新番組「握るシャリと スシブレード」
rating: +77+x
blank.png

「師匠、師匠!どうしてこんな‥‥!」

ベッドに横たわる回転寿司 勝のおやっさんは目を固く閉じて微動だにしない。静かな病室にはピッ、ピッという電子音が流れる。

「あぁ博士、いったい誰がこんなことを!」
タカオくんD-1028、落ち着いてみてほしい。これは昨晩の回転寿司 勝の様子だ」

映像を食い入るように見ていたタカオの額に、次第に汗が噴き出していた。

「博士、これはまさか‥‥」
「やはり間違いなさそうだね。そうだ、君の師匠を襲った犯人は」

タカオが机を力いっぱい叩き、押し殺した声を絞り出す。

カイD-1228‥‥!」



熱き心を持ったスシブレーダー、タカオはスシブレードの“闇”に迫る!

「タカオ、今のお前では闇寿司には‥‥勝てん」


「小僧、世の中には立ち入っちゃならねぇ板場ってのがある」

「それでも俺はカイに会わなくちゃいけないんだ!」



現れる強敵ライバルたち、立ちはだかる刺客たち!

「ケーケケケ!ボクちんのダークナットードラグーンの糸につかまった以上、行く先は死のみ!これであがりだァーー!!」


「そんな……マヨコーンが真横に!?」

「縦回転!?邪道にも程があるぞーーっ!!」



訪れる試練、苦悶の時‥‥

「邪道、か。そもそも何をもって邪道というのだ。江戸前寿司とて昔は邪道だった」

「邪道も喰らう 王道も喰らう」

「両方の良さを共に感じ――――寿司として進化させる度量こそスシブレードのキモだ」


「博士、サルモンが緑色に‥‥これは!?」

「馬鹿、そんなこともわからんのか!鮮度が落ちているんだ!」

「あ‥‥」


「あたしは寿司の幸福を願って握っていやす。回される、戦う、果たしてそれだけが寿司の幸せなんでしょうかねぇ‥‥?あたしにゃあそれだけとは思えないんですわ」

西行さん‥‥?」


タカオは長い旅の果てに何を見るのか――


「タカオ、お前は私の――」


「寿司は人を傷つけるためのものじゃない!」


「サルモン‥‥わかった!いっしょに行こう」






新番組「握るシャリと スシブレード」、20█年█月█日SCPテレビ系列で放送開始!

3、2、1、へいらっしゃい!

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。