誰も知らないお伽話
rating: +25+x
blank.png
himawari

目が覚める。

 よくわからないけれど、どうやらここには誰もいなくなったみたいだ。少女はまだ少しぼんやりとする頭で、彼女が今置かれている状況について、考えはじめました。

 彼女は、自分が長い間眠っていたことを思い出しました。それなのになぜだろう? 私の周りにはベッドもない、建物もない。その代わりを彼女の背中で果たしているのは、あたり一面に咲いた花たち。

「ごめんなさい」

 彼女はひまわりに謝って立ち上がります。寝転がっていたせいで、ひまわりたちは茎が折れてしまっている。申し訳なさそうにした後少し考えて、それから、彼女は控えめに呪文を唱えました。

 ビビデ・バビデ・ブー、なんて。子供騙し  今回は文字通りの意味で  なフレーズの詠唱で、ひまわりはたちまちその姿を取り戻しました。にこり、笑顔を一つ。大人の嘘を信じ込み、自分を小さな魔女と定義する現実改変者は、それに安心した笑みを浮かべます。

 ……さて、ひまわりを立ち直らせたはいいが、その次は何をすればいいのかしら。それがわからない彼女は、改めて辺りを探索することとしました。近くにはひまわりしか見えないけど、遠くには何かがみえます。建物でしょうか?そこまで詳しいことは、ひまわりよりも背が低い彼女にはわりません。でも、どうやらこの辺りには何もないらしいということはわかりました。誰もいないらしい、ということも。

 とくん、と。孤独を知ったことによる寂しさに、少女の小さい心臓が、少し跳ねます。誰かいないの? その言葉を胸に、彼女は自分の背丈ほどもある向日葵畑を、まっすぐ走り始めました。ひまわり、向日葵、瓦礫、ひまわり。その先、見えた建物のようなものに向かって、姿勢低く、駆け抜けて、そしてとうとう、少女はひまわりを抜けます。

ああ、そして、何もない。



 黄色い花弁に隠されていた視界が開けて、見通しが良くなって、それで。地平線まで続いているのは、また別の種類の、色とりどりの花畑でした。

 彼女は知らなかったのです。彼女が眠っている間に、世界では終末論が予言され、そしてそれはその通りに起きて、全てが滅んだことを。彼女を仕舞い込んでいた財団は、それを止めようとしなかったことを。

 そして彼女は、その場に倒れこみました。その孤独感は、8歳の少女にはあまりにも重すぎたのだろう。そう、だから  彼女が自らの"お伽話"に縋るのを、誰が責められるでしょう?

「鳥さん」その一言で空想は現実になり、彼女の側には空色の鳥が弾けて飛び回ります。

 元々、花畑の風景は幻想的になっていた。それを彼女は付け足すだけでいい。

「ひつじさん」そう願うだけで、彼女は生きた羊毛に横たわることができます。

 さながら、背景が書き上がったキャンパスに、小物を付け足す作業。

「もう嫌だから  」彼女は、そう願うだけでいいのです。

 現在を、現実を、真実を。生きることを怖がった彼女は、都合のいい嘘をただ信じている。何故自分の幻想が現実に漂っているかに疑問を抱くことも、ない。だから  


  ぜんぶ忘れて、ねむりたい。


「……?」

 世界が終わった、その後。再興の機械から生み落とされた"手順ラザルス-01"を遂行する機動部隊は、そのオブジェクトの回収を行うとき、少しだけ戸惑った。そのオブジェクトは能動的に周囲の現実を強く歪める、極めて危険な現実改変者であると"筐体"は記録していたし、そのために対策の装備も用意して人数を揃えた。

 しかし、そこにあったのは。晴れ渡り虹のかかった空を飛び回る青い鳥や、風に吹かれて優しく揺れる花などの、おとぎばなしのような光景。


 そして、その中心で無防備に横たわる少女だった。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。