サイト-17深淵目録
サイト-17深淵目録
作成者: Extra3002Extra3002
作成日: 07 Mar 2020 03:58
/* source: http://ah-sandbox.wikidot.com/component:collapsible-sidebar-x1 */
 
#top-bar .open-menu a {
        position: fixed;
        bottom: 0.5em;
        left: 0.5em;
        z-index: 15;
        font-family: san-serif;
        font-size: 30px;
        font-weight: 700;
        width: 30px;
        height: 30px;
        line-height: 0.9em;
        text-align: center;
        border: 0.2em solid #888 !important;
        background-color: #fff !important;
        border-radius: 3em;
        color: #888 !important;
        text-decoration: none!important;
}
 
@media (min-width: 768px) {
 
    .mobile-top-bar {
        display: block;
    }
 
    .mobile-top-bar li {
        display: none;
    }
 
    #main-content {
        max-width: 708px;
        margin: 0 auto;
        padding: 0;
        transition: max-width 0.2s ease-in-out;
    }
 
    #side-bar {
        display: block;
        position: fixed;
        top: 0;
        left: -25em;
        width: 17em;
        height: 100%;
        background-color: rgb(184, 134, 134);
        overflow-y: auto;
        z-index: 10;
        padding: 1em 1em 0 1em;
        -webkit-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -moz-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -ms-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -o-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
    }
 
    #side-bar:after {
        content: "";
        position: absolute;
        top: 0;
        width: 0;
        height: 100%;
        background-color: rgba(0, 0, 0, 0.2);
 
    }
 
    #side-bar:target {
        display: block;
        left: 0;
        width: 17em;
        margin: 0;
        border: 1px solid #dedede;
        z-index: 10;
    }
 
    #side-bar:target + #main-content {
        left: 0;
    }
 
    #side-bar:target .close-menu {
        display: block;
        position: fixed;
        width: 100%;
        height: 100%;
        top: 0;
        left: 0;
        background: rgba(0,0,0,0.3) 1px 1px repeat;
        z-index: -1;
    }
}
:root {
    --timeScale: 1;
    --timeDelay: 0s;
}
 
/* Converting middle divider from box-shadow to ::before pseudo-element */
.anom-bar > .bottom-box { box-shadow: none!important; }
.anom-bar > .bottom-box::before {
    position: absolute;
    content: " ";
    width: 100%;
    height: 0.5rem;
    background-color: rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12));
    transform: translateY(-0.74rem);
}
 
/* DIVIDER */
.anom-bar > .bottom-box::before {
    animation-name: divider;
    animation-duration: calc(0.74s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.1s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.32,.38,.39,.94);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
/* CLASSIFIED LEVEL BARS */
div.top-center-box  > * {
    animation-name: bar;
    animation-duration: calc(0.45s * var(--timeScale));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: ease-out;
    animation-fill-mode: backwards;
}
div.top-center-box > :nth-child(1) { animation-delay: calc(0.2s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(2) { animation-delay: calc(0.32s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(3) { animation-delay: calc(0.45s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(4) { animation-delay: calc(0.61s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(5) { animation-delay: calc(0.75s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(6) { animation-delay: calc(0.95s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
 
/* TOP TEXT */
div.top-left-box, div.top-right-box {
    clip-path: polygon( 0% -50%, 150% -50%, 150% 100%, 0% 100%);
}
 
div.top-left-box > *, div.top-right-box > * {
    position: relative;
    animation-name: bottomup;
    animation-duration: calc(0.65s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.5s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: ease-out;
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
/*-----------------------------------*/
/*-----------------------------------*/
 
/* CONTAINMENT, DISRUPTION, RISK CLASSES */
div.text-part > * {
    clip-path: polygon( 0% 0%, 100% 0%, 100% 100%, 0% 100%);
    animation-name: expand2;
    animation-duration: calc(0.5s * var(--timeScale));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
div.text-part > :nth-child(1) {
    animation-name: expand1;
}
div.text-part > :nth-child(1) { animation-delay: calc(0.6s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.text-part > :nth-child(2) { animation-delay: calc(0.75s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.text-part > :nth-child(3) { animation-delay: calc(0.86s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
 
div.main-class::before, div.main-class::after {
    animation-name: iconslide;
    animation-duration: calc(0.45s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.8s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 /* BOTTOM TEXT */
div.main-class > *,  div.disrupt-class > *, div.risk-class > * {
    white-space: nowrap;
    animation-name: flowIn;
    animation-duration: calc(0.42s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.75s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: ease-out;
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
/*-----------------------------------*/
/*-----------------------------------*/
 
