三杯のヘネケト、三棟の地下室、三編の原稿
rating: +29+x
blank.png
three-glasses-of-hnkt
酒は同じでも、呑む者は変わる

『激動するカイロ - サハラ戦争を振り返る』
第四章『三杯のヘネケト - カイロ市街における変遷の一幕』より抜粋
著:karkaroff パラウォッチジャーナル専属ライター

2019年 5月14日 カイロ マタリア コスタ・コーヒー karkaroff パラウォッチジャーナル専属ライター

ヘリオポリスで開催されたトリスメギストス・トランスレーション&トランスポーテーション社のロードマップ説明会で取材を終えた帰り途、私は近場にあったカフェに寄ることにした。簡単なディナーを取るには悪くない時間だ。注文を取りに来たムスリム風の店主が、私に声をかける。

「この辺じゃ見かけない顔だな。お客さん、どこから?」
『ロシアの奥地からだ。この辺りは旅行客は少ないのか』
「ギリシアとかイタリアからは沢山来るがね、北の方は珍しいんだ」

煌々と照りながらガラス窓の向こうへと沈んでゆく熱帯の夕日を眺めながら、注文メニューを開く。明日にはエジプトを発ってすぐにモスクワまで戻らなければならない。20年前までなら重労働であったろうが、今ならどうということはないごく一般的な旅程だ。

『私はいろいろな国を渡り歩く記者だが、エジプトは初めてなんだ。この店ならではの食事は何かないか?この地域の食事でもいい』
「それなら、ヘネケトとパンが良い。お客さんは酒は飲めるだろう?』
『ヘネケト?』
「古代エジプトのビールだ。ピラミッドはビールで作られた、って話は聞いたことがあるかい」
『成程、意味がわかった。それは丁度いい。ぜひ頼みたい』
「ああ、きっと記事のネタにもなるだろう」

エジプトはイスラム圏の国家であり、国民の多くは禁酒を是とするムスリムである。しかし古くから古代遺産を活用した観光業で栄えていた国でもあるから、このように大抵の店で酒は飲むことができる。加えて、近年では古代から蘇った神々の系譜の住人も一気に増えてきているので、大方、それらの新たな人種に向けた定番メニューなのだろう。ついさっきまで様々な企業の代表者から質問攻めにあっていたTtt社の重役も、そのような新人種の一人であった。

《当社はエジプト・アラブ共和国政府と今後も提携を継続し、多様な身体構造を有する伝承部族の顧客の皆様に対し、最適化されたマニュアルサービスを提供致します…》

グローバルスタイルのビジネススーツを着こなし、精巧に締めたネクタイの上から伸びるクロトキの長い首と嘴を擡げて会場全体の参加者を見渡しながら、演説を続けていた男。副社長のトートを名乗る伝承部族の声明が、いま私の抱えている鞄の中にタイプライターの印字として仕舞い込まれている。ヴェール崩壊から20年が経つ現在、エジプトは世界でも有数の伝承部族先進国家として世界に名を馳せているのだ。

「ヘネケトだ。由緒正しい方法で作ってある。それと、同じく古代から続くパンと魚、それにサラダ。ゆっくりと召し上がってくれ」
『ありがとう』

白身魚の塩漬けと、玉ねぎやレタスのサラダを皿に盛る先程のムスリム男性に対し、私は礼を述べたのちに、話を続ける。

『ヴェールが無くなってから多くのエジプト系伝承部族が世に出てきて、こうして彼らに向けた食事も並ぶようになったと聞いているが、貴方はエジプト神話を信仰しているのか?』
「いや。俺は変わらずアッラーと共に在る。かの方は我々によって偶像化されることをお望みにならず、故に我々の前に姿をお見せになることもないだけだ」
『何か、お互いに気を配っていることなどは無いのか?失礼な話だったら済まない、私は宗教の話には疎くてね』
「心の拠り所が違えど、見えている世界が同じであれば、特別に気を遣う必要のある相手でもない。同じこの国の住人だ。ムバーラク前大統領や、アフガンの同胞らもそう述べている」
『成程』

ヴェール崩壊直前まで多発していたイスラム過激派テロ事件の数々を思えば、随分と丸くなったものである。当時の過激派の先端を走っていたアル・カフタニ氏は、ポーランドが"神格実体"と呼ばれる存在に破壊された事件によって自身の軌道修正を迫られ、過激派組織を脱退して境界線イニシアチブに転向したという。世界の変容は宗教観も容易に変えうるものなのだろう。

