「国際」の記事 2045年2月10日 - 帝都経済新聞

帝経平均 15,442.40 ▲+568.38 / NYダウ 22,538.04 ▲+506.67 / ドル円 296.60-72 ▲+0.42 円安 / 長期金利 0.0015 ▼-0.001帝経平均 15,436.12 ▲+562.10 / NYダウ 22,536.82 ▲+505.45 / ドル円 296.68-80 ▲+0.50 円安 / 長期金利 0.0015 ▼-0.001帝経平均 15,444.65 ▲+570.63 / NYダウ 22,539.59 ▲+508.22 / ドル円 297.22-34 ▲+1.04 円安 / 長期金利 0.0025 0帝経平均 15,445.96 ▲+571.94 / NYダウ 22,538.62 ▲+507.25 / ドル円 295.64-76 ▼-0.54 円安 / 長期金利 0.0005 ▼-0.002帝経平均 15,446.65 ▲+572.63 / NYダウ 22,539.12 ▲+507.75 / ドル円 295.82-94 ▼-0.36 円安 / 長期金利 0.0025 0

rating: +33+x
blank.png

砂漠地帯の再開発 ワーディー・ゲディード県の狙いとは

label_1f3f7.png 国際 公開日: 2045年2月8日

1日正午、英国金融・不動産大手のジンクス・トラストは、エジプト南西部のワーディー・ゲディード県と共同で県都ハルガを再開発する計画を発表した。新技術を用いた効率的な熱循環・排出システムを導入し、快適な都市空間を創出することを目指す。2046年から着工を開始し、2055年に全ての工程が終了する見通し。ハルガはサハラ砂漠のオアシスを中心に形成された都市で、ナイル川下流域の都市圏から大きく離れた地点に存在する人口10万人の都市。砂漠地域の都市開発を行うことで、ナイル川下流域で問題となっている人口過密問題に対応することを目的としている。

エジプトの現在の総人口は、2044年時点で約2億6000万人であり、2050年には約4億人に達すると推測されている。このような急激な増加の理由は伝承部族にある。例としてパシュト族の合計特殊出生率は102.16であり、同国のヒトの合計特殊出生率は2.75の約50倍に及ぶ。

またサハラ戦争以降、カイロは急激な投資を受けて超常都市として大きく発展し、過密化が進行した。ナイル川下流・ナイルデルタには宅地が広がり、この地域の人口密度は50000/km2にまで達した。しかしエジプト国土の95%は砂漠であり、従来型の都市拡大は限界を迎えている。

ジンクス・トラストとワーディー・ゲディード県は国内の宅地需要に注目し、ハルガを再開発することで移住者を誘致し産業の振興を図る。砂漠地帯という過酷な環境の対処について担当者は「最先端技術を最大限活用した、近未来的な都市のモデルケースを目指したい」と語った。

キーワード: エジプト 再開発 伝承部族

「国際」の記事一覧へ戻る

« スカラベ運輸 過去に夏鳥団体に所属していた男性の内定を取り消しをめぐる訴訟 次の記事 | 前の記事 IJAMEA 夏鳥団体との決別を明示 »


他の記事

東京事変の残り香 積るカック灰
WWZ ドラゴンの赤ちゃんを公開
インド ヴィヴァスヴァット神信仰を基礎とする神学都市の建設を発表
ティモール島 喜望峰南部を通過
社説 「第四世代の子どもたち」による狂気の事件を食い止める
Qingtan「それで、あなたはミーム対抗ワクチンを打ちますか?」に含まれる12のウソ
ウーラヌス・コスモス スペースドア・グループ(宇门集团公司)によって買収か
【インタビュー】 異常性に恐怖する人々を支援するNPO団体の運営者 ラシード・ビン・サイードさん

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。