S & Cプラスチックハブ
/* source: http://ah-sandbox.wikidot.com/component:collapsible-sidebar-x1 */
 
#top-bar .open-menu a {
        position: fixed;
        bottom: 0.5em;
        left: 0.5em;
        z-index: 15;
        font-family: san-serif;
        font-size: 30px;
        font-weight: 700;
        width: 30px;
        height: 30px;
        line-height: 0.9em;
        text-align: center;
        border: 0.2em solid #888 !important;
        background-color: #fff !important;
        border-radius: 3em;
        color: #888 !important;
        text-decoration: none!important;
}
 
@media (min-width: 768px) {
 
    .mobile-top-bar {
        display: block;
    }
 
    .mobile-top-bar li {
        display: none;
    }
 
    #main-content {
        max-width: 708px;
        margin: 0 auto;
        padding: 0;
        transition: max-width 0.2s ease-in-out;
    }
 
    #side-bar {
        display: block;
        position: fixed;
        top: 0;
        left: -25em;
        width: 17em;
        height: 100%;
        background-color: rgb(184, 134, 134);
        overflow-y: auto;
        z-index: 10;
        padding: 1em 1em 0 1em;
        -webkit-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -moz-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -ms-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -o-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
    }
 
    #side-bar:after {
        content: "";
        position: absolute;
        top: 0;
        width: 0;
        height: 100%;
        background-color: rgba(0, 0, 0, 0.2);
 
    }
 
    #side-bar:target {
        display: block;
        left: 0;
        width: 17em;
        margin: 0;
        border: 1px solid #dedede;
        z-index: 10;
    }
 
    #side-bar:target + #main-content {
        left: 0;
    }
 
    #side-bar:target .close-menu {
        display: block;
        position: fixed;
        width: 100%;
        height: 100%;
        top: 0;
        left: 0;
        background: rgba(0,0,0,0.3) 1px 1px repeat;
        z-index: -1;
    }
}
:root {
    --timeScale: 1;
    --timeDelay: 0s;
}
 
/* Converting middle divider from box-shadow to ::before pseudo-element */
.anom-bar > .bottom-box { box-shadow: none!important; }
.anom-bar > .bottom-box::before {
    position: absolute;
    content: " ";
    width: 100%;
    height: 0.5rem;
    background-color: rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12));
    transform: translateY(-0.74rem);
}
 
/* DIVIDER */
.anom-bar > .bottom-box::before {
    animation-name: divider;
    animation-duration: calc(0.74s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.1s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.32,.38,.39,.94);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
/* CLASSIFIED LEVEL BARS */
div.top-center-box  > * {
    animation-name: bar;
    animation-duration: calc(0.45s * var(--timeScale));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: ease-out;
    animation-fill-mode: backwards;
}
div.top-center-box > :nth-child(1) { animation-delay: calc(0.2s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(2) { animation-delay: calc(0.32s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(3) { animation-delay: calc(0.45s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(4) { animation-delay: calc(0.61s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(5) { animation-delay: calc(0.75s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(6) { animation-delay: calc(0.95s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
 
/* TOP TEXT */
div.top-left-box, div.top-right-box {
    clip-path: polygon( 0% -50%, 150% -50%, 150% 100%, 0% 100%);
}
 
div.top-left-box > *, div.top-right-box > * {
    position: relative;
    animation-name: bottomup;
    animation-duration: calc(0.65s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.5s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: ease-out;
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
/*-----------------------------------*/
/*-----------------------------------*/
 
/* CONTAINMENT, DISRUPTION, RISK CLASSES */
div.text-part > * {
    clip-path: polygon( 0% 0%, 100% 0%, 100% 100%, 0% 100%);
    animation-name: expand2;
    animation-duration: calc(0.5s * var(--timeScale));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
div.text-part > :nth-child(1) {
    animation-name: expand1;
}
div.text-part > :nth-child(1) { animation-delay: calc(0.6s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.text-part > :nth-child(2) { animation-delay: calc(0.75s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.text-part > :nth-child(3) { animation-delay: calc(0.86s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
 
div.main-class::before, div.main-class::after {
    animation-name: iconslide;
    animation-duration: calc(0.45s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.8s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 /* BOTTOM TEXT */
div.main-class > *,  div.disrupt-class > *, div.risk-class > * {
    white-space: nowrap;
    animation-name: flowIn;
    animation-duration: calc(0.42s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.75s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: ease-out;
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
/*-----------------------------------*/
/*-----------------------------------*/
 
