"嘆きの水曜日" ハブ
rating: +21+x
blank.png

雨と墓場.jpg

…本日は雨天の中、皆様お集まり頂きありがとうございます。月日はあの水曜日から遠くなりましたが、私たちはあの時流れた血に背を向けることは許されないのです。そう、忘れてはいけません…

財団日報: 今日9月16日は、歴史に残る大規模収容違反インシデントである0916事件が発生した日です。我々は過去の反省を活かし、教訓として残します…

…窓の外を眺めないようにする。こんな雨の日は私を憂鬱にさせ、そして否が応でも思い出させるのだ…


  あの"嘆きの水曜日"を。

その時何が起きたのか

SCP-514-JP

"I5サイト群海上サイト-8170では第一プラットホームの収容管理システムが暴走、施設内の放送設備よりパターン-514の録音音源が大音量で再生された結果、62人の職員が昏睡状態に陥り、61人が脳機能停止により死亡しました。"

SCP-1361-JP

"0916事件、通称"嘆きの水曜日"事件の際、サイト-8182でSCP-163-JPが収容を脱した時刻に、同サイトで生態の研究が行われていたSCP-1361-JP-4が興奮状態になり、遭遇したSCP-163-JP個体に噛みつきました。"

アイリの嘆く水曜日

"あのさ、こんなめちゃくちゃな事をするお前みたいな化物どもを、我々がどうして殺さずにおいてやってるのか、考えた事はあるかい?"

収容違反記録163-JP-00006[研究員の覚え書き]

"いつまで経っても非常灯も誘導灯も付く事はなかった。発電機のメンテナンスを終えてなかったんだろう、作業員がそいつを終わらせればすぐに明かりがつくさ、と████は気楽な調子で言っていた。私たちはまさか、その作業員達が既に死んでいるなんてことを考えもしなかったのだ。"

リソウノジブン

"終了経緯: 対象は収容からおよそ3か月後の0916事件、通称"嘆きの水曜日"事件として知られる同時多発収容違反の際に破壊されました。知性を持ち敵対的なオブジェクト複数が非武装の職員を殺害し続けている現場に対象が現れ、「強い奴が弱い奴に無双するだけなんてつまらない。ダウンボート(語句の意味は調査中)だ」等と挑発する姿が監視映像に残されています。"

なぜ起こり、なぜ終わったのか

嘆きの水曜日のヤヌス

"SCP-089。凶事を予言し、それを残酷な犠牲と引き換えに抑制するオブジェクト。犠牲を求めて日本に運び込まれたそれは、犠牲を与えたにも関わらず、凶事を抑制し得なかった。"

私たちには何が残ったか

SCP-205-JP

"SCP-205-JPは元々、財団職員であったエージェント・█████です。エージェント・█████は2009/09/16の"嘆きの水曜日"事件の際に、サイト-81██のカフェテリアでいくつかの収容違反したSCPオブジェクトの影響を受け、その異常性を発揮するようになりました。"

SCP-513-JP

"エージェント・██は休暇中、趣味の渓流釣りのため現地を訪れたところ、SCP-513-JPに迷い込んだと証言しました。内観は第2次調査時のものに近く、川の対岸に元同僚のエージェント・███ (201█年の”嘆きの水曜日”事件で殉職しています)が立っているのを目撃、このまま進むと帰れなくなると考え、直ちに引き返しました。"

SCP-959-JP

"領域内部で発生している事象は非常に興味深い。SCP-███-JPが2009年の0916事件で破壊されており、断片的な遺物しか用いることができなかったのは非常に残念だ。"

SCP-2009-JP

"SCP-2009-JPは旧サイト-81NR内で形成されていた異常生物群(SCP-2009-JP-A、SCP-2009-JP-B)の総称です。異常生物群は2009/09/16に発生した同時多発収容違反(0916事件、通称“嘆きの水曜日”)時に多数の異常存在が相互に干渉したことによって発生したと考えられています。"

SCP-724-JP-EX-J

"サイト-██の電話線の繋がっていない電話機に"20-070-926"と掛けると "嘆きの水曜日"の当日に繋がり悲鳴が聞こえる"

あとに残るもの

"—"嘆きの水曜日"事件の時、このサイト内で出た被害は死者1名、軽傷者8名のみでした。なぜ、このサイトだけが被害を最小限に食い止められたのだと思いますか?"

確保施設ファイル:サイト-81KA

"サイト-81KAは2009/9/16に発生した複数施設における同時多発的収容違反事件、0916事件(通称"嘆きの水曜日事件")において、最も甚大な被害を受けた施設の一つです。連鎖的に発生した収容違反はサイト-81KAの大部分を破壊し、職員の7割が死亡もしくは収容対象となりました。"

進路相談

"私の人生には他の人よりも傷が多い、と思う。
でも、人は多かれ少なかれ傷を負う。"

日本支部理事会書類

"日本支部理事と呼称される。2009/09/16の大規模収容違反インシデント"嘆きの水曜日"事件においてエージェント・█████に救われた。しかし、この行動によってエージェント・█████は異常性に曝露しSCP-205-JPとして収容されることとなった。"

富岡研究員の半生

"いろいろあったが、私は生きてきた。途中からは、妻や子供たちも一緒に。"

███と豪雨の木曜日

"「わたし、大人になったよ、───さん」"

刎頸の交わり

"雨の降る中、同僚二人の訃報に直面する。二人ともオブジェクトに呑まれ、死んだ。"

ある者は身体に、あるいは心に消えない傷を負った。
ある者は運命を大きくねじ曲げられた。
ある者はただ恐怖に震え、またある者は最期まで使命に尽力した。

死者を悼む者が居れば、過ぎたことと忘れようとする者も居る。

いずれにせよ、生き残った者はいつしか嘆くのを止め、
目を擦って立ち上がるのだ。


特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。