極東地域の伝統的な決闘様式
rating: +44+x
blank.png

The Spinners伝承者

"スシブレード1" (伝承者たち),
SCP-1134-JP (看守たち),
鮨相撲, 鮨血闘.

概観

日本の伝統料理の一種、寿司を食事ではなく決闘に用いる独特な文化の存在は、約200年間にわたって歴史のヴェールに覆い隠されてきました。それは日本列島を中心とした極東地域における伝統儀式であり、非殺傷性の決闘の一形態です。食文化との注目すべき密接な関わり、多少の誘引性、神秘が未だその力を自儘に揮っていた時代の残り香。そして現代への復権 — これこそが最大の要点です。

イラストレーション

sushi.jpg

資料2を元に作成した一般的な寿司。画像資料としては十分なはずです34

知識

外観: 儀式に関連する専門知識や技能を受け継いでいるという点を除き、伝承者たちは基本的に一般人です。多くの伝承者は研鑽の副産物として高度な調理技術を有し、また寿司を神聖視しています。彼らは口伝と秘匿された資料、先達に師事することによる修練を経て技能を体得するようです5。儀式の自己伝達性による潜在的な習得人口の多さに対して、熟達した技能者は比較的少数です。

性質: 儀式の要点は料理どうしを戦わせる6という部分にあります。鮨相撲という古名が示す通り、この儀式は職人が技術の粋を凝らして作り上げた寿司に代理決闘を行わせるものです。このユニークな魔法の根本様式は解明されていませんが、原始共同体における豊穣祈願との関連が指摘されています。また、儀式に敗北した者が自らの料理を食すという形態は、古代の神前決闘における敗者、すなわち死者との魔術的合一を再現しているのかもしれません78

儀式のルールは典型的なsurvival生存勝利型で、決闘参加者の選出、代理人たる寿司の用意、戦闘を行う祭壇の構築の三段階によって準備されます。熟達した伝承者は寿司との意思疎通910が可能であるとされており、儀式理論は精霊魔法に類似しているようです。儀式中、寿司は回転しながら祭壇上で戦闘を行います。寿司の形状が完全に崩壊するか、祭壇から排除された時点で敗北が決定します。

寿司の性質や強度は製作者の技能、食材の加工法、製作時の魔術的な要素によって大きく変動するため固定化されていませんが、使用される食材による分類形式は存在します。ある情報によれば、一部の寿司は明確な自我11を有し、その忠誠を得るには使役者に一定の資格を要求するでしょう。

歴史と関連組織: 儀式の歴史はあまり研究されていません121314が、少なくとも1830年には儀式の基本的な形態は確立していました。現地の収集家たちの活動は実を結ばず15、儀式は職人たちの間で密かに伝承されていたようです。社会の近代化によって市民の生活水準が上昇するにつれ、儀式に携わるものも増えていきました。

最後のオカルト戦争が終結した後、急激な経済成長による食習慣の変化は、儀式に大きな変容を齎したと推測できます。調理技術の多様化が進み、全国で同じ形式の寿司が供されるようになりました。"非回転寿司イニシアチブ"16はこの時期に結成されたようです。彼らは急激な社会の変化に抵抗し、儀式の伝統様式と伝承者たちを保護しようとする互助集団でした。

イニシアチブが国内の伝承者を纏める一方で、対立勢力も存在しているようです。"ダーク寿司"と呼ばれるこの勢力は歴史が浅く、詳細も不明であることから、近く実地調査に赴く予定です。

接触: 現時点では接触は推奨されません。伝承者たちは排他的かつ職人気質であり、同時に優秀な決闘者です。彼らの文化は学術的に興味深いものですが、儀式がある種の神秘性を帯びている以上、部外者がいたずらに踏み入ることは良い結果を招かないでしょう。

また、Jailers看守たちが執拗に彼らを追跡していることも懸念事項です。捜索者との不慮の遭遇を避けるため、現地での活動の際は夕食を取る場所を限定するべきでしょう17

観察と物語

logo5.png

"我々の居館のほど近くに小住宅の集合した区画があり、これは長屋と呼ばれていた。住人はみな背が低く、痩せていた。6月の終わり、接遇所のズィーボルト氏に面会した帰り道、不注意から私はその区画に迷い込んだ。"

"何たる驚異! 私は生涯初めて、みずから回転する雑穀と生魚の塊を見た。それは紛れもなく食物であり、2つが打台の上で廻り、互いを打擲していた。人々は台を囲んで野次を飛ばし、垢に汚れた顔で笑い、闖入者のことを気にも留めないようであった。"

"東洋の神秘たるものは既に打ち払われたと考えていたが、これは大きな誤りであった。市下の貧民すらも未知である。調査員は増派されねばならぬ。熟慮されたし。"

光の神秘修道会18 アルテン・ラス修道士、1861年

TTT.png

"懐かしき時代、神前決闘は争議の解決手段であると同時に、私たち19にその主張の真贋を示す栄誉ある行為とされていました。多くのお客様から、現代でも決闘観戦を行いたいという声が寄せられています。しかしながら、多くの場合で決闘の最後には悲しい流血が生じることが私どもの悩みの種でした。"

"しかしそれも過去の話です! スシブレードは食と戦いが融合した平和的な決闘による感動と興奮のエンターテインメントです。トリートーン・ヘルシーズは深海直送の眷属たちと選りすぐりのブレーダーによる、まったく新しい決闘奉納サービスを提供します。近日中にケータリングにも対応予定! オンライン会員の皆様にはご自社殿への訪問決闘プランのご提供を……"

差出人不明の広告、2015年

"スシブレードを大会正式競技として追加する旨の要望については、組織委員会として検討を重ねた結果、追加に至る水準に達していないと結論せざるを得ず、この度の要望についてはこれを却下するとともに、今後の再要望にあたっては国際スポーツ種目としての競技人口のアジア圏への著しい偏り、女性競技人口の僅少さ、また食品、特に各種条約によって規制された食品を使用することへの倫理的問題等の指摘項目を是正することを求めるものである"202122

"これは捕食者人類である。類縁種族への加害は悪人類の兆候である。は捕食されてはならない。寿司のために鯉が害されることがあってはならない。我々は抗議しなければならない。"

雲居の鯉232425、現在

疑念

儀式についての調査を開始してから図書館時間で2年になりますが、私は未だにこの儀式の伝承者に出会ったことがありません。近代になるまで儀式はオカルト社会に発見すらされていませんでした。看守による情報統制を考慮しても、図書館にこれほど資料が少ないことは異常です。何らかの情報阻害媒体や神格などの上位存在の関与を示唆しているかもしれません。

注目すべき事象があります。先日、図書館にて再現用の寿司を料理していた際、私は奇妙な幻聴を経験しました。明らかに図書館外からの交信です。日本語に不慣れなため全貌を理解することは叶いませんでしたが、僅かに聞き取れる単語もありました。『トヨス』『ヤミ主人』『暗黒卿』『マスク・ザ・ドラゴン』……明らかに不穏な調子でした。今思い返せば、あの声は誰かに助けを求めていたのではないかと感じます。

彼の地で何かが起きているのは間違いありません。私は装備を整え、現地に向かいます。調査の結果はこちらに書き込まれるでしょう。日本語が理解でき、寿司文化に造詣の深い方はぜひ追記をお願い申し上げます26

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。