/* DIAMOND */
div.arrows {
    animation-name: arrowspin;
    animation-duration: calc(0.7s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.6s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
div.quadrants > * {
    animation-name: fade;
    animation-duration: calc(0.3s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(1.4s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
div.top-icon, div.right-icon, div.left-icon, div.bottom-icon {
    animation-name: nodegrow;
    animation-duration: calc(0.4s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(1.4s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
div.diamond-part {
    clip-path: polygon( -10% 0.37%, 120% 0.37%, 120% 100%, -10% 100%);
    animation-name: diamondBorder;
    animation-duration: calc(0.8s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.5s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.32,.38,.39,.94);
    animation-fill-mode: backwards;
    will-change: box-shadow;
}
 
/* MOBILE QUERY */
@media (max-width: 480px ) {
    .anom-bar > .bottom-box::before {
        display:none;
    }
    .anom-bar > .bottom-box {
        box-shadow: 0 -0.5rem 0 0 rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12))!important;
    }
    div.top-center-box  > * {
        animation-name: bar-mobile;
        animation-duration: calc(0.9s * var(--timeScale));
    }
    div.top-center-box > :nth-child(1) { animation-delay: calc(0.1s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(2) { animation-delay: calc(0.2s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(3) { animation-delay: calc(0.3s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(4) { animation-delay: calc(0.4s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(5) { animation-delay: calc(0.5s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(6) { animation-delay: calc(0.6s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
 
}
 
/*--- Motion Accessibility ---*/
@media screen and (prefers-reduced-motion: reduce) {
    div.anom-bar-container { --timeScale: 0!important; }
}
 
/*-------------------------*/
 
@keyframes divider {
    from { max-width: 0%;  }
    to { max-width: 100%; }
}
 
@keyframes bar {
    from { max-width: 0%; }
    to { max-width: 100%; }
}
@keyframes bar-mobile {
    from { max-height: 0%; }
    to { max-height: 100%; }
}
 
@keyframes bottomup {
    from { top: 100px; }
    to { top: 0; }
}
 
@keyframes expand1 {
    from { opacity: 0; clip-path: inset(0 calc(100% - 0.75rem) 0 0); }
    to { opacity: 1; clip-path: inset(0); }
}
@keyframes iconslide {
    from { opacity: 0; transform: translateX(-5rem); }
    to { opacity: 1; transform: translateX(0); }
}
 
@keyframes expand2 {
    from { opacity: 0; width: 1%; }
    to { opacity: 1; width: calc(100% - 0.25rem); }
}
@keyframes fade {
    from { opacity: 0; }
    to { opacity: 1; }
}
 
@keyframes flowIn {
    from { opacity: 0; transform: translateY(20px); }
    to { opacity: 1; transform: translateY(0); }
}
 
@keyframes arrowspin {
    from { clip-path: circle(0%); transform: rotate(135deg); }
    to { clip-path: circle(75%); transform: rotate(0deg); }
}
@keyframes nodegrow {
    from { transform: scale(0);}
    to {  transform: scale(1);}
}
@keyframes diamondBorder {
    from { box-shadow: -0.5rem -20rem 0 0 rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12)); }
    to { box-shadow: -0.5rem 0 0 0 rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12)); }
}
s17_purp.png

.

評価: +51+x



財団は国際的な秘密組織であり、あらゆるメディア、文芸、大衆知識を掌握している。彼等は研究員からサイト管理官、そして監督者の序列からなる厳格な階級制度のなかで働き、人類が永劫至福の無知に留まるようにしている。彼等は神を収容するだろうし、既にしていた。そして誰も気にする様子は無い。

何一つ問題はない。



サイト-17は財団で二番目に大きな収容施設であり、数百の研究員を抱え、その倍はあるアノマリーを収容している。汚職が次第に上層部に広まってきており、具現化した異常が現実の扉を叩いている。誰かが足を止め、人型実体のすすり泣く声を聞いた。

何一つ問題ないのだろうか?