『では』

私はジョッキに注がれていた古代の酒に手を伸ばし、呷る。ホップを使っていない、どちらかというと白ワインに近い味わいだ。パンは大麦を素材とした大きく分厚いもので、固く焼き上げられていた。酒を飲みながらボラの塩漬けを口に運び、瑞々しい野菜に添えられたニンニクのスライスを併せると、古代王朝の元で開かれる収穫祭の賑やかな様相が不思議と脳裏に浮かんできた。店の男が言う通り、確かにピラミッドを作っていた労働者の活力の源として最適のメニューだったのだろうと感じた。この食事があれば、良い夢を見て眠り、一日を締めくくることもできるだろう。

「伝承部族たちはこのビールと食事を今でも好んでいる。昔の生き方を続けてきていたから、我々も彼らのやり方に倣っているんだ」
『これは良いものだ。ここで食事ができたことを嬉しく思うよ。もし良かったら、今度の記事にも使わせて頂けないか』
「むしろこっちからお願いしたいくらいだった、是非とも使ってくれ。そうだ、お客さんは普段はどんな記事を書いているんだい」
『今のように世界各国の探訪レポートをやることもあるが、どちらかというとミステリーを追求する話のほうが多い。あとは軍事ルポルタージュか』
「へえ、それならこの店にはもう一つ良いものがある。地下を見ていかないか」
『地下?』
「この店、実はここに開いたのは2002年なんだが、それより前には国際的なテロ組織のフロント店としてこのテナントが使われていたらしいんだ。だから地下には広い秘密基地がある。今はもぬけの殻だがな」

店主の急な申し出を受けた私は一瞬戸惑ったが、せっかくの機会であるから申し出に乗ることにした。記事の種が増えるぶんには悪い話ではない。私は僅かな酔いを隠しながら男とともに地下へと降り、シックな店の内装とはかけ離れたむき出しの煉瓦の壁の中央にあるドアを見つめた。

「ここに居た軍事組織には一つ、逸話があるんだ」

店主はそう言いながら軋む音を立てるドアを開いた。鍵はなかった。その先には暗闇に覆われたがらんどうの空間があった。懐中電灯で照らす先には無造作に床板が張られている程度で、かつてのテロ組織の様相を想起するのは難しそうだ。

「ヴェール崩壊の前後まで、ここにはカオス・インサージェンシーの尖兵が駐屯していた。ある日に突然やってきた老人が彼らを連れて中東の奥地へ行って、そこからアメリカに飛んでいったって噂だ」
『アメリカというと、マンハッタンか』
「時期的にはそうだろうな。結局彼らは次元崩落テロ事件のあとFBIに捕まって身元を調べられた。だが不思議なことに、FBIは老人の身元を公表しなかった。代わりにFBIは老人に関するある情報を公開した」
『それは』
「老人は未来から時間を遡ってきた存在であると確認された、とな」

この場所でその話題が出るとは予想していなかった。

『なんと、その話は知っている。その男はFBIが情報を公開した直後に留置所から何者かの手引で脱走し、今でも発見されていないと聞いた。彼がここに来ていたことがあったとは』
「不思議だよな。本当なら9.11の主犯格の脱走としてすぐ全世界に指名手配するような人間なのに、未だに名前すら公開されてないとはな。この地下室は老人がインサージェンシーと初めて接触した場所だってことでうまいこと保存してもらえないか相談しようとも思ったが、どうもこの老人の話は世間的にはタブーらしいので尻込みしてる」

成程、面白い話を聞くことができた気がする。私が寄稿している雑誌は世界に真実の目を向けることを信条とし、読者もこのような未解決事件の手がかりとなる話題には強く食いつくだろう。この店で食事をする機会があったのは幸運だった。私は今回の出来事を近いうちに記事にすることを店の男と約束し、ヘネケトの心地よい酩酊に足を任せながら、日の沈みきった夜のカイロ市街へと戻っていった。

結論から先に述べると、私はこの店主に完成した記事を見せることはできなかった。ジャーナルとしての出版直前に、マタリアのカフェがあったカイロ、それどころかエジプト全土を含むアフリカ大陸の全てに至るまでが、二大陸正常回帰によって無へ帰したからである。世界中を飛び回っていた私と異なり、彼が事件当日にエジプトを出国していた可能性は極めて低いと言わざるを得ない。惜しい男であった。私は彼にこの記事を捧げるものとする。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。