SCP-TR-049
rating: -4+x

アイテム番号: SCP-TR-049

オブジェクトクラス: Safe Euclid

特別収容プロトコル: SCP-TR-049は施錠されたスチール製の囲いに保管する必要があります。 この領域を囲む2番目の領域があります。 このエリアは、最初のエリアの中心として構築された30メートルの円で構成されています。収容エリアに入る各職員の瞬間的な心理的および身体的状態を確認する必要があります。 スタッフの腎臓が​​破裂した場合、呼吸/呼吸に問題がある場合、スタッフはすでに解雇されます。█████博士の許可なしに第2収容エリアに入ることはできません。そのため、第2収容エリアに入ろうとする研究助手または治安部隊は、アドレナリンワクチンを接種する権利があります。 SCP-TR-049が耳を鳴らしたり、耳を刺したりした場合、そのエリアの安全性を確認する必要があります。 この反応を確認した人は終了されなければなりません。 警備員は、カメラでSCP-TR-049を監視し、第2収容エリアを警備してください。 職員が1時間以上保管場所に滞在することは推奨されません。 スタッフが2番目または1番目の保管エリアに30分以上滞在することは推奨されません。

第1収容エリアの内側は、蛍光灯で照らされる必要があります。 しかし、SCP-TR-049の睡眠が困難な場合、消灯する必要があります。

説明: SCP-TR-049はロシアのゲルル地域で最初に見られた黒狼です。 住民が「赤目」の犬を見て住民を攻撃したという不満が警察と地方森林局に寄せられました。 オオカミの生物学的タイプは判明していません。 その毛皮のほとんどは黒です。 それでも、白/灰色の領域があります。 彼の目は不自然に赤く、暗闇の中で少し光るのが観測されています。通常のオオカミとは異なり、消化器系と排泄系はありません。 博士の報告によると、彼が捕まってから循環と呼吸器系は完璧に機能しているとされています。SCP-TR-049は通常眠っています。

SCP-TR-049は時折、ゆっくり目覚め始めます。 彼が完全に目を覚ました後、彼はいくつかのセキュリティ関係者によると、うなり声を上げて「にやにや笑い」を始めます。(以下、スタッフはSCP-TR-049-1と呼ばれます)SCP-TR-049-1が第1収容エリアに入らない場合、SCP-TR-049は地面を傷つけ、走り回り始めます。SCP-TR-049-1が第1収容エリアに入ると、SCP-TR-049はそれを追い始めます。この追跡の時間は、SCP-TR-049-1の体調に応じて5分から30分までさまざまです。この追跡では、SCP-TR-049は追跡者からゆっくりと走り続け、継続的に減速します。 彼がSCP-TR-049-1に近づきすぎると、彼は自らを噛むか、爪を立てます。 開いた傷に異常はなく、それほど深刻ではありません。 この追跡の終わりに、SCP-TR-049-1はやがて消耗し疲れ果てます。 SCP-TR-049-1が停止または減速すると、SCP-TR-049はそれに飛び乗って首を噛みます。 そして、SCP-TR-049-1が意識を失うか死ぬまで首を離れません。 SCP-TR-049-1は、SCP-TR-049-1が死んだ後に眠りに戻ります。 詳細については、実験Aを参照してください。 そのような追跡中にSCP-TR-049が意識的にまたは無意識に減速するかどうかは不明です。 詳細については、音声録音Aを参照してください。 SCP-TR-049は現在サイト-██に収容されています。

実験記録-A:

Dr. █████: それは私たちの最初の実験でした。SCP-TR-049を保管したばかりで、何ができるのかわかりませんでした。その時点では、2番目の保管領域さえありませんでした。クラスD職員房から受け取った状態で持ち込まれました。 彼を連れてきた警備員は、彼は多くの質問をし、恐れていたと述べました。クラスDはそのエリアに残され、その後ドアがロックされました。SCP-TR-049は眠っていました。

彼はクラスDに質問を続け、陵辱し始めました。 私たちは彼に私たちの話を聞くように言いました。さもなければ私たちは内部に治安部隊を送り、彼を処刑すると言いました。彼は、しぶしぶ指示を待ちました。

