そのグラスがぶつかる音は響かない
rating: +90+x
blank.png

「昇進おめでとう」

 そう言ってくれた、長らくお世話になったサイト管理官の顔が笑顔ではなかったのを、今になって思い出した。


「昇進おめでとう」

 そう嘘を吐いた俺の顔は、うまく笑えていなかった気がした。


 俺は、ただ毎日仕事をこなした。自分の仕事は世界のためだと知っていたから。

 それが、"昇進"の理由だと知った。


 彼は、ひたすら真面目に仕事をこなした。世界のためですから、そう言いながら。

 それが、"昇進"させた理由だった。


 俺に家族はいない。両親も幼い頃に亡くした。現実改変者に頭を西瓜に変えられて、死んだ。それが財団に入るきっかけだった。

 両親の分まで俺は長生きしようと、そう思った時もあった。


 彼に家族はいない。両親を現実改変者に殺された。現実改変者の死体の下から回収された。それが財団に入るきっかけとなった。

 その眼には生きる意志があり、彼は財団職員として大成すると思っていた。


 俺は、今のような月も出ていない暗い夜が好きだった。直属の上司と任務の終わりに、任務とは関係ない話なんかをしたりした。

 あの人に、ありがとうと伝えたい。


 彼は、今のような太陽が照りつける昼間が嫌いだった。私がまだ酒の席に出れたころ、任務の終わりに日差しに対する文句なんかを言って笑っていた。

 彼に、すまなかったと謝りたい。


 誰かさんがこの部屋に酒を持ち込んだらしい。まあ、最期に一杯なんてのは誰でも考えつくだろうしな。赤ワイン。銘柄なんかは詳しくないが、嫌いではない。

 その栓を開ける。静かに。


 私が置いておいた酒を彼は飲んだらしい。最期に一杯、これは前の人間がやったことから考えついたものだ。赤ワイン、私の好きな銘柄だ。

 その中身は、一杯分だけ残っていた。


 酒の味を、ゆっくり楽しんだ。グラスには一杯。そしてボトルにも残った一杯。少し考えて注がなかった。代わりに、備品のペンでラベルに書き置きを残す。遺書、なんて程のものじゃない。

 ただ、一人で酒を飲むのは悲しい。


 ワイングラスに、ゆっくり注いだ。残った一杯。ボトルに残すか考えた末に飲むことにした。転がっている備品のペンで、ラベルに何か書かれているのに気がつく。遺書、だったりするのだろうか。

 足元、動かない彼が悲しい。


ラベルにはこう書かれていた。

ありがとう。でも、一人で飲むのもつまらない。




 これでいい。さて、尊敬する上司と最期に飲む酒を楽しもう。左手には拳銃、右手にはワイングラス。息を吸う。


 馬鹿やろう。くそ、嘘を吐いた上司に最期にやる事がこれなのかよ。左手にはワイングラス、右手に書類。息を吐く。



乾杯。




特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。