SCP詩集
rating: +112+x

SCPに関する詩を投稿するページです。
詩のジャンルは問いません。追加は自由です。




ソート方法: 高評価順, 低評価順, 古い順, 新しい順, ランダム


クレジット

Oda_keeentOda_keeent - 13 Nov 2020 13:53


故郷沈む世界
水平線を仰ぐ 




クレジット

Oda_keeentOda_keeent - 13 Nov 2020 14:39


上を見ろ。
見たらどうなる。
だれも分からぬ。
見たものはどうなる。
だれも分からぬ。
何故分からぬ。
見たものはいないからだ。




クレジット

str0717str0717 - 20 Jun 2021 10:10


若時除五白
老時退赤霧
三寸不爛舌
然而病聞無

          文久元年 伯玄英寅




クレジット

kinoniumkinonium - 08 Mar 2020 06:03


あなたが残したもの、確かに受け取りました。
確保、収容──そして保護を承ります。
ありがとう。そしてお疲れ様。




クレジット

kumer1090kumer1090 - 23 Sep 2021 05:38


何人も
視線外せぬ
その姿
まばたきもせず
見つめていたい




クレジット

Souryuu0219Souryuu0219 - 08 Jun 2019 16:51


それは道端の雨濡れる一匹の犬。
天突く遠吠え、それは一つの誰かの夢。
やがて遠吠えは掠れて消え去った。




クレジット

shiki0011shiki0011 - 09 Jun 2019 13:35


空を見上げれば、「それ」は在る
やがて太陽ほし終焉おわりを巣立ちとす
小さき我らに術は無く
巨なる龍蟲は星を呑む
いわんや灼炎の揺り籠は
未だ憎らしいほど遠く




クレジット

sunflowers_AIsunflowers_AI - 10 Jun 2019 12:28


私は『彼』を知っている。
『食べるモノ』、『着るモノ』、『私達の生活そのモノ』。
『喜び』、『悲しみ』、『私達の感情そのモノ』。
あの暗い『部屋』で、『パソコン』を弄りながら、
『ハンバーガー』片手に、『全て』を語った『彼』。

『私』は『彼』を知っている。

忘れたとは言わせない。

彼は『ボブ』。そして、彼は私たちの全てだ。




クレジット

Oda_keeentOda_keeent - 13 Nov 2020 14:33


川を下りて、その先には
全てはニガヨモギのみぞ知る
全ては青い縞模様のみぞ映す
これは現か幻か




クレジット

agtd120agtd120 - 10 Feb 2021 17:32


いかなる道にも果ては在り、
往く手を恐れぬ者は無い。
木々は集い、空を成し、
影に惑わぬ者は無い。
勇み憂い様々あるが、
果てには何も残らない。



page 1 of 512345next »
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。