SCP-ZH-444
rating: -4+x
LG876Vc.jpg

第3段階に入ったSCP-ZH-444個体。███女史の死から22時間後に収容を完了し、収容後5日目に自滅段階に入った。

アイテム番号:SCP-ZH-444

オブジェクトクラス:Euclid1

特別収容プロトコル:SCP-ZH-444は第一段階が非異常性のものと区別できる方法がまだ発見されていないため、SCP-ZH-444が最初に発見された場所にサイト-ZH-444を設置し、半径20km平方の範囲を封鎖して道路を管理しています。SCP-ZH-444収容室で長時間作業するすべての人は必ず防護服を着用しなければならず、明確な研究目的がある場合にのみSCP-ZH-444にアクセスすることができます。SCP-ZH-444に寄生された個体は飼育担当者の立会いのもとで処理され、その後、再収容されなければなりません。SCP-ZH-444効果で生じたすべての物質は収納室にあるロッカーに一括保存され、追加分析作業が必要になります。

説明:SCP-ZH-444は数量不定のシロシタバガ(Catocala nivea asahinaorum)の群体で、各個体の平均体長は約2.6cmであり、台湾の宜蘭県██山にある███(現在、収容サイト-ZH-444)で最初に発見されました。

オブジェクトは3~4段階の生育段階を経ており、第1段階は見た目も行動も通常のガ種と一致し、その主要な異常性質は第2段階に入ってから発現し始めます。

オブジェクトが第2段階に入ると、深い睡眠に入った人間を寄生対象に探し始め、それ以上の走光行動を見せなくなります。目標が発見されれば、SCP-ZH-444は耳、鼻孔などの臓器から体内に入ります。目標の頭蓋骨に到達するとオブジェクトは口器から未知の成分の溶解液を分泌し、頭蓋骨を溶解してオブジェクトを進入させる空洞を作ります。脳にオブジェクトが到達すると、オブジェクトは活動を停止して宿主の前頭葉を触角に接続し、目標はSCP-ZH-444の宿主と見なされます。SCP-ZH-444は、宿主の脳との連結に成功した場合、宿主を夢遊病のような形で時速2kmから██kmの速度で███にある[データ削除]まで移動させます。また、宿主はどんな外部刺激にもこの行動を中断することはなく、大きな痛みを伴う被害を受けても眠りを覚ますことができません。宿主がこの行動中に死亡すれば、SCP-ZH-444は宿主の体内から這い出し、次の宿主を探し続けます。

しかし、宿主が[データ削除]の半径約█平方キロメートルの範囲内に到着すると、宿主は眠りから覚めて、身近にあるすべての物事に対して非常に大きな恐怖が生じます。このような恐怖は時間とともにますます深刻になり、宿主の以前の心理状態に影響を受けないようです。普通3~5分後には極端な恐怖による心臓不全で宿主が死亡します。

観察したところ、オブジェクトは宿主に恐怖心を誘発し、触媒となって、宿主からその感情を汲み取って一種の「栄養分」として引き出すように見えることが観察されました。SCP-ZH-444は十分な養分を得ると、宿主を離脱し、胸部の裏面或いは腹部の接合部に人間の顔の特徴を有する鮮紅色の刻印を浮かび上がらせます。オブジェクトにこのような生理機序が生まれる意義は何か、オブジェクトがなぜ宿主を███に連れて行くのかは不明です。

SCP-ZH-444の成長段階:

  • 第1段階:この段階でのオブジェクトの外観、挙動は一般同種のガと変わりません。
  • 第2段階:この段階のオブジェクトは走光動作がなくなり、外観は暗赤色に変わり、宿主を探し始めます。もしこの段階で養分を得ることができなければ、この段階に入って約5~7日後、自滅段階に突入することになります。
  • 第3段階:第2段階で宿主を探し出して養分を十分摂取すれば、この段階に入ります。この時、項目の胸の裏面、腹部の接合部に赤い人間の顔の特徴に似た痕跡が浮かび上がらせます。この人面はひどく歪曲していますが、顔の特徴(ほくろ、痣など)から判断して前述の宿主の物であると思われます。オブジェクトにこのような生理機序が生まれる原因はまだ明らかになっていません。
  • 自滅段階:第2段階で養分を十分に確保できなかったり、第3段階に入って5~7日後になると、この段階に入り、オブジェクトはすべての活動を中断し、数秒以内に自家燃焼状態に入ります2。燃焼後は灰のような黒い未確認物質が残存し、分析では炭素が39%、リン酸カルシウムが23%含まれていることが確認されました3。また「自滅段階」の終了後、第1段階のSCP-ZH-444個体が灰から這い出し、それまでと同じ行動パターンを繰り返します。

注目すべきは、現在SCP-ZH-444の餌食となった宿主のうち、約█%が生還するということであり、生き残った宿主は極度のショックを受けたために精神に深刻な損傷を受けます。宿主がSCP-ZH-444の影響で死亡しなかった場合、SCP-ZH-444は摂食後に宿主の体から這い出し、その時点でSCP-ZH-444は人間の顔の刻印を出さず、第3段階の個体と同じように行動します。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。