サイト-17は限界だ。いつだって予感に満ちた鼓動がゆったりとしたペースで鳴り響いている。いつだってより大きなものを知っている。いつだって手の及ばない終わりがある。だから顔を伏せ、脇目も振らずに働き続けろ。我々がしていることを好きになる必要はない、ただやりさえすればいいんだ。夢に出てきたなら精神科医にかかれ。気分が悪くなってきたなら血から目を背けろ。記憶が消えてきても気にするな。ここはそういう場所なのだから。

何もかも間違っている。


作品

深淵目録はおおまかに、シリーズ作品と単独作品に分かれている。以下はカノンの単独作品で、その後にシリーズが推奨される読み順で続く。

*訳注: 未翻訳ページのリンクは灰色で表示しています。

「実験対象」(B82SW/9KL74/Y4P1K)
by Ralliston


はてさて、どういたしましょうか、グラハム様?1体につき1ポンドを惜しんだことの付けがこのように回ってきたのでしたら何とお恥ずかしいことなのでしょうか。

SCP-4855: 虎挟みの如き精神
by loddite


SCP-4855はノースダコタ州██████████在住の74歳のアフリカ系アメリカ人女性であり、本名はエドワイナ・ドレークです。情報的、精神的、ミーム的、そして反ミーム的アノマリーに対してSCP-4855は免疫があります。

SCP-5947: シロガネウオ
by UraniumEmpire, MaliceAforethought


月に1回、Dクラス職員1名がチャンバー02に入室してランダムに1つの入れ物を選びます──Dクラス職員はそしてその内容物を消費するよう指示されます。なお正規職員には、物理的強制力を用いてDクラス職員を従わせることが許可されています。

SCP-4936: 夏休み 🦀
by Nagiros


平時にはかに座ベータ星として存在するものの、SCP-4936は自らの物理的な形状を — 通常、平凡なカニの姿に — 変化させることができます。

SCP-5715: 時間幽霊の過去
by Nitro147


以下に記述されるイベントの進行は前回またはそれ以前の歴史経過において発生したと98.6%の確度で確認することができます。

SCP-6113: テンポラリ・リフレクション
by Dr Asteria


もし性別を変えられるボタンがあったら、あなたはそれを押しますか?

SCP-6086: エラッタ
by Arcydziegiel


現段階では、我々は彼にもう意識がないことを願うことしかできません。

SCP-5576: 残る後悔はそれだけだ
by Cremo, Jack Waltz


"そして本当に正直に言うと、俺が幸せな、普通の生活を暮らすのは、俺の仕出かしたこと全てに対してシンプルにフェアじゃないんだろう。"

SCP-6124: 牛さん見っけ
by Nagiros


観察者がベクターの原点であるウシから視線を逸らすと、SCP-6124の効果は停止します。

SCP-6969-J: 性の終焉6.9: You Can (Not) Reproduce
by Yossipossi


EL
SEXOOOOO

SCP-6111: メモリア
by Felixou


自由、時間、そしてオレンジ色のつなぎ達の物語。



SCP-4051: 君の親愛なる隣人、キーターKeter
by Nagiros


SCP-4051は理論上無限個の珍しい物品が存在する異次元空間に繋がる一時的クラス-Eワームホールを作成可能な男性人型実体です。財団の利益のためにこれを利用する計画が進行中です。

SCP-4260: 副次使命
by Nagiros


SCP-4260は観測可能な宇宙に広がる概念物理実体の意識を指します。SCP-4260が存在することによる影響は、ほぼ全ての知的生命体の文化に明確に記録されてきました。

自動パッシブ記憶処理システム Ver. 17.09
by Nagiros


現在の自動パッシブ記憶処理システムAPAS(インストール場所: サイト-17)は最新版であり、全システム操作可能です。何をしますか?

