スタンドオフ
rating: +4+x

侮辱

若い黒髪のカウボーイはラジオにかけよった。大柄な黒髪の男がソファーの真中に正面を向き座っていた。カウボーイがラジオの木製ノブを心配そうにいじるのを見ながら、彼は背中に腕を組んだ。台所では、湯気を立てている鍋の中を金属製のお玉でかき混ぜている女性の巻き毛の赤い髪を通して太陽の光が輝いていた。近くの椅子に座っていた赤ん坊が、声をあげて笑った。夏の日、彼は青いカケスの絵が描かれた木製のガラガラで遊んだ。

静けさが取り払われ、洗練された南部訛りの男の声が大きな木の箱から発せられると、カウボーイは興奮してくすくす笑った。

ローンエンゲル1の善良な人々よ、東より来たるダラスのために祈りなさい。彼は、この地域の善良なキリスト教徒たちに気を配っている唯一の男だ。

少年は後ろのソファに上り、話を聞こうと期待して震えながら男のそばに座った。これらの話は、強くて自信に満ちた男たちが無実の人々を守るというもので、カウボーイが望んだものだった。

このエピソードでは、東からやってきたダラスは、自分の犬を誘拐した山賊を追いかける。追跡の最中、馬が傷ついて賊を捕らえることができなかった。ダラスは休息を余儀なくされ、飼い犬が盗賊から逃れて戻ってくることを祈るよりなかった。しかし暗闇が彼を襲い、犬が戻ってくることはなかった。期待を持たせたままエピソードは終わり、カウボーイはうめき声を発した  彼は次のエピソードのために丸1週間待たないといけなかった。

1時間の物語の後、女性は2人をダイニングテーブルに呼んだ。少年はテーブルに駆け寄り、父親と一緒に聞いたばかりの話をしながら笑った。女性は彼を落ち着かせ、彼らはお祈りを始めた。

夕食後、カウボーイは自分の部屋に行った。彼はカウボーイハットをかぶり、木馬に乗った。どちらのおもちゃにも「マイケル・ブライト」の名前が目立つように刻まれており、彼は興奮して、西部の荒野のガンマンや野蛮人の幻想を演じ始めた。

挑戦

17歳のカウボーイは家のドアを開けた。弟の料理のにおいが彼の鼻を満たし、幼児の大きな叫び声が彼の耳に響いた。彼は台所まで五感に従った。弟は入ってきたカウボーイの方を見た。彼の目は、この若さでは抱えきれないような役割の労苦で暗くなり、櫛で梳かしていない赤い巻き毛を握りしめ、泣きそうに見えた。その間、幼子は泣き出した。

「パスタはやだ!」と幼子は足を踏み鳴らしながら叫んだ。「チキンがいい!チキン!!」

「残念だったね!お前はさっきパスタを頼んだから、食べるのはパスタだ!」真ん中の弟は怒鳴った。彼はカウボーイのほうに視線を戻した。「マイケル!僕のためにTJを預かってくれる?こいつ僕の気をおかしくさせるんだ!」

「わかったから、怒鳴るのはやめろ!お前ら2人で世界中を目覚めさせるつもりか!」

上の兄は一番下の弟を台所から出し、真ん中の弟は中指をカウボーイへ立てた。幼子は兄にシャツの後ろを引っ張られて金切り声を上げた。それからカウボーイは彼を居間の椅子に座らせた。その幼子は、カウボーイが話すまで叫び続けた。

「静かにそこにいろ、タイムアウト2だTJ」それを聞くと、幼子の涙が頬を伝って流れ、また叫びわめき始めた。やがて、彼は席から出ようとしたが、カウボーイがすぐに彼をつかまえて元に戻した。子供は腕を組んで泣き続けた。真ん中の弟が二人を夕食に呼ぶと、涙はすぐに幼児の頬から消えた。

一番下の弟は台所へ走っていき、カウボーイもゆっくりと後に続いた。三人の兄弟は座ってお祈りをした。祈りの後、部屋は静まり返った。真ん中の弟の怒りは一番下の弟をおびえさせ、カウボーイは疲れすぎていて弟の短気に対処できなかった。

「男になったはずだろ。ママとパパが戻ってきて面倒を見てくれるのを待っているわけにはいかない。あの人らは俺たちを置いてった。女々しいままじゃだめなんだ」とカウボーイは考えていた。

