堂守連盟ハブ
@import url(https://scp-wiki.wikidot.com/theme:shattered-thoughts/code/1);
/*
    Words of Wisdom theme
    [2021 Wikidot Theme]
    Created by Cole 13
    CC BY-SA 3.0
*/
 
@import url('https://fonts.googleapis.com/css2?family=Mate+SC&display=swap');
 
#header-extra-div-1{  
    animation-name: floating;
    animation-duration: 3s;
    animation-iteration-count: infinite;
    animation-timing-function: ease-in-out;
    margin-left: 10px;
    margin-top: 5px;
    pointer-events: none;
}
 
@keyframes floating {
    from { transform: translate(0,  0px); }
    65%  { transform: translate(0, 15px); }
    to   { transform: translate(0, -0px); }    
}
 
/* -=- HEADER -=- */
 
#header {
    background-image: none;
    padding-bottom: 1.860rem;
}
 
#header h1 a::before {
    display: inline-block;
    width: 100%;
    text-align: center;
    content: "The Wandsmen";
    color: #ffffff;
    font-family: 'Mate SC', serif;
    font-size: 2.3rem;
    text-shadow: 0rem 0rem 0.3125rem #000000;
    position: absolute;
    left: 50%;
    transform: translateX(-50%);
    top: 0;
    padding-top: 56px;
}
 
#header h2::before {
    content: "";
}
#header #header-extra-div-1 {
    background: url(https://scp-wiki.wikidot.com/local--files/theme:words-of-wisdom/WANDPNG%20.png) center top no-repeat;
    background-size :195px;
    height: 195px;
}
@media (prefers-reduced-motion) {
    #header-extra-div-1 {
        animation: none;
    }
}
/* -=- HEADER BACKGROUND -=- */
 
div#container-wrap {
    background: url(https://scp-wiki.wikidot.com/local--files/theme:words-of-wisdom/MRSTAR23.webp) top left repeat-x;
    background-size: 100%;
}
 
/* -=- LINKS -=- */
 
a, a.newpage {
    color: #D196eb;
}
 
a:visited {
    color: #D196eb;
}
 
/* -=- BLOCKQUOTE -=- */
 
div.blockquote,
blockquote {
    background: rgba(38, 0, 95, 0.5);
    border: 0.125rem dotted #624693;
}
 
/* -=- OWINDOWS -=- */
 
/* This simply changed the karma bar colors in that user info pop-up menu. No functional purpose besides it looks neat, really. */
img[src*="userkarma.php"] {
    filter: hue-rotate(-0.39turn);
}
 
.owindow ::selection {
    background: #9477c7;
}
 
/* -=- RATING MODULE -=- */
 
.page-rate-widget-box .rate-points,
.page-rate-widget-box > *,
.rate-box-with-credit-button {
    background-color: #533a7f !important;
}
 
.page-rate-widget-box .rateup a:hover,
.page-rate-widget-box .ratedown a:hover,
.page-rate-widget-box .cancel a:hover {
    background: #533a7f;
}
 
/* -=- SEARCH BAR -=- */
 
#search-top-box-input,
#search-top-box-input:hover,
#search-top-box-input:focus {
    background-color: #825ec0;
}
 
#search-top-box-form input[type=submit],
#search-top-box-form input[type=submit]:hover,
#search-top-box-form input[type=submit]:focus {
    background-color: #825ec0;
}
#search-top-box-form input[type=submit] {
    background-color: #825ec0;
}
 
/* -=- TOP BAR -=- */
 
#top-bar {
    background: linear-gradient(to right, transparent 50%, #6b5295 75%, transparent 100%);
}
 
#top-bar ul li a {
    color: #FFFFFF;
}
 
#top-bar ul li:hover a,
#top-bar ul li:hover ul li a {
    background: #9477c7;
    border: none;
    color: #ffffff;
}
 
#top-bar ul li:hover a:hover {
    background: #7853b8;
    color: #e6e6e6;
}
 
#top-bar ul li ul {
    border: none;
}
#top-bar .open-menu a {
    background-color: #7853b8;
    border-color: none;
    color: #FFFFFF;
}
 
/* -=- SIDEBAR -=- */
 
#side-bar .heading {
     font-family: 'Mate SC', serif;
}
 
#side-bar div.menu-item img {
    display: none;
}
 
#side-bar div.side-block,
#side-bar .side-block.media,
#side-bar .side-block.resources {
    padding-left: 0.8125rem;
}
 
#side-bar a,
#side-bar a:visited {
    color: #D196eb;
}
 
/* -=- TABBERS -=- */
 
.yui-navset .yui-nav .selected a,
.yui-navset .yui-nav .selected a:focus,
.yui-navset .yui-nav .selected a:hover {
    background-color: rgba(38, 0, 95, 0.5);
}
 
.yui-navset .yui-nav a,
.yui-navset .yui-nav a:hover,
.yui-navset .yui-nav a:focus {
    background-color: #825ec0;
    background-image: none;
    border: none;
    color: #ffffff;
}
 
.yui-navset .yui-content {
    background:rgba(38, 0, 95, 0.5);
    border: 0.125rem dotted #624693;
}
 
