第三法則ハブ
PL_3Law_Logo_2.png

知識は力なり

カノンハブ » 第三法則ハブ
rating: +50+x

« ホーム | 初心者向け | 世界観構築 | 単品作品 | シリーズもの |
| ベストセレクション | 時系列順 | 投稿日順 | コレクション »

投稿する

基本的な点

  • このカノンで何かを書く前に、あなたの書きたいものが既存作品か構想された設定と矛盾しないことを確実にするためにあなたのアイデアについて他の投稿者に相談してください。私たちは、あなたができるだけ質の高い記事を作成できるよう、ブレインストーミング、下書き、編集のどの段階においても支援を提供します。初めて投稿される方は、投稿前に少なくとも2名の既存投稿者から許可(グリーンライト)を得る必要があります
    • 公式Discordサーバーを開設しました。質問、下書きの確認、投稿者とのチャットなど、お気軽にご利用ください。参加するには、この招待リンクをクリックしてください。
      • また、SCP Foundation公式サーバーや/r/SCPDeclassifiedサーバーにも何人かの投稿者がたむろしており、何か質問があればそのサーバーか、DMでメッセージを送ることができます。どの投稿者がいるかはその時々で異なるので、誰にメッセージを送るべきかわからない場合は、ただ尋ねれば誰かが教えてくれるでしょう。
    • 第三法則のIRCチャンネルはSynIRCの#Apotheosisですが、利用は非推奨です。しかし、ブレインストーミングのために投稿者と連絡を取るには、まだ使うことができます。
    • DiscordもIRCも使い慣れていない場合は、Wikidot PMをGreenWolfGreenWolfA Random DayA Random Day、若しくはTyGentlyTyGentlyに送信することもできます。返信にはお時間をいただく場合があります。
  • カノンの拡大のため、全作品を読むことは投稿するための必須条件ではなくなりました。しかし、設定に慣れるために、少なくとも複数のカノン作品は読んでおくべきです。このハブの残りの情報も十分に読んでください
    • ブレインストーミングや下書き批評において、他の投稿者があなたのテーマに関連する重要な記事を特定するのを手伝ってくれるでしょう。これらの記事は全て読むべきです。
  • 新しい第三法則の記事を投稿するときは、必ず次のことを行ってください。
    • このカノンの一部であるすべてのページは、パンくずナビを使えるようにするために、このハブページを親ページとして設定してください。
    • このカノンの一部である全てのページには、第三法則タグを付けてください。
    • 明確にこのカノンのために書かれた全ての記事(特にtaleとGOIフォーマット)は、第三法則のCSSテーマ(またはその亜種)を使うことが好ましいですが、これは絶対条件ではありません。これを行うには、記事の先頭に次のコードを追加します。サンドボックスでも動作しますよ!

[[include :scp-wiki:theme:3law]]


翻訳者向け日本語版コード

[[module CSS]]
@import url(http://scp-jp.wikidot.com/theme:3law/code/1);
[[/module]]


私たちが望むもの

第三法則はほとんどのカノンより広い領域を扱っており、カノン全体を貫く物語や定まった設定はありません。代わりに、第三法則は単一の連続性、共通するトーン、および一連の繰り返されるテーマによって定義されます。結果として、これらの基準に合うほとんどすべての物語がこのカノンに含まれる資格を持ちます。

連続性

第三法則の"連続性"は大規模で、その全体像はここで説明するには長すぎるでしょうが、"連続性"の基礎を形作っている世界観構築の基本原則は以下に示しておきます。記事がここにリストされた点と相反するならば、それは第三法則と根本的に相容れません。

