SCP-SPOOKY-J
rating: -10+x
Fuckboi.jpg

フィラー博士のセーターを盗んだ後に彼のクローゼットに現れたSCP-SPOOKY-J1

アイテム番号: SCP-SPOOKY-J

オブジェクトクラス: Safe Euclid Spooklid

不気味な収容プロトコル2: SCP-SPOOKY-Jはその性質上完全に収容することが出来ません。SCP-SPOOKY-Jが収容違反した場合、収容室まで護送され、再収容されます。

SCP-SPOOKY-Jは単扉室閘門を備えた人型収容室に収容されてます。

説明: SCP-SPOOKY-Jは身長1.72m、体重5.44kgの一般的な骸骨です。SCP-SPOOKY-Jは頭蓋骨、顔、顎の構造が柔軟で筋肉が不足してるにも関わらず、様々な表情を作ることが出来ます。同様にSCP-SPOOKY-Jは知性があり、発声が出来ます。

SCP-SPOOKY-Jは休業日がある月に元の位置から66.6m以内に自由に現れたり顕現する事が出来ます。SCP-SPOOKY-Jがその場所にいる場合、しばしば後ろからガラガラとした音がすると報告されてます。SCP-SPOOKY-Jの異常性に影響された個体は実体を封じ込める前にクラスA記憶処理が施されます。

対象が生きている人間の時、SCP-SPOOKY-Jは通常侮辱や身体的コンプレックスを言及し、しばしば口頭で攻撃的な行動を示します。この振る舞いにも関わらずSCP-SPOOKY-Jは対象にひどくまたは意図的に傷つけてません。SCP-SPOOKY-Jは対象の母親と姉妹に異常な理解を表します。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。