真ん中の弟の無言の怒りに満ちた夕食の後、一番下の弟は席を離れ、階段を駆け上がった。カウボーイはテーブルを片付け、食事のお礼を言い、メッセンジャーバッグ3を持って家を出た。彼は家を出るとき、弟の叫び声を少しの間でも聞く必要がないことにほっとため息をついた。

彼は静かな暗い田舎の平原を歩いた。30分歩いた後、遠くにある家の明るさは、彼の歩みは自然と疾走へと変わった。ガタついた木製のドアをノックしたときには、彼の鼓動は疲れ果てたハチドリの翼のようにバタバタしていた。

バスローブを着た疲れた顔のふくよかな女性が、不器用にドアを開け、ブツブツ言って、来たほうへ戻った。彼は後ろのドアを閉めながら入った。彼は2階の寝室に行くと、少年がベッドに座って本を読み、赤毛の猫をなでているのを見つけた。その少年はやせていて、長い金髪だった。

「やあハーベイ、君のお母さんまた飲んでるのか?」カウボーイは鞄から本を取り出し、少年の隣に座った。

「うん、父さんが雑貨店であの女のために俺らを見捨てた時、母さんは酷く傷ついた。母さんに何を望んでるんだ?」

カウボーイは肩をすくめ、答えが出なかった。そして話題を変え、「今夜は何を勉強する?」と尋ねた。

「物理。中間テストに合格しなきゃなんだろ」

「わかった」とカウボーイはらせん綴じのノートとペンを取り出して答えた。彼は新しいページをめくって、友人の指示通りにし始めた。速度、摩擦、空気抵抗、その他の概念にまつわる用語と方程式が紙面を埋めていく。カウボーイは友人の助けを借りてそれらを理解しはじめていた。

彼らは1時間後に勉強を終えた。少年は、カウボーイから身を引いて部屋の隅に向かう。カウボーイは、友人が棚の本を元の場所に戻すために彼から離れて行くのを見た。「マイケル、ここを出る前に少し話をしないか?」

カウボーイはうなずいた。友人が座って彼の髪を見ると、彼は「何について?」と尋ねた。

「君はその長いたてがみを何とかするつもりある?」と友人は尋ねた。

「どういう意味だよ?」

「違うスタイルを試すつもりはない?」

「後ろに縛ったりってことか?」

「ああ、何かやってみよう。ミッキー」友人はカウボーイの後ろを歩き、通りかかったときに机から何かをつかんだ。彼はカウボーイの肩に寝そべっている量の多い黒い癖毛の近くに手を置き、「いいか?」と尋ねる。

カウボーイはうなずいた。友人のブラシが絡まった髪を梳かし、髪の房の跳ねがほぐれたときにポップな音がした。友人がブラシを下ろして髪をすくい上げ、ポニーテールを作り、黒い蝶ネクタイリボンで飾った。カウボーイは窓のガラスをのぞき込み、友人の職人技に感嘆した。彼は頭のてっぺんからリボンの柔らかい布のところまで撫でた。彼は振り返って、自身の家庭教師に微笑みかけた。

「ありがとう」

二番目の会議

「エージェントマイケル・ブライト?」

すっかり大人になった逞しいカウボーイは、最近の仕事に関する書類を入れたフォルダーを持って、上司のオフィスに入ってきた。オフィスの中で、灰色の革張りの椅子に黒い肌の男が座っていた。椅子の男はカウボーイに座るように合図した。言われた通りに、彼は褐色のフォルダーをそっと机の中央に放り投げた。男はフォルダーを取って中身を読んだ。

「エージェントブライト、君は以前の任務では素晴らしい成果を上げている」男は言った。「だが今回の君の行動には失望したよ。君への指示は異常を捕らえることだったが、君は何をした?」

カウボーイは茶色の帽子を取り、上司の目を厳しく見た。「標的を無力化しました」と彼は答えた。

「なぜ命令に背いたんだね、エージェントブライト?」その男の口調にはいらだちがこもっていた。

「もし私がアノマリーを先に殺していなければ、エージェントハーベイ・ピラーはあれに殺されていたでしょう」カウボーイの声は落ち着いていて、テキサス訛りの強い言葉には恐怖の跡はなかった。「今日、私は誰かの命を救いましたが、私の優先事項の一つとして仲間の安全を確保したことに罰はないと思います」

