確保施設ファイル:サイト-CN-21
rating: +4+x

検索不可能なアクセスリクエストを検知

以下の内容は財団中国支部の

一級機密

に指定されています

あなたの操作は逐次記録され、サイト-CN-01に通達されます


Flag.jpg

サイト名: サイト-CN-21 エリア-CN-███

正式名称: 財団中国支部中華圏サイト連合体

サイト識別コード: CLSC-Site-CN-21


サイト情報


Site-CN-21-S.jpg

サイト-CN-21ロゴ

設立: 190█年█月██日

設立管理官: [データ不足]

所在地: クリアランス不足 N(3°51'36" - 53°33'17") E(73°39'36" - 135°3'55")

サイト概要: サイト-CN-21の特殊性から、財団サイトの唯一の原則に従うことは不可能です。本質的には一つの「サイト連合体」であり、7つの主要機能サイトと███の副次的支援サイトを設立しています。主要機能サイトの500キロ以内にはそれぞれ10以上の支援サイトが存在することになっています。サイトでの任務は一般的なシフト制当直の原則があり、あるサイトが収容違反またはその他の原因で主要な機能を喪失した場合、他のサイトが迅速に当該サイトの機能を引き継ぎ、地区の相対的安定性を保証します。サイトの主要な業務スケジュールはサイト-CN-21管理委員会の投票によって決められており、管理委員会は7名の主要機能サイト管理官と1名のサイト総管理官から組織され、必要時にはO5の介入を受けます。


サイト連合体情報


SH-CP: ███最高軍事機密区


概要: 当サイトの収容物および業務の性質上、大部分の情報は秘匿状態に置かれている。現在公開可能な情報は、サイト司令部が 上海中心公園1 または 上海世紀公園2の地下に位置していることのみである。

サイト状況: 収容施設は███と呼ばれる最高軍事機密区に位置し、支援サイトが放射状に分布している。上海市の中心から直径200キロ、東南部の沿海都市をカバーしており、黄海南部、東シナ海、南シナ海を管轄海域に置いている。

主要機能: 中国領海の大部分を管理し、発生したアノマリーの収容を行う。必要時はエリアを跨いだ収容活動を実施する。サイト-CN-21のほとんどの科学研究と新型兵器の実験任務を受け持つ。




LS-CP: ██船積み港機密区


概要: 財団K-クラスシナリオ復旧センター、名義上は港湾の積み卸し会社に偽装。サイト司令部は 遼寧船舶運輸プラットフォーム3 または 瀋陽市警察署4 の地下に位置する。

サイト状況: 收容施設は██船積み港機密区に位置し、支援サイトは東北三省と中-蒙国境以南の区域に分布している。管轄地域には黒河-騰衝線以西地区の一部を含み、管轄海域には黄海北部を含む。

主要機能: 中国東北部および近隣他国との国境地帯を管理すると同時に、外交協力の役割を兼ね備えており、他国と頻繁に爆破訓練や収容違反の演習を行っている。サイト-CN-21の大部分の財政業務を担当しており、平常時は当地の海産品を販売し、サイト内の経費に充てることができる。




BS-CP: 地下鉄█号線予備線██駅


概要: 財団中国支部データバンク兼データ管理センター。サイト司令部は 北京地下鉄運転指令所5 または 北京地下鉄コンピューター協会6 に偽装されているが、実際の位置は不明である。

サイト状況: 收容施設は地下鉄█号線予備線██駅の地下に存在する。支援サイトは楕円状に分布している。管轄地域は最も広く、黒河-騰衝線以西地区の大部分を含む。管轄海域は渤海を含む。

主要機能: 中国西北部および国境地帯を管理。政府の地方における治安維持を部分的に補佐。サイト内のデータバックアップとディザスタリカバリシステムの構築、医薬品の開発と実験業務を担当。研究開発費は鉄道の運営を通じて賄われる。




HNB-SCP: 橘子洲頭花火組立工場


概要: 対外的には花火工場や花火の発射場と称しているが、実際は財団の総合装備製造工場兼演算センターである。サイト司令部は湖南・湖北両省に跨る 系統化プラズマ花火製造センター7 に位置している。

サイト状況: 収容施設は橘子洲頭花火組立工場に位置、支援サイトは秦嶺-淮河線の周辺地区と黒河-騰衝線以東地区に分布している。管轄海域は無し。その他、中国の地下空洞区域を管轄。

主要機能: 中国中部の広範囲を管理。サイト内の大部分の装備の開発・製造を担当。国内の多数の分析機器のデータを記録・管理しており、大規模なデータ処理業務を担っている。




G-GOC: 広州幾何光学製造センター


概要: 財団データ通信設備研究開発及びデータ転送メンテナンスセンター。 広州幾何光学製造センター8 に偽装。現在1箇所の司令部が知られているが、具体的な位置は非公開となっている。

サイト状況: 収容施設は広州幾何光学製造センターに位置。██の支援サイトが存在し、中国南部沿海区域をカバーしている。管轄海域には珠江デルタが含まれる。その他、中国の高・高高度空域も管轄する。

主要機能: 中国南部沿海区域の大部分を管理。通信設備や通信サービスの多くは当サイトを経由して提供されており、異常なデータや対立組織の情報をリアルタイムで監視している。データ情報の収集を担当。




MS-CP: 台湾第三原子力発電所


概要: 財団新型エネルギー研究開発センター。司令部は 台湾第三原子力発電所9 に位置。財団の資源利用に重要な役割を果たしており、市民の安全を期すため、収容施設は台湾本土から離れた区域に存在する。

サイト状況: 収容施設は周囲の小さな島嶼上に分布しており、支援サイトが隣接する。島嶼内の陸地と海洋区域をカバーしており、アノマリーの万全な探索・監視システムを備えている。また、収容体制も整備されており、アノマリーを効果的に収容することが可能。

主要職能: 中国大陸の主要機能サイトとは独立して、十分なエネルギーとその利用技術を提供する。中国南部海域の多数の島を管理すると共に、遠方との連絡業務を担っている。




Q-RC: 秦嶺先進科学研究センター

概要: 対外的には宇宙観測・応用物理学・人工知能研究のための大型科学研究施設と称されている。サイトの位置と衛星画像は財団のコネクションを通じて隠蔽されている。筆頭司令部は秦嶺先進科学研究センター10の地下に位置する。

サイト状況: 收容施設は主に秦嶺山脈の地下に存在し、宇宙由来のオブジェクトを監視するため、観測装置が設置されている。特殊な立地上、アノマリーの中継拠点としても機能しており、他の財団施設から頻繁にアノマリーを移送されている。

主要職能: 主に中国支部の人工衛星の管理を担当する。自転等の活動が原因で、他支部や他施設の宇宙観測機器がアノマリーを観測できなくなった場合は、これらに代わって観測業務を行う。

星光実験室とDRDは共同でオーロラアレイを制作し、空間異常の監視を行っている。黎明実験室はAIの開発を専門としており、ネットワーク上の複雑なアノマリーの監視を行っている。博学者実験室は異常な機械と奇跡の研究を専門としている。



規定外情報


サイト-CN-21は中国大陸における最も主要なサイトの一つであると共に、中国支部が中国地区に建設した初期サイトの一つでもある。中国地区における各種アノマリーの収容・監視、日常業務の割り当てや新人職員への教育を主な機能としている。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。