SPC ハブ
250_logo.png

警告:

機密指定

親鮫科派によるアクセスは固く禁止されています
違反者は殴打され、くすぐられ、食べられます

注目のSPC


ブラジル東岸にて実施された、エイハブ-2ユニットの試射実験の様子。 アイテム番号: SPC-169-J オブジェクトクラス: Megalodon 鮫殴打特別対策(Shark Punching Contingencies):...

注目のTale

注目のGoIフォーマット資料

by gnmaeegnmaee


アイテム番号: SCP-1329 オブジェクトクラス: Euclid 特別収容プロトコル:...

史上最高のSPCページ


クレジット タイトル: SCP-5652 - マイクロザメ 著者: ©︎Cremo 原題: SCP-5652 - Micro shark 作成年: 2022 アイテム番号: 5652 レベル2 収容クラス: euclid ...

ニュース

06 Dec 2022 17:10

数十年にわたる独自調査によって、サメが依然として、実際に、とても恐ろしいという長年の疑惑が、確固たるものになりました。

1999/06/23

次元間データの破損により、SPCサーバーに大量の予期せぬファイルが出現しました。侵入の原因は"確保収容保護財団"であると考えられ、別世界の並行存在です。たぶん。本質的に馬鹿げたscpの性質にもかかわらず、彼らは我々を冗談だと考えているようです。彼らがそのことを私の9人の死んだ祖母に伝えるのを見てみたいです。

1942/03/3

驚いた、確かにまさしくここでたくさんの戦いがありました。

1893/10/12

速報!サメがとても恐ろしいと明白に証明する、経験的実証が発見されました。全職員は鮫科の悪党に打って出る時、殴打行為を倍加させることが推奨されます。チョップをやつらにお見舞いしてください!オッズ・ボドキンもびっくり!


資料

クレジット タイトル: SPC-2615 著者: ©︎MrWrong 原記事: http://www.scp-wiki.net/spc-2615 作成年: 2016 中央情報管理局ならびにプロジェクト運営事務局(CICAPOCO)による通達 交差世界の分子による被験体ERIN GREENの奪取に伴い、SPC-2615は現在休止中です。SPC-2615の回復は下記のいずれかの状況下でのみ開始されます。 被験体ERIN GREENの現在地が推測され、アクセスおよび回収が可能だと期待された場合に、対象が回収される。 対象は回収不可能であると判断されました。...

クレジット タイトル: SPC-2000 著者: ©︎MrWrong 原記事: http://www.scp-wiki.net/spc-2000 作成年: 2017 中央情報管理局ならびにプロジェクト運営事務局(CICAPOCO)による通達 SPC-2000は現在稼働中です。全ての必要なデータが記録されます。鮫科存在の複製はCICAPOCOより更なる通達が行われるまで継続されます。改変されていない鮫科原種とBLOOD CROSS鮫科変種の比率は現時点で4:1となっています。...

クレジット タイトル: SPC-173 - A Sentient Shark Statue Brutally Enforcing Vacation Time (無理やり休暇を取らせてくるお祭りザメの彫刻) 著者: ©︎Shaggydredlocks 原記事: http://www.scp-wiki.net/spc-173-j 作成年: 2018 プロジェクト番号: SPC-173 標準化殴打指導:...

ブラジル東岸にて実施された、エイハブ-2ユニットの試射実験の様子。 アイテム番号: SPC-169-J オブジェクトクラス: Megalodon 鮫殴打特別対策(Shark Punching Contingencies): SPC-169は極めて巨大であるため、通常の殴打では効果を期待することができません。これを踏まえ、SPC-169に確実かつ有効な殴打を加えるべく、鮫殴打計画〈プロジェクト・エイハブ〉が立案されました。 プロジェクト・エイハブは、以下の5通りの超大規模鮫殴打作戦を南大西洋において同時実行するものです。 エイハブ-1〈ネプチューンの鉄拳〉:...

ページ 2 / 2« 前12

Tale

☦A story that should've been a joke.☦ 彼らが僕を海へ送り出すと、もう二度と家族や友だちと会えないのだと悟った。これまで一度も海を見たことがなかった。浜辺へも行ったことはなかった。プールで泳ぐことすら嫌いだった。だけどいいんだ。僕が世界を、暮らすために純粋にして無垢な場所にし続ける限り、僕は元気になる。まるで僕の献身を理解しているかのように僕に同情の目を向けていたような、見知らぬ人もだ。...

