転)

過ちは繰り返される。自分たちの首を絞めることだと知らずに。



クレジット

著者: Levoy does not match any existing user name
(旧ページより移転)

世界の最高峰は、屍で作られている。



クレジット

著者: Levoy does not match any existing user name
(旧ページより移転)

罰を受けよう、君から赦されるその日まで。



クレジット

著者: KyaruruKyaruru
(旧ページより移転)

そしてお前が死ぬべき場所。



クレジット

著者: KyaruruKyaruru
(旧ページより移転)


クレジット

著者: KyaruruKyaruru
(旧ページより移転)

死んだ謎は事実と同義。全ての謎は生きているのだ。



クレジット

著者: MizinNusMizinNus
(旧ページより移転)


クレジット

著者: KyaruruKyaruru
(旧ページより移転)

何が不満だと言うんだ。とても幸せそうじゃないか。



クレジット

著者: readmasterreadmaster
(旧ページより移転)


クレジット

著者: mitsuki1729mitsuki1729
(旧ページより移転)

人が増えるということは、守らなければいけないものが増えるということだ。



クレジット

著者: ywst9610ywst9610
(旧ページより移転)

彼こそが真の"銀の弾丸シルバーバレットだった。



クレジット

著者: DoomDrakeVDoomDrakeV
(旧ページより移転)


クレジット

著者: Levoy does not match any existing user name
(旧ページより移転)

あの日から、ご主人様を助けてくれる人を待っているんだ。



クレジット

著者: TF2045TF2045
(旧ページより移転)

夢はあなたに近づかない。あなたが近づかなければ始まらない。



クレジット

著者: TF2045TF2045
(旧ページより移転)

叶わぬ夢は消える夢。消せない夢は叶う夢。



クレジット

著者: Levoy does not match any existing user name
(旧ページより移転)

箱庭の中で繰り広げられる戦い。奪われたものを取り戻すために、進め。



クレジット

著者: Levoy does not match any existing user name
(旧ページより移転)

さようなら、正常な世界の中で生きてください。



クレジット

著者: Levoy does not match any existing user name
(旧ページより移転)

正常と異常は混じり合い、再び世界は動き出す。



クレジット

著者: Levoy does not match any existing user name
(旧ページより移転)

人間とは、意図された上で作られた存在なのかもしれない。



クレジット

著者: Levoy does not match any existing user name
(旧ページより移転)

引き返してください、忘れてください。



クレジット

著者: Levoy does not match any existing user name
(旧ページより移転)

私たちの犠牲が、貴方たちの世界の役に立つことを願っている。



クレジット

著者: Levoy does not match any existing user name
(旧ページより移転)

栄枯盛衰、それはいつの時代も変わらない。



クレジット

著者: CABOCHA does not match any existing user name
(旧ページより移転)

かつての彼らは"生ける伝説リヴィング・レジェンド"だった。そしてきっと、今もなお。



クレジット

著者: dgrmgrdgrmgr
(旧ページより移転)

汚物漂う海水の痛みに晒され、食と蝕の本能じくじくと。じくじくと。



クレジット

著者: KyaruruKyaruru
(旧ページより移転)

「誰もがそれを知っている」のが常識なら、誰もがそれを忘れ去った時、「誰もそれを知らない」のが常識になる。



クレジット

著者: KyaruruKyaruru
(旧ページより移転)

偉大なる円舞曲ワルツが空を舞う。



クレジット

著者: dgrmgrdgrmgr
(旧ページより移転)

目も眩むような海洋ロマンのスリルこそが、あのサンドイッチの本当の隠し味なのかもな。



クレジット

著者: dgrmgrdgrmgr
(旧ページより移転)

食べさせながらも食べられて、お肉の味を覚えたら、ごっこ遊びはもうおしまい。



クレジット

著者: minntiminnti
(旧ページより移転)

優しさは、紛うことなき強さだ。



クレジット

著者: dgrmgrdgrmgr
(旧ページより移転)

この時期にバターっぽいものを塗りたくるからには、概ねトーストに決まってんだよ!



クレジット

著者: minntiminnti
(旧ページより移転)

天秤の片方に重いものを乗せたら大きく傾いた。地面に当たり砕け散り、破片はただのゴミとなった。


特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。