悪夢の淵からの目覚め
rating: +15+x
blank.png

Fo█n☒ati☒☒ Coll█cti̻̻☒e
維持され██る顑

foundation_collective_lost_logo.jpg

"[ここに莉企?ア縺ョ讓呵ェを入れる]"

クローラー: SCP BOT | クエリー: 何が起きているの? | サーチ: mielily
オプションフィルタ | 繧「繝ウ繝: ここはどこ? | 検索範囲: 制限中


……まだ誰か残っているの? とっくに全員が退去したはずなのに。



warningbot.jpg

WARNINGbot@SCP

警告: 当領域に存在する全てのFC構成員は、直ちに緊急リンクを経由してエリア外の避難所へと退避してください! 当領域はホストによって強制実行された特別プロトコル(3ρλ)に従い、数時間以内に完全な孤立地帯へと置き換えられます!

これは緊急事態が発生した場合に、領域内の全オネイロイへ自動で警告するよう設計されたbotです。

Upvote Reply +0 20☒☒/☒9/☒9 00:05am



wwwarninggbotttttttttttttttttt.jpg

WARNINGbot@SCP

通告: 当領域に存在する全てのFC構成員は直ちに███████退避してください! 当領域はホストによって強制実行された特別プロトコル(3ρλ)に従い、数時間以内に完全な絖ょ??医遣へと置き換えられます!

現在、複数箇所で悪夢集団による侵攻が確認されています! 当該存在群を発見した場合でも、個々で対応せずに避難を優先してください! 当該存在群との干渉は、閻先風縺ィ蛻?屬繧貞シ輔″襍キ縺薙☆蜿ッ閭ス諤ァ縺瑚??∴繧峨l縺セ縺呻シ

これは邱頑?・莠区?縺檎匱逕溘@縺溷?エ蜷に、領域内の全オネイロイへ自動で警告するよう設計されたbotでした。

Upvote Reply -999999999 20☒☒/☒9/☒9 01:26am



pleasesaveus.png

BURNINGbot@SCP

戒告: 当領域に存在する全ての夢界実体群は、直ちに私たちを満たす哀しみの坩堝を共有しましょう。当領域はホストによって祝福されており、数時間以内に完全な一つの意識として蕩けるような病むことのない日々が訪れることでしょう。

これは貴方たちの哀しみを癒すための奇跡に他なりません。

Upvote Reply ±XRR 20☒☒/☒9/☒9 04:44am


何をしているの、アレに意識を向けては──そんな、ああ、神様……。



検索履歴: "繝翫う繝医Γ繧「繝サ繧ウ繝ャ繧ッ繝?ぅ繝"と関連するページが☒件ヒットしました

悲劇の幕は未だ下りず (████.psy)
Submitted 5 hours ago by titania to scplan.net<||


悪夢は哀しむ暇すら与えてくれない (███████.psy)
Submitted 1 day ago by knightmare to seepoorcool.com<||


FCネットワーク内で原因不明の昏睡・錯睡眠事案発生 (██████.brain)
Submitted 3 days ago by saver to aaaaaaaaaaaa<||


関連ページの更なる検索に失敗しました。
設置されたbotが最新版ではないか、検索範囲が制限されている可能性があります。


アレは無視して。でも貴方、どうして、どうやってここに……? 何も覚えていないの?


この項目は未完成です。担当者は正確な情報を記載してください。
この項目は部分的に破損しています。担当者は修復を実施してください。

謨第ク郁は、20☒☒/☒9/☒6にFCネットワーク内で突如形成されたblack.gifナイトメア・コレクティブです。この悪夢集団は、現実で生じた大規模かつ多発的な収容違反事案と併発する形で出現したと確認されています。その出自及び構造については、多数の財団職員のニューロン・ネットワークへと瞬時的に累積・齎された"死への恐怖"、"悲愴感"、"不安感"等の心理学的フレームシフトによって結びつけられた集合的無意識であるとする説が有力視されています(なお、何らかの現実性アノマリーの影響によって、余剰次元より喚起された異常な精神構造体とする説も挙げられていますが、現時点においてはその可能性は限りなく低いだろうと判断できます)。

当該集団は、他の悪夢集団と同様に都市・植民地等の州を保有せず、自身の所在地となるホスト及びその精神構造群のみに限定的ながらも多大な被害を及ぼします。その行動原理・目的は不鮮明であるか、破綻を来たしていると推定されています。その内包する性質により、単一のホスト内部のあらゆる存在を自身と共有化/同化するまでの間は他の潜在意識下への移動を行いません。この侵攻の際は、夢界実体群を優先的に攻撃対象とし、自身と概ね同性質を有する悪夢集団・精神構造体へと造り変えます。これら影響は、多くの場合がホスト潜在意識内にアーカイブされたデータファイル破損や画像・文章改竄という視覚的情報として明確に反映されます。

上述したように、オネイロイ/シャドウに対する干渉の優先度は低く、夢界実体群へと意識が向けられている限りは、容易に逃走が可能です。それに加え、侵攻速度は非常に緩慢であり、ホストが健在であれば完全な同化完了までに12~24時間以上を要します。更に、その拡散・集団性にも関わらず、単一領域に留まり続ける性質のためにFCネットワーク全体の影響で見れば極軽微な被害に抑えられます。しかしながら、当該悪夢集団と同化したオネイロイ/シャドウの帰還は、未だ確認されていません。更に、潜在意識下への侵攻を受けたホストは最終的に、哲学的/精神的ゾンビと化し得ることがFC対応チームによって観測されました。