現実玩弄者である彼は
by Nagiros


「彼のファーストネームはサムエル。ラストネームはヴェラスです。彼はクラスV現実改変者であり、私たちはどうすれば彼の収容を維持できるのかわかりません。財団はこれまで彼のようなものには決して遭遇してきませんでした。」

SCP-4175: ともだちできたよ。そして虚ろ
by Nagiros


SCP-4715はレベルⅠ霊的人型実体であり、バスルームの化粧鏡の鏡像の中に見ることが可能です。

SCP-4415: ヒト科収容チャンバー#λ045
by Nagiros


SCP-4415はサイト-17の旧ヒト科収容ユニット#λ045のドアからアクセス可能な一連の異次元空間であり、非異常な人間のアクセスはできません。

SCP-4755: 我々が全能であるとき
by Nagiros


SCP-4755は、封じ込めという概念化の最終的な目的を指します。

システムパッチ
by Nagiros


こんばんは、ナサニエル。私のインターフェースアップデートを今晩行うのですか?

SCP-5097: 9時から5時まで仕事中
by VoidLady


カラ上級研究員は2020年4月8日に自発的に物理的空間から消失しました。

愛別離苦
by CelesteKara


その人は頭に手を当てノートを眺め続けた。その人は子どもの時からずっと何かしらのトラブルに遭ってきた。

アンタがいないとなあ
by CelesteKara


その人はただ見当たらないというのではなく、消え去ったのだった。その人の存在はこの宇宙を去り、きっと戻らないのだろう。

夢見指令権力掌握
by Nagiros


その人の同僚は超現実を夢見ていたが、カシディには紙の切り傷が残った。

空白 (ハブ)


未来は君が思い描くだろうものよりも昏い。意識されない地獄の光景、現在の継続先、港の上の砂嵐の空が生まれる所。財団は──変貌の中のこの段階を財団と呼べるのならば──最終段階へと突入していた。

幸いにも、この地獄はそう続かないだろう。

訓戒 (ハブ)
by Azamo、Placeholder McD、他


全てを統制するということは、何も統制しないということだ。支配権は強くなるとともに、また薄く広がってもいく。


達成できないことを達成しようとする、敗北に直面したとき挑戦しようとする本能は、我らが財団のイデオロギーの中核であり、それがゆえに疑われることはない。我々は決意したいかなる目標でも達成することができ、それゆえ疑わずにそうすることだろう。しかし、それでも、我々の目指すものは、気高き大志を持ちながらも、傲慢であることはない — 我々は途方もないほど高く登るも、その山の頂上は望ましくないものだと心に思う。我々は満足していない。

何一つ問題はなくなる。



カノンの詳細

はじめに

サイト-17の創作における第一の信条は、財団が本質的には悪であるということだ。彼等は階級制・官僚制を重んじる機関であり、強権的に無知を押し付け、明らかに世界全土に敵対している。彼等は大いなる倫理的善を信奉してこそいるが、それがどんな善かは誰にもわからない。

おそらく財団の研究員たちはこのことに気がついていない。おそらくは、監督者たちでさえもそうして欺かれているのだろう。しかし、財団の罪過の下に踏みにじられてきた者たちは、それほど盲目というわけではない。

その次に

サイト-17の創作における第二の信条は、心に揺さぶりかけることだ。多大な空気感と情動への訴えを通して、深淵目録は悪事を基軸とする世界を描き出す。そう、人類保全を目的とする機関はとある悪を孕むものだ。『管理』。財団が根本的理念として掲げてきたそれは、職員が自分達を、そして世界をも差し出し続けてきた未知なる力を隠蔽するための虚飾へと日増しに近づきつつあるようである。

つながり

なるべく、サイト-17のために書かれた記事は以下の要素を1つ以上含んでいることが望ましい。

  • カノン内で確立されたキャラクターや出来事の登場、あるいは言及
  • 倫理委員会の対応
  • 「秘密」「真実」「ヴェールを維持するためになされた犠牲」へのテーマに沿った関心

いずれにせよ、君の記事にこのページを親設定し、投稿時にここに掲載するのは好きにやってくれていい。タグは深淵目録が使用できる。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。