『王道異土──満州国異常弁公室特別展』パンフレット
rating: +11+x


419px-Pu_Yi%2C_Qing_dynasty%2C_China%2C_Last_emperor.jpg

「私は満州国において、元から実権など持っていませんでした……部門の設立は、特別医療部隊の指示により決められたものです。したがって、満州国における対異政策の大半は、当隊が遣わした処長……田中右京に依拠していました。」

『偽満洲国の対異常国策に関する証言』-愛新覚羅溥儀、極東国際軍事裁判異常第五廷に於いて、1946年。







特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。