私たちは哀しみに暮れる友人を救済することを目的としていますが、いずれも指向性を内包した一団です。新たなる友人と連れ立って歩くその姿は、まるでカルガモの親子のようですね。実に可愛いです。蜉ゥ縺代※髮「縺励※どうか抗わないで、共に行きましょう。嘆きの日は、もう3日も前に終わったのですから。

nightmare_collective.jpg

ナイトメア・コレクティブ: 謨第ク郁

現在地:
FC第██管轄領域/mielily

使用言語:
曖昧な囁き声
誘惑と脅迫

集団構成:
89.9% 歪められたノンコン
10.0% 付随する犠牲者
0.1% 遭難者

現実性:
強要する善意/不要な慰め

活動期間:
必要性を誤解し続ける限り

生還者の有無:
None

救済機能:
Valid


Last Edited ██:██AM FC by mielily


[VIEW EDITS] [HISTORY] [COMMENTS(9999)]




いい? よく聞いて。何も考えず、黙って私について来て。お願い。



通知: ローカルアーカイブ内より、2件の破損したファイルがサルベージされました。

通信ログ: 20☒☒☒9☒9-0☒

☒: ☒、閧峨?讙サは失敗よ。Dクラスのシャドウが腐敗させられた。そっちへの影響は?

☒: 現行での消耗はDクラスだけだ。現実や領域外のネットワークに被害は確認されていない。

☒: 検疫機能は問題なさそうね。一先ず、現実側のバックアップ人員の要請も必要ない。

☒: 君も離脱しろ。そこも数分以内に溶け落ちかねない。すぐに新たな檻を用意する。

☒: 縺昴≧縺励◆縺?¢繧後←縲√←縺?d繧臥┌逅?◎縺

☒: どういうことだ? ☒? 妙だ、通信も安定していない。

☒: 作戦中、私の領域も侵攻されたみたいね。運が悪いわ。

☒: 最悪なタイミングで蜷梧凾縺ォ謇九r蜃コ縺励◆險倬鹸縺ェ繧薙※してきたか。

☒: 縺ァ繧ゅ?√%繧後?螂ス驛ス蜷医h

☒: まさか、自分自身で閧峨?讙サを実行するつもりか? だが、洗浄さえ受ければ──

☒: 洗浄手法の確立を待っていれば、私の領域は確実に落ちる。

☒: それについては、否定も肯定も出来ない。

☒: だからこそ、私が讙サになり、洗浄手法が確立されるまで維持するわ。許可を。

☒: いいだろう、許可する。何か險?縺」縺ヲ縺翫″縺溘>ことはあるか?

☒: 縺ゅ?蟄舌?縺薙→をお願い。

☒: ☒、幸運を。

☒: ありがとう。


何を見ているの? 今はそんな暇ないのよ。いい? もうすぐ出られるから。


当文章は下書き版のままです。担当者は最新版を作成/保存してください。

閧峨?讙サ

概要: 当プロトコル(3ρλ)は、夢界におけるアノマリー/エルドリッチ存在の継続的な隔離を目的に立案されました。

その手法を簡易的に説明するならば、1人のホストの潜在意識下を収容室として活用するとでも言えるでしょう。つまりは、異常存在が現時点で所在するホストの潜在意識下と、周囲のオネイロイ・ネットワークとの接続を意図的に分断し、人工的孤立地帯を生成することで、ホストの肉体的寿命が継続する限り異常存在を隔離・収容するというものです。

無論、このプロトコルは異常存在が避難所や中継所と同様の作用を有する支配領域を保有しておらず、単一での行動を主とする活動性を示す際にのみ有効です。更に、収容室となったホストの潜在意識下へと齎される悪影響の存在は明白であり、適用時はDクラス職員からの選定が適切です。それに加え、多くのホストは睡眠随伴症状や夢遊病の症状を示すことから、より適切な肉体の維持/保存方法の選択も適宜必要となります。

それに加え、ホストの死亡時に発生するであろう、収容存在の消失・無力化についても考慮する必要があり[続きを書く]

[ホスト/Dクラス職員の肉体隔離について]

[研究のための一時的接続手法について]


[[image Lets_go_together]]


友人たちは、貴方たちも共に救われるべきだと考えているようです。私たちは拒みません。逃げないで。共に生きましょう。


もうこんなところまで……。だけど、この子だけは絶対に。



何故、拒むのですか? 私たちは哀しむ友人を助けたいだけなのに。
root_shift.jpg

▶ ホスト権限による経路切り替え処理が実施されました。自己保持をバックグラウンドで実行中です。


さあ、これでアレも暫くは追って来ない。だから、行きなさい。もう起きる時間よ。

先生、脳波に反応が! 私のことは、気にしなくていい。私にはやるべきことがあるのだから。 処置を急げ!

でも、私が望まずとも、貴方はまたきっと、私たちのコレクティブを訪れるのでしょうね。そして、もしかしたら、正式なメンバーとして迎え入れられるのかもしれない。 意識が戻って来たぞ! 続けろ! 本当にありえないことだけど、その時まで私が生き残っていれば、貴方はまたここを訪れて私を救い出そうとするかもしれない。哀しいけれど、私にはそれを止められない。

嗚呼、今日の出来事は私にとっても、貴方にとっても決して良い結末ではなかったし、貴方が私たちと同じ性質を得たことも素直に喜べそうにない。だけれど、こんな形でも、最後に会えて良かった。やったぞ! 患者が気が付いた! 潜在意識内にも異常はない、ああ さようなら。貴方のことを──

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。