男は固まり、息をひそめた。「良いだろう、もう行っていい。だがエージェントブライト、君の次の任務ではより良い結果を期待している。さもないと厳しい結果になるだろう」カウボーイはうなずいて部屋を出た。彼は去り際、丁寧に「良い夜を」と言った。

「ミッキーに乾杯!」と友人はショットグラスをカウボーイのグラスと合わせながら言った。「俺のケツを助けてくれてありがとう!」

2人の男はショットをあおいだ。友人は赤銅色の液体を飲み込んだ後、咳をした。カウボーイは友人にクスクス笑い、同僚の視線が過ぎ去っていくのに気づいた。曲がった黒髪の女性で、バーの隅から彼を見返していた。彼はお金を取り出して友人の前に置き、立ち上がった。

「またか?マジかよミッキー?君は1、2ヶ月ごとに新しい彼女を作ってるじゃないか。俺と一緒に酒を飲むのに時間もとってくれないのか?」友人は言った。

カウボーイは首を横に振った。「ごめんなハーブ。だけど彼女は違うぞ。彼女は桃みたいにきれいだ」と彼は女の方へ進んだ。彼の友人は苛立ちからため息をつき、もう一杯注文した。

「やあ、こんにちは。君はチェリーパイよりももっと魅力的だ」カウボーイは女性の隣の腰掛けに座ってウィンクした。

彼らはベッドを共にし、カウボーイの息にはウィスキーの臭いが漂っていた。彼は黒髪の女のゆっくりした呼吸に耳を傾ける。彼女が寝ていると確信すると、彼は静かにベッドから出て服を着た。彼はクローゼットから黒いスーツケースを取り、女のナイトスタンドに手紙を置き残した。

彼は車に座って自分の体を見つめた。彼の手は不安で震え、それに加えて動悸がした。これはいつものことだった。彼は彼女と6ヶ月間もの記録的な交際をしていたが、その知らせを聞いて彼はとどまる気になれなかった。「まだ準備ができてない」不安は深呼吸で消えたと思った。その後、彼はサイト-19に車で向かった。

個室に落ち着いた後、カウボーイはコーヒーを一口飲み、それから仕事を始めた。彼は、新たに入手したSCiPを使って現場で何が起きたのかを解明するための研究員への書類を作成したり、反乱軍のスパイの可能性がある人物の尋問に関する報告書を作成したりしながら、タイプしていった。仕事の内容は重要ではなく、ただ夜に対処できるようになるまで気を散らす必要があった。

「ミッキー?」友人は彼の肩をたたいた。カウボーイは振り向いて時計を見た。就業時刻は30分前に終わっていた。

「大丈夫か?昼食の時は見かけなかったけど」

「元気だとも。ちょっと……破局したのさ」と、カウボーイは友人と目を合わせずに答えた。彼の友人の表情は嫌悪感をあらわにした。彼はそのカウボーイに背を向けて、一言も言わずに立ち去った。カウボーイは胸に痛みを感じたが、サイトを離れる準備をする間、それを無視した。

彼が廊下を進んでいくと、赤毛で少しぽっちゃりした白衣を着た博士と、病院のガウンと松葉杖を持った若い痩せた男が、廊下をさらに下ったところから彼に向かって歩いてくるのが見えた。カウボーイは立ち止まり、茶色のブリーフケースを足元に置き、ポケットからタバコを取り出した。

若い方の男の目は興奮して輝き、「マイケル!」と、彼は兄の方へ足を引きずりながら上機嫌で叫んだ。カウボーイは微笑んだが、背が低い方の男の視線は避けた。「やあTJ、元気か?」

「うん!ジャックは僕にキャンディバーをくれて、僕はセラピストとお医者さんにまた会ったんだ!すっごく楽しかった!」とその男はうれしそうに言った。弟が医者に診てもらわなければならなかった理由を考えると、カウボーイの胸が痛んだ。

「TJ、私たちはもう行かないと。ごめんなマイケル、TJはすぐに自分の部屋に行かないと」と博士は言った。カウボーイはすぐに彼の目を見た。博士は背の高い男の横を通り抜けようとした。

「なあジャック」とカウボーイは煙草に火をつけながら言った。博士はにらみつけて立ち止まった。それから彼は兄の目をのぞき込んだ。赤毛の男の怒りは明らかだった。「TJ、先に行っててくれ。私は君のお兄さんと話さないと」彼は足を引きずっている男に言い、男はうなずいて歩き続けた。それから博士は自身の兄の方に向き直った。

