SCP詩集
rating: +108+x

SCPに関する詩を投稿するページです。
詩のジャンルは問いません。追加は自由です。




ソート方法: 高評価順, 低評価順, 古い順, 新しい順, ランダム


クレジット

Dr_KasugaiDr_Kasugai - 21 Aug 2019 09:52


ごめんなさい
でもにがすこともあるさ
にんげんだもの

──にっそ




クレジット

TachyonTachyon - 20 Jul 2020 15:39


余命は二月 滅びの暗示
我ら 行く末悩むも逃げぬ
手を取り興さね『神へ迫る装置』
 
よめいはふたつきほろひのあんし
われらゆくすえなやむもにけぬ
てをとりおこさねかみへせまるそうち




クレジット

roune10121roune10121 - 17 Jun 2019 12:12



一の文字は二十一の束
螺旋の絵画が頭を揺らし
それは唯一つの為にあり
宇宙の真中は船に在り
四人の姉妹は日々を過ごし
玩ぶのは赤子の手
鬼の慟哭は迷宮の中
魔法は廃れ科学は栄え
馬鹿な機械は憶を乞う
死は灯火の陽炎となりて
三矢丸の意は藪の中
青は丸く遠くへ続き
夢の使者は現を護り
螺旋は不死の像の板
付箋は安全か切札か
自分の不幸は蜜の味
悪を照らす太陽は翳り
凍てつく培悪の神と為り
然るに財団と異常は等しく
貴方の眼は肯定を問い
緋は尽きて鈍色が発ち
財団博士は財団を総べ
管理者は群盲象を評し
鵺の声は独り響くのみ
それは唯一つの為にあり
螺旋の絵画が頭を揺らし
一の文字は二十一の束




クレジット

ogakuzuogakuzu - 08 Jun 2019 11:48


気付くまでは
あくまで可愛い
くまだった
いまや悪魔と
憎まれるなり




クレジット

str0717str0717 - 20 Jun 2021 10:10


若時除五白
老時退赤霧
三寸不爛舌
然而病聞無

          文久元年 伯玄英寅




クレジット

Oda_keeentOda_keeent - 13 Nov 2020 14:39


上を見ろ。
見たらどうなる。
だれも分からぬ。
見たものはどうなる。
だれも分からぬ。
何故分からぬ。
見たものはいないからだ。




クレジット

SekawaSekawa - 11 Jun 2019 01:14


後で書けば良いじゃない




クレジット

Oda_keeentOda_keeent - 13 Nov 2020 14:33


川を下りて、その先には
全てはニガヨモギのみぞ知る
全ては青い縞模様のみぞ映す
これは現か幻か




クレジット

ogakuzuogakuzu - 08 Jun 2019 02:32


伊り回るは
要らない回る
今の世は
されど佐えねば
冴えぬが定め




クレジット

kumer1090kumer1090 - 23 Sep 2021 05:41


一に脱走
二に脱走
暴れる姿は
風物詩



特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。