/* -=- USER INFO -=- */
 
#login-status,
#login-status a {
    color: #EDBAF5;
}
 
#account-options ul {
    background-color: #825ec0;
}
 
/* -=- TABLES -=- */
 
table.wiki-content-table td {
    border: 0.0625rem solid #000000;
}
 
table.wiki-content-table th {
    border: 0.0625rem solid #000000;
    background: #825ec0;
}
 
/* -=- MISCELLANEOUS -=- */
 
/* Changes the top border of the tags section, which is typically colored #888, to match the theme better. */
.page-tags span {
    border-top: solid 0.0625rem #000000;
}
 
/* While the page is saving and loading, there is a popup on the screen. This popup was difficult to read due to the body's properties (color being white), so this changed the background to be more thematically appropriate and legible. */
.owait,
.osuccess {
    background-color: #825ec0;
    border: solid 0.0625rem #825ec0;
}
 
}
rating: +19+x
blank.png
~多元宇宙の最も洗練された情報ソース~
~組織を初めて知りましたか?オリエンテーションをチェック!~
symbol.png

これらは規範というより…ガイドラインと考えるべきです。あなたは99%これらに従わなければなりませんが、真実を見つけるためには無数の異なる視点が必要であり、我々は厳密な規範によって皆さんを否定したくはありません。


とはいえ、規範から逸脱しすぎると、あなたの同僚からあるいは完全に逸脱してしまった場合は編集人から説明を求められるでしょう。


1)可能な限り多くの知識を保存する
学びの機会があれば、学びましょう。そして必ず記録することです。

2)可能な限り知識を拡散する
教えの機会があれば、教えましょう。やる気のない人に教育を施すことは非常に難しいことです。その場合周りとの信頼関係を築くことが重要です。

あなたは幼児に核兵器の製造方法についての徹底的な講義を行う義務はありません。分別を持って情報を共有しましょう。我々は十分失敗してきました。

3)「悪い」知識は存在しない、我々がどのように理解するか知らないだけである
この組織で働いていると、恐ろしいことを学ぶ機会が多々あるでしょう。意思を持った知識や、あなたに害を与えようとする知識と出会うこともあるでしょう。可能ならばそれらを収容してください。我々にはそれを手助けしてくれる知り合いがいます。

4)異なる考え方にも敬意を払って接する、あなたが同意できない考え方については特に
「あなたを昼食に食べさせてくれないか」と言われても、その意見を尊重してすぐに食べられる必要はありません。代わりに、なぜあなたの肉を食べたいのか理解してみましょう。あなたはほかの選択肢を与えられるかもしれませんし、話を聞くことができるかもしれません。

5)可能な限り知識を破壊しない
これは最初に考えるほど簡単ではなく、正直なところかなり難しいと思われます。本や精神や概念は、あなたとあなたの愛するもの全てを害しようと試みます。他の知識を保護するため、時にそれらを破壊する必要に迫られるでしょうが、それに頼るのは最終手段であると心がけてください。

6)レッドゾーンに注意する
「レッドゾーン」とは、アラガッダラ・リュー・マカーブラー(後者の支配者ははるかに友好的ですが)のような強大な存在が支配する場所です。これらの場所へ入るには、良くても巧妙なネゴシエーターが必要か、最悪の場合入った瞬間即死することもあります。私の愛するイッキスは、レッドゾーンの担当になったことで被害妄想と過剰な周到性、精神異常の魅力的な詰め合わせになりました。多元宇宙のより危険な領域を探索したいなら妥当な選択に違いありません。

7)自分が一人だと考えない
堂守は家族である、などと言うと軽薄に感じるかもしれませんね…わかりますよ。しかし我々は本当にチームであり、全員がその一員であるがゆえに苦しんできました。あなたが取材に疲れ果てたときは助けを求めましょう。あなたはあなたの同僚を可能な限り助けましょう。破壊の道を助長することを除いて、他の思考する存在を助け、また彼らの助けを受け入れましょう。

ここではあなたは孤独ではありません。


これは何?

堂守連盟は異常なイベントのレポートと知識を保護することに焦点を向けたGoIです。彼らは主として知識を保護するという目的の下、多元宇宙を破壊から守る戦いに参加しています。

堂守連盟は非常に柔軟に執筆することができます。彼らのモラルは一般に普通ですが、時として受け入れがたいものにもなり得ます(知識を保管するために脳みそを瓶詰にするところを想像してください。何人かの堂守はこれを不快に感じますが、より異質な堂守の多くは、ただ「脳が新しい経験をしたり新たな興味深い知識を得ることを制限してしまうので、最良の方法ではない」と感じるだけで、本質的に邪悪だとは思わないでしょう。)

堂守連盟は財団について、すべての本が燃やされることを防ぐ上での潜在的な味方であるとして協力を申し出ていますが、多くの堂守たちは地球について物語を書いたり、雑誌を広めたいと考えているので、緊張関係が続いている状況です。

要するに、この設定には外交的な対立を孕んでいるということです。

もしも何かGoIや執筆について質問があれば、chaucer345chaucer345に連絡してください!

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。