「国際」の記事 2045年2月10日 - 帝都経済新聞

帝経平均 15,442.40 ▲+568.38 / NYダウ 22,538.04 ▲+506.67 / ドル円 296.60-72 ▲+0.42 円安 / 長期金利 0.0015 ▼-0.001帝経平均 15,436.12 ▲+562.10 / NYダウ 22,536.82 ▲+505.45 / ドル円 296.68-80 ▲+0.50 円安 / 長期金利 0.0015 ▼-0.001帝経平均 15,444.65 ▲+570.63 / NYダウ 22,539.59 ▲+508.22 / ドル円 297.22-34 ▲+1.04 円安 / 長期金利 0.0025 0帝経平均 15,445.96 ▲+571.94 / NYダウ 22,538.62 ▲+507.25 / ドル円 295.64-76 ▼-0.54 円安 / 長期金利 0.0005 ▼-0.002帝経平均 15,446.65 ▲+572.63 / NYダウ 22,539.12 ▲+507.75 / ドル円 295.82-94 ▼-0.36 円安 / 長期金利 0.0025 0

rating: +33+x
blank.png

スカラベ運輸 過去に夏鳥団体に所属していた男性の内定を取り消しをめぐる訴訟

label_1f3f7.png 国際 公開日: 2045年2月8日

8日、過去に夏鳥団体に所属していたエジプト在住の男性が、採用後に内定を取り消されたとして、エジプト運送大手のスカラベ運輸に対し、慰謝料として日本円で約410万円の支払いを求める訴訟を起こした。

男性は去年の10月にスカラベ運輸の就職面接を受け、内定を得た。しかし、その後2040年の時点で男性が穏健派夏鳥団体に所属していたことを知ったスカラベ運輸はこれを理由として男性の内定を取り消した。これに対し、男性は思想の自由を理由として内定を取り消すことは違法であると主張し、訴訟を起こした。

男性は2041年まで団体に所属していたことを認めたものの、所属していたのは両親に強制されていたからであり、自身の思想とは団体の思想は異なっていると主張した。さらに、2042年の時点で親元から離れ、団体との関係を断っていると述べている。

これに対しスカラベ運輸は「伝承部族であるケプリ族を中心に雇用している以上、夏鳥リスクのある人物を雇用するわけにはいかない」と述べている。また、面接の際に、夏鳥思想団体に過去所属していたことがあるかという設問に対し、男性は正確に答えていなかったことを取り消しの理由として述べている。

キーワード: 夏鳥 スカラベ運輸 訴訟 

「国際」の記事一覧へ戻る

« 解説: アフリカ・南アメリカに生きる夏鳥たち 次の記事 | 前の記事 砂漠地帯の再開発 ワーディー・ゲディード県の狙いとは »


他の記事

東京事変の残り香 積るカック灰
WWZ ドラゴンの赤ちゃんを公開
インド ヴィヴァスヴァット神信仰を基礎とする神学都市の建設を発表
ティモール島 喜望峰南部を通過
社説 「第四世代の子どもたち」による狂気の事件を食い止める
Qingtan「それで、あなたはミーム対抗ワクチンを打ちますか?」に含まれる12のウソ
ウーラヌス・コスモス スペースドア・グループ(宇门集团公司)によって買収か
砂漠地帯の再開発 ワーディー・ゲディード県の狙いとは

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。