Vasvis Ten-Fold Reaper はシャワー室を出ると、両手を大きく広げた。滑らかな白壁から金属の細い腕が伸びてきて、拭き取りパッドが彼女の体中を走った。また他の腕は、長い黒髪をドライローラーに当て、また別の1組の腕はその日の着替えを保持している。短めのスカート、タンクトップ、高い衿とファー、そしてあまりに多くのベルトとポケット、鎖のついた白い長いコート。その背には放射状の日差しに囲まれた、握りしめた拳のイラストがある。 「ご令嬢、Varssarang 基地から新たな報告です」深い、心地よい声が隠れたスピーカーから発せられた。 「それで?」 Vasvis は上着の袖に腕を通した。...

...

オーケー、諸君。椅子にケツを沈め、汚い口を閉じろ。俺にはこのあと行くところがあってだな、おまえらより重要な人物に会わなきゃならない。俺は科学者になっちまって、俺たち科学者は忙しくなりがちな重要人物ってわけだ。いま、おまえらが折りたたみ椅子に座ってるということは、おまえらが新人だということを意味している。トーテムポールの一番下。だが、試験に合格したってことでもある。SPCにようこそ。これ以降、おまえらの仕事は、とても、とても単純だ。サメにパンチをお見舞いする。 顔面にだ。...

...

ページ 5 / 5« 前12345

財団の宇宙

クレジット タイトル: SPC-2615 著者: ©︎MrWrong 原記事: http://www.scp-wiki.net/spc-2615 作成年: 2016 中央情報管理局ならびにプロジェクト運営事務局(CICAPOCO)による通達 交差世界の分子による被験体ERIN GREENの奪取に伴い、SPC-2615は現在休止中です。SPC-2615の回復は下記のいずれかの状況下でのみ開始されます。 被験体ERIN GREENの現在地が推測され、アクセスおよび回収が可能だと期待された場合に、対象が回収される。 対象は回収不可能であると判断されました。...

クレジット タイトル: SPC-2000 著者: ©︎MrWrong 原記事: http://www.scp-wiki.net/spc-2000 作成年: 2017 中央情報管理局ならびにプロジェクト運営事務局(CICAPOCO)による通達 SPC-2000は現在稼働中です。全ての必要なデータが記録されます。鮫科存在の複製はCICAPOCOより更なる通達が行われるまで継続されます。改変されていない鮫科原種とBLOOD CROSS鮫科変種の比率は現時点で4:1となっています。...

クレジット タイトル: SPC-173 - A Sentient Shark Statue Brutally Enforcing Vacation Time (無理やり休暇を取らせてくるお祭りザメの彫刻) 著者: ©︎Shaggydredlocks 原記事: http://www.scp-wiki.net/spc-173-j 作成年: 2018 プロジェクト番号: SPC-173 標準化殴打指導:...

アイテム番号: SCP-CN-985 オブジェクトクラス: Safe 特別収容プロトコル: SCP-CN-985の収容に対する協力的な態度と倫理委員会の主張により、現在このオブジェクトはサイト-CN-18の改造された5m*5m*5mの大型観賞用水槽に収容されています。水槽には自動水替え機能が付いており、中には水草やサンゴ等の装飾及びSCP-CN-985の説明を元に作られた衛生設備が設置されています。餌としてSCP-CN-985は毎日10kgの新鮮な魚を与えられています。水槽は二週間に一回清掃を行います。 収容されてからSCP-CN-985が要求したものは以下の通りです1: ...

ブラジル東岸にて実施された、エイハブ-2ユニットの試射実験の様子。 アイテム番号: SPC-169-J オブジェクトクラス: Megalodon 鮫殴打特別対策(Shark Punching Contingencies): SPC-169は極めて巨大であるため、通常の殴打では効果を期待することができません。これを踏まえ、SPC-169に確実かつ有効な殴打を加えるべく、鮫殴打計画〈プロジェクト・エイハブ〉が立案されました。 プロジェクト・エイハブは、以下の5通りの超大規模鮫殴打作戦を南大西洋において同時実行するものです。 エイハブ-1〈ネプチューンの鉄拳〉:...

ページ 9 / 10« 前12...78910次 »

Joke

[[table]]

[[/table]]


The SPC theme was created by PeppersGhost based on Sigma-9 by Aelanna,
and used under the Creative Commons Attribution-SharkAlike 3.0 license (CC-BY-SA).



評価: +29+x






特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。