/* DIAMOND */
div.arrows {
    animation-name: arrowspin;
    animation-duration: calc(0.7s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.6s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
div.quadrants > * {
    animation-name: fade;
    animation-duration: calc(0.3s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(1.4s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
div.top-icon, div.right-icon, div.left-icon, div.bottom-icon {
    animation-name: nodegrow;
    animation-duration: calc(0.4s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(1.4s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
div.diamond-part {
    clip-path: polygon( -10% 0.37%, 120% 0.37%, 120% 100%, -10% 100%);
    animation-name: diamondBorder;
    animation-duration: calc(0.8s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.5s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.32,.38,.39,.94);
    animation-fill-mode: backwards;
    will-change: box-shadow;
}
 
/* MOBILE QUERY */
@media (max-width: 480px ) {
    .anom-bar > .bottom-box::before {
        display:none;
    }
    .anom-bar > .bottom-box {
        box-shadow: 0 -0.5rem 0 0 rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12))!important;
    }
    div.top-center-box  > * {
        animation-name: bar-mobile;
        animation-duration: calc(0.9s * var(--timeScale));
    }
    div.top-center-box > :nth-child(1) { animation-delay: calc(0.1s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(2) { animation-delay: calc(0.2s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(3) { animation-delay: calc(0.3s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(4) { animation-delay: calc(0.4s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(5) { animation-delay: calc(0.5s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(6) { animation-delay: calc(0.6s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
 
}
 
/*--- Motion Accessibility ---*/
@media screen and (prefers-reduced-motion: reduce) {
    div.anom-bar-container { --timeScale: 0!important; }
}
 
/*-------------------------*/
 
@keyframes divider {
    from { max-width: 0%;  }
    to { max-width: 100%; }
}
 
@keyframes bar {
    from { max-width: 0%; }
    to { max-width: 100%; }
}
@keyframes bar-mobile {
    from { max-height: 0%; }
    to { max-height: 100%; }
}
 
@keyframes bottomup {
    from { top: 100px; }
    to { top: 0; }
}
 
@keyframes expand1 {
    from { opacity: 0; clip-path: inset(0 calc(100% - 0.75rem) 0 0); }
    to { opacity: 1; clip-path: inset(0); }
}
@keyframes iconslide {
    from { opacity: 0; transform: translateX(-5rem); }
    to { opacity: 1; transform: translateX(0); }
}
 
@keyframes expand2 {
    from { opacity: 0; width: 1%; }
    to { opacity: 1; width: calc(100% - 0.25rem); }
}
@keyframes fade {
    from { opacity: 0; }
    to { opacity: 1; }
}
 
@keyframes flowIn {
    from { opacity: 0; transform: translateY(20px); }
    to { opacity: 1; transform: translateY(0); }
}
 
@keyframes arrowspin {
    from { clip-path: circle(0%); transform: rotate(135deg); }
    to { clip-path: circle(75%); transform: rotate(0deg); }
}
@keyframes nodegrow {
    from { transform: scale(0);}
    to {  transform: scale(1);}
}
@keyframes diamondBorder {
    from { box-shadow: -0.5rem -20rem 0 0 rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12)); }
    to { box-shadow: -0.5rem 0 0 0 rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12)); }
}

評価: +28+x

S & Cプラスチックハブ




ウィスコンシン州 スロースピット

スロースピットは俗に、アメリカ本土で最も奇妙な場所の一つであると噂されている。ところが、この地にミステリー・ハウスやグラビティヒルといったありふれた怪異は存在しない。それらの代わりに存在するのは、ジョン・チャップマン本人が植えた、樹液の代わりにサイダーが流れ出るリンゴの樹だ。家々には幽霊が出没し、スロースピット歴史協会と市議会が提供する種々の幽霊屋敷ツアーに参加することができる。危険を承知で森へ出かけ、星明かりと不気味な木々の下で一夜を過ごすだけの勇気があるのなら、キャンプ用品の貸し出しはいつでも利用可能だ。

- スロースピット観光案内 2016年版

downtown-347454_1280.jpg

スロースピットはよくある中西部の町のような場所です。メインストリートとフランシスコアベニューが交わる角の中心にはダウンタウンが広がっています。この町には図書館、裁判所、更に恐ろしくなった選りすぐりの地元のレストラン、郷土歴史館があり、メインストリートの西端に位置する通りの向かい側にはカトリック系高等学校と普通高等学校の両方が建っています。メインストリートを離れて更に進めば、住宅地、公園、種々のファストフード店、聖フランシスコ・サレジオ病院、娯楽的遺体安置所など、他にも多くの建物を見ることが出来るでしょう。更に奥へ進めば、貴方は未開の地を目にすることでしょう—そう、スロースピットを取り囲む森を。

