SCP詩集
rating: +108+x

SCPに関する詩を投稿するページです。
詩のジャンルは問いません。追加は自由です。




ソート方法: 高評価順, 低評価順, 古い順, 新しい順, ランダム


クレジット

str0717str0717 - 13 Nov 2020 14:17


外つ国や 斯くこそ有りと 覚えけれ
  ちぎりの後に 残る振り袖
               

             四代目神林伯玄




クレジット

Dr_KasugaiDr_Kasugai - 21 Aug 2019 09:52


ごめんなさい
でもにがすこともあるさ
にんげんだもの

──にっそ




クレジット

izumi_sngwizumi_sngw - 07 Jun 2019 17:38


堪へかねて
立てし言葉は
止むべしと
目にとめられず
応に病むべし




クレジット

sunflowers_AIsunflowers_AI - 10 Jun 2019 12:28


私は『彼』を知っている。
『食べるモノ』、『着るモノ』、『私達の生活そのモノ』。
『喜び』、『悲しみ』、『私達の感情そのモノ』。
あの暗い『部屋』で、『パソコン』を弄りながら、
『ハンバーガー』片手に、『全て』を語った『彼』。

『私』は『彼』を知っている。

忘れたとは言わせない。

彼は『ボブ』。そして、彼は私たちの全てだ。




クレジット

FeS_ryuukatetuFeS_ryuukatetu - 09 Jun 2019 09:51


じれずは
ひし幾年いくとせ
あらそいを
あおそらせど
いしわすれじと




クレジット

M_KousakaM_Kousaka - 13 Nov 2020 14:00


日を跨ぎ
昇る陽の影
境もなく
地にあたる陽よ
同一なりか




クレジット

FeS_ryuukatetuFeS_ryuukatetu - 08 Jun 2019 04:12


るとへと
わりとのろ
つづ
緋色ひいろとり
おと宿やど




クレジット

str0717str0717 - 13 Nov 2020 14:30


丑三つ時の鐘の音 望月に雲のかかりしを
待ちて出でるは何者ぞ
独り今より申し上げるは 本朝八洲に伝わりし
物の怪達が名残にて

            怪奇銘々伝大序




クレジット

NON1104NON1104 - 10 Jun 2019 15:19


アリソンがアリソンをひろげても、
アリソンはちっとも飛べないが、
飛べるアリソンはアリソンのように、
アリソン(ありそん)を早くは走れない。

アリソンがアリソンをゆすっても、
きれいなアリソンはでないけど、
あの鳴るアリソンはアリソンのように、
たくさんのアリソンを知らないよ。

アリソンと、アリソンと、それからアリソン、
アリソンたちはみんないい。




クレジット

TachyonTachyon - 14 Jul 2020 13:02


夜明け頃
砲 枷 艦を棄て笑む
八咫の歴史まさに終わる
雲一つ見ぬ空
一面百合花へ
 
よあけころ
ほうかせふねをすてえむ
やたのれきしまさにおわる
くもひとつみぬそら
いちめんゆりはなへ



特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。