皮膚の下
評価: +19+x
blank.png

"人"々は自慢の皮膚で身を固めている。

彼ら、いや、ソレらは、見かけ上、人間のフリをしている。しかし、その正体は名状し難き生命体だ。人型に化ける黒いスライム、骨肉をかじり、皮膚に潜り込む無貌のモンスター、美味しい脳髄を啜り、彼らの思考、享楽、嗜欲を乗っ取るワーム、等々。

そして、まだ感染していない、本物の人間達は、怪物との肉欲に溺れるか、ソレらに蹂躙されるか、はたまた……恐れ慄きながら、ソレらと付き合っている。

このような世界は、果たして煉獄か、それとも極楽なのか?






断章・引

彼方では、歴史の断片が衝突を繰り返していた。

世界線が絡み合う末に、誰の物にも属さない、哀しい物語が形作られる。

cyc.png

其一 破灭

其二 归墟

其三 纪行



正伝

自己懐疑、自己否定、自己破滅。どれも、終わりの訪れをわずかに引き伸ばしたに過ぎない。

断魂

手偶记事

与你同乐

拷问

起生回死

无血大戮



外伝

世界の闇に隠された瞬間を暴き出す。

桥段六则







増補設定集

財団の、異世界の、片隅の。より多くの場所にある、より多くの物語。

圣诞快乐 by SharethesilenceSharethesilence

舟山异虫纪实 第一页 by OgaArklinOgaArklin

衣服 by Cloud bearCloud bear

俯瞰风景 by Franz IsmalFranz Ismal

共眠 by SharethesilenceSharethesilence




特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。