ところが、スロースピットは普通の場所ではありません。ウィスコンシン州ダグラス郡の最奥部に位置する、アメリカ合衆国内に30を超える数が存在するネクサスのうちのひとつであり、オレゴン州ロードキル郡とデールポートに次いで三番目に活動が活発なネクサスなのです。そして、少なくとも1970年代から財団に注目されていた、異常な活動の温床となっています。

一日でも街で過ごせば、その理由がはっきり分かるようになります。ラジオで放送されるニュースはいつも誰かの会話に関係しているかのように聞こえ、天気はまさにその年の毎日のためにあるべきものであり、例え人々の間で衝突が起こっても、毎回奇妙に納得がいくやり方で解決されます。

全てのネクサスにはテーマがあります。スロースピットのテーマを表すとすれば、『物語』でしょう。町で起こることは全て、クリスマスとハロウィンでの異常な活動の急増から、大衆の『定番ギャグ』として頻発する異常現象、モンスターを倒せる程強力なプロム1でのファーストキスといった、西洋のメディアで見られる比喩やモチーフ、コンセプトに沿っています。

スロースピットにおいて、物語は説得力のある強力な力です。そして当然のことながら、財団は何年もその力を研究しています。


カノンの物語

S & Cプラスチックは、taleのスタイルと時系列の両方から、大まかなシーズンに大別することができます。2012年以前の作品は原則としてシーズン0とし、新しいコンテンツの執筆状況に応じてシーズンが追加されていく予定です。

1890-2012

1976年以前は、スロースピットの収容に財団は関与していなかった……していたのだろうか?お役所的な連絡ミスにより、1969年に収容されたSCP-097の収容区域とサイト-87は、2017年にSCP-097が無力化されるまで互いの存在を知らなかった。財団はそれ以前にもスロースピットに他の資産を持っていたかもしれない。また、この時代の物語では、財団に発見される以前のスロースピットで、ある程度普通の生活を送っている町の人々や個人に焦点を当てることも可能だ。

スロースピットを収容した後も、財団は初期の困難に苦しんだ。町の仕組みがよく理解できていなかったのだ。現在でも正確な仕組みは分かっていない。スロースピットには秘密があり、その一部はかつてここに埋められた。

キャンプ最後の日々

By Ihp

スロースピットが財団の地図に乗る原因となった大虐殺が起こる前の、キャンプ・クラッコー最後の日々をお見せしよう。

サイト-87の素敵なベイクセール

By Ihp

1990年代、サイト-87は財政危機に直面した。文字通り富を喰らう生物がサイトの懐を襲ったのだ。解決策は思わぬ者からもたらされた。名をフランシス・ヴォイチェホフスキ。その男はウクレレの名手として財団に知られていた……

策略

By Djoric

2人の研究者は、ゾンビの大量発生が起こったらどうするかについて議論している。

マルチ-U 101

By Djoric

多元宇宙業務部門の本部はサイト-87にある。マルチ-Uのトップが少々おバカなこともあって、そのオリエンテーションは面白いものになることがある。

金曜日

By Djoric

サイト-87ではよくある日。賭け事が行われ、マルチ-Uの交渉が決裂し、人々はサイトの外での生活を思い描く。

SCP-001-D

By stormbreath

財団が最初に収容したSCPの1つが無力化された。その死骸はサイト-87に埋葬されている。可哀想なSCP-001。

執筆ガイド

ここまで読んできたあなたなら、きっとこんな質問をしたくなるでしょう……

実際のところ、S & Cプラスチックって何?

S & Cプラスチックとは、ウィスコンシン州にあり、スロースピットの名で呼ばれる普通が意味をなさない町の物語です。

S & Cプラスチックとは、自分たちは世界を守るには必要ないのかもしれないと気づいている人々が運営する財団サイトの物語です。

S & Cプラスチックとは、個性、良識、人間性、常識を無に帰す財団の力からどうにか逃れた、サイト-87の人々の物語です。

S & Cプラスチックとは、物語の本質と、物語が築き、破壊するものについての物語です。

もし財団が、自分たちが築いた壁を遅かれ早かれ取り払われなければならないかもしれないと気づいたらどうなるか。S & Cプラスチックとは、そんな世界の物語です。

それらを念頭に置けば、S & Cプラスチックでは様々な物語を書くことができます。恋愛小説、青春小説、ホラー小説、不条理な物語、とんでもないダジャレに行き着く物語…どれも既にカノンに存在するものばかりです。

このカノンは10年以上の歳月をかけて作られた作品です。執筆した誰もが新しい要素をもたらし、この奇妙で小さな町の行き着く先に影響を与えてきました。願わくば、立ち止まって、ほんの少しでも滞在していただけると幸いです。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。