SCP詩集
rating: +112+x

SCPに関する詩を投稿するページです。
詩のジャンルは問いません。追加は自由です。




ソート方法: 高評価順, 低評価順, 古い順, 新しい順, ランダム


クレジット

sunflowers_AIsunflowers_AI - 10 Jun 2019 12:28


私は『彼』を知っている。
『食べるモノ』、『着るモノ』、『私達の生活そのモノ』。
『喜び』、『悲しみ』、『私達の感情そのモノ』。
あの暗い『部屋』で、『パソコン』を弄りながら、
『ハンバーガー』片手に、『全て』を語った『彼』。

『私』は『彼』を知っている。

忘れたとは言わせない。

彼は『ボブ』。そして、彼は私たちの全てだ。




クレジット

sekinonsekinon - 10 Jun 2019 12:26


壊れもの
直ると信じ
叩いても
壊れていった
大切なもの




クレジット

shiki0011shiki0011 - 09 Jun 2019 13:35


空を見上げれば、「それ」は在る
やがて太陽ほし終焉おわりを巣立ちとす
小さき我らに術は無く
巨なる龍蟲は星を呑む
いわんや灼炎の揺り籠は
未だ憎らしいほど遠く




クレジット

FeS_ryuukatetuFeS_ryuukatetu - 09 Jun 2019 09:51


じれずは
ひし幾年いくとせ
あらそいを
あおそらせど
いしわすれじと




クレジット

Souryuu0219Souryuu0219 - 08 Jun 2019 16:51


それは道端の雨濡れる一匹の犬。
天突く遠吠え、それは一つの誰かの夢。
やがて遠吠えは掠れて消え去った。




クレジット

BenjaminChongBenjaminChong - 08 Jun 2019 15:22


訪ぬるは
龍隕つる処
跡形も
語り伝えん
護りのつとめ




クレジット

BenjaminChongBenjaminChong - 08 Jun 2019 14:54


身心を
蚕喰くらふ怪ぞ居り
視えぬとも
劔掲げて
禊ぎ祓はむ




クレジット

ogakuzuogakuzu - 08 Jun 2019 14:39


●●●●●|
●●●●●●●|
●●●●●|
●●●●●●●|
●●●●●●●




クレジット

ogakuzuogakuzu - 08 Jun 2019 11:48


気付くまでは
あくまで可愛い
くまだった
いまや悪魔と
憎まれるなり




クレジット

Pine-wellPine-well - 08 Jun 2019 10:19


君がため
殺し続ける我が命
終わりと果ては
無いと知りつつ



特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。