ブライト博士の楽観的な日々 第1.5章
rating: +6+x

ブライト博士の楽観的な日々 第1.5章

幕間: 帰ってきた息子の反撃

3125

若い男は、VRのヘルメットが持ち上げられるとまばたきし、今頭の中にあるさまざまな記憶を整理しようとした。彼のしかめ面は待っている先生の方に向いた。「理解できません、博士」

老いた男は杖にもたれかかり、その上に頭を載せている。「続けて」

「'神'とは何ですか?」その生徒は自分の研究では同等の参考文献を見つけることができない。

「時代遅れのコンセプト、創造主神話」男は目を輝かせて微笑む。「他には?」

「682は未だ活動中です。解決策はないのですか?」

「いいや、残念ながらね」男は小さく舌打ちをする。「解決策はない。勉強を続けるんだ」

再び少年はヘルメットをかぶり、勉強に没頭する。彼の先生は少しの間彼を見つめ、それから自身の杖の上にある黄色の頭蓋骨を見やる。「分からないよ、コンドラキ。彼らはもう君のようにはならないだろう。喜ぶべきなのだろうが……あの挑戦が恋しい」

幕間 了

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。