「まだ女々しいんだな」とカウボーイは考える。

「何が望みだ、マイケル?」

「親愛なる兄弟と話したくないのか?」

「お前に言うことなんか何もない」

「おいおい、お前は自分が大物だとでも思ってるのか?」

「お前こそな?」

「俺はお前よりもっと大切な人物だ」カウボーイはタバコを口から外しつばを吐く。弟を見ただけで彼は腹を立てた。「なぜ彼は大人になれないんだ?お前が自分が何をしたか知ってるだろ」

「お前は私に何か具体的なことを言おうとしてたんじゃないのか?」

「お前はクソガキだ、知ってたか?威張ってんじゃねえぞ、お前がTJを  

「良い夜を、エージェント」弟は冷たく立ち去った。カウボーイは歯を食いしばり、博士が松葉杖の男を追っていくのを見ていた。彼はタバコを落として、虫を殺そうとしているかのように消した。それからブリーフケースを手に取り、サイトを出た。

カウボーイはホテルの部屋の暗闇で横になった。唯一の光はテレビからのひんやりとした輝きだった。人々はスクリーンの中から話をしていたが、カウボーイはウォッカのボトルを飲むのに忙しすぎて、何を言おうと気にしなかった。暗い考えが彼の心に入り込んだように、ボタンの外れたシャツに灰色のしみがついた。彼は見捨てられ、恐れ、憎しみの感情に打ちのめされた。彼は身をかがめてすすり泣き、スクリーンの声をかき消した。

準備

その晩から何年も経った。50歳代のカウボーイはポーチの階段に座っていた。年のせいで彼の髪は白髪の筋が厚く長い髪に垂れていたが、彼はまだ若かった頃のように元気だった。彼は今から4年ほど前に財団内でO5-6の称号を得ていた。

彼は15年前に結婚した。女と酒を使うことによって彼が隠さなければならなかった考えはもはや彼を邪魔しなかった。彼の息子はドアから出てきて、猟師が獲物をじっと見るように父親を見つめた。カウボーイは、ほっそりとした黒髪の少年が自分の上に忍び寄っているのに気づかないふりをした。

少年は素早く父の肩に手をかけ「ブー!」と驚かせ、カウボーイはそれに笑いながら応え、子供を抱き上げた。少年が父親の抱擁に抵抗すると、カウボーイは彼をやり込めた。「お母さんが夕ご飯の時間だって!」と男の子は言った。父親はうなずいて、少年の手を取って家に入った。

2人はテーブルに座り、彼らの前には暗い色のハンガーステーキが置かれた。カウボーイの妻がサラダを持って入ってきて、テーブルの中央に置いて座った。3人は手を合わせてお祈りを始めた。その後、3人はステーキに食らいついた。子供はがつがつ食らいつくあまり、ベトベトになった口から肉汁をこぼしていた。

夕食後、カウボーイはテーブルを片付け、息子は外へ走っていった。カウボーイは一仕事終え息子を追うと、妻が玄関の階段で休んでいて、子供が父親の古い木馬と遊んでいるのを見ていた。彼の妻の黒い髪が南風に吹かれる。息子は金色の野原の真ん中にある木の黒い樹皮の陰で遊び、風が吹く前に木の陰から隠れた。風が吹く前に風が来るのを彼が感じられているなら、それは彼の父親にとって愛しかった。遊んだり、風から身を隠したりする息子の姿を見て、カウボーイの心は和らいだ。彼の妻は息子が日が沈むまで遊ぶのを見ながら夫の腕をつかんでいた。

ショット

「貴方がやったのよ」カウボーイの妻は叫んだ。「彼の目をくり抜くなんて。彼はもう居ないわ!」

「ダーリン、俺は  」妻に襟を掴まれるまでカウボーイは言い続けた。

「何が貴方に息子の目をくり抜くなんて決めさせたのよ、ミッキー!?」

「彼が俺の弟のようになって欲しくなかったんだ!」とカウボーイは拳を握りしめながら叫んだ。

「貴方の兄弟はよくある家にいるわ。もしデイビッドが治しも防げもしない病気になってしまったら。特に目をくり抜いたりしたせいで! それでも貴方は彼を受け入れて父親として愛するんでしょうね!