  • 森羅万象は最終的には理解可能である。 従来の物理学の理解に反するものはたくさんありますが、宇宙は根本的に秩序だった論理的なものであり、時間と努力があれば、すべての異常現象は最終的に理解されるでしょう。たとえ従来の物理学から離れたままであっても、多くの異常現象のための理論的な体系を生み出すことに成功した超常科学 — 奇跡論、形而上学、サイオニクスなど… — の分野でこれは最も明白です。これは通常よりも楽観的な財団世界の見方であり、それは悲観的な作風をとる作品 — たいていはコズミックホラーとして分類される作品 — は第三法則と両立しない可能性が高いことを意味します。
  • パラテックはありふれたものである。 これは先の点から自然に導き出せる結論でしょう。厳格な超常科学は超常技術の広範な開発を可能にし、ヴェールの両側で広く使用されています。多くの消費生活用製品には、性質上超常的であるか超常現象から得られた技術が用いられていますが、この事実はごくわずかだけにしか知られていないかもしれません。拡大する異常な世界では、財団のような正常性維持機関は、潜在的にイデオロギー上の疑念があるにもかかわらず、ヴェールを支えるためにパラテックにますます依存するようになっています。
  • ヴェールは存在するが弱体化しつつある。 超常科学の全分野を含む異常の存在は、ヴェールとして知られている取り組みにおいて、正常性維持機関と国家政府によって世界の大部分から隠されています。これは主に異常現象に関する情報の抑制という形を取りますが、財団のような機関は異常な物体を収容することを試みるという積極的な役割を果たすかもしれません。ヴェールは絶対的なものではありません — 仮に問い詰められたとしたら、ごく一部の人々は上記の存在を認めますが、ほとんどの人も科学では説明できないことの存在について少なくとも曖昧な認識を持っています。実際、ヴェールの向こう側には都市やコミュニティーが存在し、異常の存在とそれを隠蔽しようとする取り組みを知っている人々によって完全に占められています。20世紀半ば — 第七次オカルト大戦の直後 — になると勢いがピークを迎えます。ヴェールは、正常性維持機関の最善の努力にもかかわらず、冷戦の終結以来着実に悪化しています。
  • 正常性は合意によって定義される。 異常現象は宇宙から切り離せない部分であり、ヴェールを支える人々の合意によってのみ”異常"と見なされます。入念に理解されている多くの超常科学の分野はヴェールの背後に隠蔽されていますが、多くの不思議な現象は従来の科学によって公に立証されています。何が異常で、何が異常ではないかという決定は、大抵科学よりも政治に大きく影響されます。
  • 人工知能は非常に希少である。 機械奇跡術の実現可能な発展によってもたらされる極端な潜在的危険性のために、汎用人工知能に関する全ての研究は正常性維持機関によって厳しく制限されています。2020年現在、存在する汎用人工知能は、GOCの珪のノルニル、財団のSCP-2897、そして少数の収容されていないバーディーンの派生物だけです。
  • 天国はない。 "魂"と見なすことができる様々な実証済みの観測可能な現象があり、意識が死後も身体から独立して持続することは可能ですが、意識が停止してしまえば終わりです。もし来世があったとしても、誰もまだそれを見つけていません。

トーン

第三法則は、アーバンファンタジー世界におけるサイエンスフィクションであり、その組み合わせは独特のトーンを生み出すと言われています。世界は幻想的な驚異と恐怖に満ちていますが、人間の工夫と能力を通して、それらは最終的に理解され、さらには活かすことさえできます。はい、怪物や悪魔、さらには"外側"からの困った存在がいますが、人間はそれらと戦うことができ、そして戦うことになります。したがって、カノンの全体的なトーンを表すのは、恐ろしく広大で未知の宇宙に直面したときのくよくよしない不屈さです。

これは定量的に表すのが少し難しいので、箇条書きにはしません。ごめんなさい。

テーマ

第三法則のトーンが科学的楽観主義であるならば、テーマは科学的帰結です。第三法則の物語や記事は、世界全体への超常科学の影響 — 直接的かつ間接的な — について検討してみるべきです。これはパラテックのプロジェクトの技術的な文書から異常な飛び地でのとある1日の話まで多岐に及びます。もう1つの可能性のある方法は、さまざまな超常科学の体系を論理的帰結に導き、体系のエッジケースを調べるか、あるいは異なる超常現象がどのように相互作用するか確かめることです。

いくつかの具体的な点:

  • 知は力なり。 これは私達がそれをカノン全体のサブタイトルにしたほど重要であり、そしてそれは作中世界におけるプロメテウス研究所と財団解析部門双方のモットーです。財団世界のすべての組織は究極的に独自の知識 — 異常なこと、お互いのこと、全てのことについて — を増やすために働いています — なぜなら、知識は時に文字通り世界を変える力を与えるからです。
  • 作用は結果をもたらす。 それは通常、意図した結果ではありません。個々の作用による長期間にわたる影響は数多くあり、予測は出来ないのです。 異様な物事がたくさん起こっていますが、それらは全て常に一貫した挙動を取ります。なぜならどれほど奇妙な異常であってもその根底には論理が存在するからです。そして、最善を意図したことでさえもひどく厄介なことになる可能性があります。これを覚えておいてください。
  • 魔法は科学のもう1つの形態である。 これは先の「森羅万象は理解可能である」に直結しています。あなたはこの論理を明らかにする必要はありませんが、それが何であるかを知っておくべきです。
  • 技術は力を増幅させる。 本質的に良いまたは悪い技術はありませんが、良い状況をさらに良化し、悪い状況をさらに悪化させる可能性があります。どこにパラテックがあっても、使っている人の目的が良かろうが悪かろうが達成するために使われるでしょう。
  • 人間は愚かである。 上記に結びついて、技術は悪くないかもしれませんが、人間はすぐにそれの最悪の使用法を見つける傾向があります。人間の創意工夫は私たちが自由に使うことができる最も強力な道具であり、そしてそれはしばしば他人に向けて用いられることになります。ほとんどの争いは人間の動機と行動によって引き起こされるのであり、その背景となる問題と無関係ではあり得ません。

« 投稿する | 連続性 | 歴史 | 年表 | 用語集 | 団体 | 領域 | 人物 »

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。