彼に簡単な指示を与えました。 すべての指示の間、SCP-TR-049は眠っていて反応がありませんでした。 髪のサンプルを採取しているときでも。 しかし、その後事件が起こったんです。 SCP-TR-049は突然耳を動かしはじめて、23回目の指示が与えられたときに目が覚めました。クラスDがSCP-TR-049が目覚めていることに気付いたとき、クラスDはドアに向かい、逃げようとしました。 SCP-TR-049はゆっくりと対象に近づき、うなり始めました。 治安部隊が内部に送られました。SCP-TR-049は彼が足を噛みました。治安部隊がクラスDを救出しましたが、SCP-TR-049は治安部隊を無視しました。クラスDが部屋から取り除かれた後、彼はまた眠りました。SCP-TR-049は治安部隊によって現場から連れ出されました。

音声記録A: 20██/██/██/サイト██のSCP-TR-██によって引き起こされた収容違反でSCP-TR-049とともに脱出しようとしたクラスD職員は、機動部隊に連行された後に尋問されました。 以下は、この記録の転写です。

インタビュアー: █████博士
対象: D-████


D-████: 信じてください。とにかく、あなたはどうにかして私を撃つことになります。私が失うものは何もない。
█████博士: あなたをすでに信じています。 [削除済]脱出を試みるのは普通のことです。 しかし、あなたが言っていることは全く普通ではありません。 あなたはSCP-TR-049が過去に脱出しようとしたことはないことを知っています。 彼は自分のフィールドの外にいるSCP-TR-049-1に到達するためだけに逃げようとしました。これらの試験でも成功しませんでした。その後を教えてください。どうしたんですか?
D-████: 治安部隊が私を連れて行ったとき、警報が鳴りました。そしてどこからでも奇妙な音が聞こえてきました。私はとても怖かった。私はトイレに隠れました。たぶん10、15分でしょうか、 トイレから出て、出口を探し始めました。私は偶然SCP-TR-049のそばを通り抜けました。彼は私を見たとき、私に近づき、私の周りをうろつき始めました。 私はとても怖かったのですが、どういう訳か自分が安全だとわかっていました。私は彼に続いて、彼は私に多くの廊下を通り抜けました。出口のドアは半分開いていました。 私はドアに向かいました。 その瞬間、彼はドアまで走ってそこに座ったんです。理由が分からなかったので、ドアを出ました。私は彼が私を攻撃するのではないかと心配しました。でも私も彼もそこに座っていました。
█████博士: その後何が起きましたか?
D-████: 私は足音を聞きました。2人のDクラス職員が内側のドアから現れました。 誰かが武装していました。
█████博士: それらを知っていましたか?
D-████: いいえ。 私は一度か二度見ただけです。彼らは部屋に駆け込み、ドアに向かいました。彼らは私やSCP-TR-049を気にしませんでした。彼らが出口のドアを通過するとすぐに、SCP-TR-049は武装していない人の首の周りを飛び跳ねました。 私は状況を理解しました。武装した人達はSCP-TR-049に射撃していました。 弾丸の数はわかりませんが、数個の弾丸が私に当たりました。私はあなたに誓います、SCP-TR-049はたぶん銃弾を防ぎます。彼は飛び乗って武装した人の首をへし折りました。SCP-TR-049には傷跡はありませんでした。彼は自分の部屋に戻り、以前の職に戻りました。
█████博士: D-████、ありがとうございます。ですが、あなたは脱出を試みたので終了する必要があります。
記録終了

補遺1: SCP-TR-049は銃弾に耐性を持っていることが証明されています。 この事件の後、SCP-TR-049はサイト-██の出口ドアの警備に使用されようとしました。しかし、ドアから出てくる被験者に彼は反応しませんでした。したがってSCP-TR-049がサイト-██のドアを警備する計画は終了しました。SCP-TR-049は収容違反に対してのみこれらの動きをすることが報告されています。

Ek 02: "SCP-TR-049が今何ができるかはわかりません。 彼は異常な行動を示し始めました。今ではあまり眠っていません。また、警備員が言った「にやにや笑い」事件が多発しています。SCP-TR-049-1がフィールドに入ると、彼は真剣に笑います。笑顔を追いながらこれは続く。これらの理由から、私はSCP-TR-049をEuclidに再分類することを要求します。" - O5-TR-██

SCP-TR-049のEuclidへの再分類は、すべての評議員によって承認されています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。