「黙れ売女め!」カウボーイは怒鳴った。「お前は俺が何を恐れているのか全く理解できなかった。お前は何が起こっているのか見当もつかないんだろう。お前が俺がこれを望んでしたと思うのか?彼は俺の人生に起こった最高のことだった、そして今彼はああなったんだ!」喪失の痛みが男の心臓を打った。

「もし彼が貴方にとってそんなに重要なら、貴方は私の息子に手をかける前にそれについて考えるべきだったわね」妻は振り返り、スーツケースをつかんで家を出た。夕日のオレンジ色の光が家の窓から差し込んでいた。カウボーイは一人静かにしていた。

年老いたカウボーイは、見慣れたホテルの部屋で目を覚ました。彼の胸には見知らぬ女性が横たわっている。彼は彼女を体から払いのけ、時計を確認した。午前6:23。彼は都会から来ていたからたぶん一時間は遅れるだろう。急いで服を着て車に乗り込もうと部屋を飛び出した時、彼はイライラしてうめき声を上げた。

彼は午前8:45にサイト-19の駐車場に車を止め、車を離れる前に銀色の水筒から一飲みして建物の中に入った。彼は、管理者またはO5会議の他のメンバーから割り当てられたタスクをゆっくりと完了した。昼休みになると、彼はサイトのカフェテリアに行った。彼は食事をとって座ったが、友人が現れる前にほんの数口食べただけだった。

「君はまた遅刻したね」と友人は言い、座ってカウボーイをじっと見つめた。カウボーイは友人と視線を合わせなかった。

「ああ、それで?」と彼は食事を続けながら尋ねた。「俺らは何年もほとんど話をしてないが、何でこれがお前にとって重要なんだ?」

「君が昔の破壊的な習慣に逆戻りしているからだ」

「なぜそんなことを気にするハーベイ?」カウボーイの口調はさらにつらくなった。「2人ともフィールドエージェントだった時話すのを止めた。でも、お前は俺が上司だってことを忘れてるようだな。もし俺がお前なら言葉に気をつけるがな」

「それから、君は食事ができる個室があることも忘れているようだな。君がO5じゃなかったみたいに食堂で食べてる。もし俺に会いたくなかったら、それは変な選択だ」友人は答えた。顔には何の恐怖もなかった。

「俺はどこでも好きなところで食べれんだ。俺がお前をクビにする前に逃げたらどうだ?」

「君はそんなことはしない。君はとても孤独だ。冷たい暗い心の中じゃどんなタイプの交流でも必死になる。君は子供の頃に失った家族を持つことを切望している。君を恋人にしようとする魅力的な女性とファックして、君は彼女を妊娠させると彼女を置いていく。君は臆病者だ、マイケル・ブライト」彼の視線は失望に燃え、声音が怒りを孕んだ。

「お前は何も知らない。俺がどんな経験をしてきたか、お前には見当もつかないんだろうな!」カウボーイは声を張り上げる。「俺の人生の全てを知っていると思われるのにはうんざりだ。お前は俺が善きの為に何をしてきたか知らないし、俺が何を失ったか知らない。俺には愛が残っていない。奴らが俺を捨てたから、俺には何もない。お前と両親と妻と息子だ。俺を捨てたのはお前らが自分勝手だからだ。人生は不公平だ、俺は何とかしないと。だから俺はファックして、何人か女を捨てたからって、それがお前に何の関係があるってんだ?お前は俺を切り捨てた、お前は俺を傷つけた、お前が俺を惨めにしたんだ!」カウボーイの叫びは食堂の他の人々の注意を引いた。彼は人混みの中で縮れた赤い髪の博士が遠くからカウボーイを見積もっていることに気付いた。彼は友人が話し始めると歯を食いしばった。

「君は相当な自己中なんだな。過去に傷ついたからといって、子どもみたいに振る舞っていいわけじゃない。君はもう50代後半、60代前半だ。大人らしく行動して、それから  」その後の言葉は、立ち上がって食堂を出ていくカウボーイに邪魔された。部屋に残った音は食堂のファンがブウンと鳴る音だけだった。

カウボーイは怒りに燃えながら自身のオフィスに猛進してきた。彼は座って気を紛らわそうとしたが、その怒りは任命権という捌け口を見つけて、すぐさま許し難いものへの陰謀へと変じていった。彼の怒り、傷つき、憎しみはすぐに彼を説得してこのプランを実行させた。彼は机の上の電話をかけた。

「ブライト博士をSCP-963の研究チームに割り当てろ」

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。