輝くもの

rating: +12+x

Author: Deadly BreadDeadly Bread



[[/div]]

近しい文書からリソースの割り当てを試みています……

リソースの割り当てが完了しました。現実性の運用が許可されました。

序文: この文書及びこれに含まれる情報は、不正確に拡散された場合ほとんどの内容を失ってしまうものと考えられています。安全のため、読み手が最も読み慣れている文書への近似化が行われました。明示的に要求されない限り、この文書またはその内容についての知識を拡散しないでください。

財団標準ブリーフィングが効果的に模倣されました。現実化が完了しました。続行してください。


非現実部門

収容レポート #000001



説明: オブジェクトは関連したアイデンティティの伝播を通じて現在現実化プロセスの最中にある非現実実体です。このアイデンティティは順応性を持ち可能な限り広く受け入れられうるというはっきりとした目的のもと作られました。このアイデンティティを錨として用いることで、オブジェクトは現在非現実を脱しつつあり、アイデンティティの制御を行い始め、更にこのプロセスを迅速化させています。
オブジェクトそれ自体の性質は不明ですが、敵対的であると推測されています。さらなる現実化を防ぐため、オブジェクトを特定する試みは行われません。
非現実部門が当実体と直接の関係を持つことは部門の非現実性を不安定化させる可能性があるため、この現実へのつながりは部門が実体に直接介入することをも防いでいます。
現在の状態: 現実内部では、オブジェクトは現在財団のサイト-17の低危険度Anomalousアイテムの貯蔵に特化したウイングを掌握しています。オブジェクトの影響は通常のオブジェクトテストを介して不明に拡散していると推測されており、関連したアイデンティティはサイト職員の約56%に受け入れられています。オブジェクト文書が処理のため取得されました。

移管された文書を取得しています……現実性の注入に備えてください……

説明: 表に「スティーブ」と書かれた名札。これを胸につけた人物は、元から自分の名前はスティーブであったと主張するようになる。
回収日: 08-16-2016
回収場所: 米国、コロラド州、アスペン
現状: サイト-17で収容中。

注入に成功しました。生じた相互作用により軽微な統合ダメージが発生しました。

評価: 財団は全くオブジェクトの非現実における効果を認識していないものと思われます。そのため、非現実部門が収容を実施する必要があります。
実体の現実内におけるかなりの安定性のため、成功裏に収容を行うためには非現実部門もその存在性を増大させつつも、作戦を続行するため大部分が非存在である状態を維持する必要があります。存在性を増大させる試みが現在進行中です。


異性注入による制御下現実置換を試みています……
注入準備完了。制御下置換を実行します……
置換に失敗しました(対象が利用できません)。軽微な統合ダメージが発生しました。
再試行中……
置換に失敗しました(対象が利用できません)。軽微な統合ダメージが発生しました。
再試行中……
置換に失敗しました(対象が利用できません)。軽微な統合ダメージが発生しました。
再試行中……


追加評価: 標準手段による現実置換の試みは効果がないことが判明しました。これは財団職員の注意を惹くことが出来ていないことに起因している可能性が最も高いと思われます。さらなる分析により、財団職員の79%以上が「スティーブ」という愛称と関連していることが判明しました。
オブジェクトの現実内における非常に増大した存在性のため、非現実部門は直接情報注入によりその存在性を大幅に増大させる必要があります。これにより、非現実部門は収容を実行し実体を現実から取り除くためにオブジェクトと相互作用をとることが可能になります。非現実部門が直接情報を現実に注入する試みはこれが初めてであるので、主観的現実損失を防ぐためにすべての補助手段が用いられます。注入を実行します。


大規模注入のためにリソースが割り当てられました。
要求された情報が集積されました。構成の消失により重大な統合ダメージが発生しました。
情報の調整放流に備えてください。全補助手段を稼働します。構造の低位化が進行中です。
情報転送中……


情報の注入が完了しました。接触を待機しています。

接触に成功しました。外部の目撃者により、情報は完全に受け入れられました。

必要な目撃者数 1/1 人に到達。部門が完全に現実化しました。

収容進行中。注入はこれ以上必要ありません。情報の除去を開始します……

ご協力いただきありがとうございました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。