彼は何故、今尚叫ぶ
rating: +31+x


少し昔の話である。

ここは、███にある、とある大きな舞台。
男は、そこに立っていた。
たった1人で、胸をはり。

その男のために集まった、無数のファンの思いを一身に受け、いつもの口調で陽気に喋る。

革製のカウボーイハットにチェック柄のシャツ、腰には大きなフォークとナイフ。
そして手には、1つのヴィブラスラップが握られている。

そんな「彼」の「お笑い生き方」に、ある者は惹かれ、ある者は慕い、ある者は惚れ込み、ある少年は憧れを抱く。

そんな「彼」のファンに、「彼」の姿を見ている人に、そして「彼」の相棒に。

そういった全ての人達のために、「彼」は自分の「お笑い生き方」を示す。

ネタが進む、もうすぐだ。会場のボルテージが上がっていく。

何故かって?そう、「彼」があの言葉を叫ぶからね。

そしてその時、独特な持ち方の、ヴィブラスラップが鳴り響く。

そして「彼」は、いつものようにこう叫ぶ。








「……夢……?」

そして彼、エージェント・井戸田せいどだこと、反ミーム師匠は起床した。



今日、特に任務もない反ミーム師匠はサイト内を練り歩いていた。自身のギャグを、道行く職員達に披露しながら。

そうやって廊下でひたすらに叫ぶ彼に、ある者は困惑し、ある者は苦笑し、またある者は冷ややかな目を向ける。

それを、全身がギャグで出来ているような、この男は気にしない。これが彼の日常であり、生き方なのだ。

だが、何故だろう。

少し違和感を覚えるのは。いつもなら感じないものを、叫ぶ度に感じる。
何かがないような、それとも何かがあるような。だがそれが、わからない。知らない。思い出せもしない。

何故だろう。
そう、反ミームだからだろうかか。
……
……
……
……そういえば、今朝見た夢はなんだったのだろう。

過去に全く執着しない彼が、珍しく後ろを向いていた。



「あ!井戸田いとださん!やっと見つけましたよ……。」
1人の変人が、そう声をかけてきたのは午後になってのことだった。



肉倉ししくら宇吉郎うきちろう。█年ほど前に財団に就職した研究員だ。財団に就職した経緯として、反ミーム1が最初にこいつを発見したからか、かなり頻繁に絡んでくる。

「毎度いうが、反ミーム、井戸田いとだじゃなくて井戸田せいどだなんだけどね。肉倉にくくらくん。」

「分かってますよ。第1、私の方も、肉倉にくくらじゃなくて肉倉ししくらですよ。」

いつもの会話だ。そのはずだ。
だが何故か、井戸田いとだという呼ばれ方が懐かしく、馴染み深く思えた。
立て続けに襲ってくる違和感に、正直困惑してくる。これをどうにか、ギャグのネタにでも変えられないだろうか。

「……どうかしました?何か気になる事でも?」

「ん?あぁ、今ちょっと考え事をしてたんだけどね。反ミーム、何を考えていたか忘れてしまったよ。何故かって?そう、反ミームは記憶できないからね!」

いやに勘のいい同僚の言葉を、ふざけて笑い飛ばそうとギャグを放つ。そうしてヴィブラスラップを響かせようとした、その時だった。

井戸田いとだ。」

突然のタメ口に、井戸田は思わず肉倉の方を見た。

井戸田いとだと、そう呼んだ時の反応が少し変でしたよね。どうしたんですか。」

こいつがギャグを遮ってくるとは思ってもみなかった。

「……いやなに、ちょーっと違和感を覚えただけさ。別段気にする事でもないよ。」

だか肉倉は、またも逃がしてはくれなかった。

「……反ミーム師匠、あなたはそう言いますけどね、それはあなたの過去に関するものかも知れないんですよ。」

エージェント・井戸田は、日本生類創研の廃棄された研究所内にて発見された。

それも、記憶をなくした状態で。

あなたが何か思い出せば、それは日本生類創研の手掛かりにもなりうると、肉倉は付け加えた。

(面倒くさいな……。)

「あ、反ミーム使って逃げようとしないでくださいよ。」

逃げようとしたが簡単に見抜かれてしまい、3度目の正直とはならなかった。……まぁ、2度あることは3度あるとも言うしな。

無関心ですと言わんばかりのエージェント・井戸田の態度を見て、肉倉は少しため息をつく。

「あなたは自分の過去について、どうだっていいとでも言うんですか。あなたにだって夢の1つや2つ、あったはずです。あなたを大切に思う人も。あなたが大切に思うものも。そういった、なくしてしてしまったものはどうでもいいと?」

「反ミーム師匠、あなたは自分の過去や昔の記憶について、どう思っているんですか?」

「……何故、そんな事をお前さんが気にするのさ。」

「何故かって?そう、私は、あなたの大ファンですからね。」

そう言うと肉倉は、かつての少年は、悲しそうに笑った。





忘れもしない昔の記憶。

あの日、テレビで「彼」を見た。
向こう側にいる「彼」は、その少年にとって始めて目にする光景であった。

叫ぶ「彼」と、沸く歓声。

それらは、雛の刷り込みの如く、少年の心に流れ込んでいった。

真っ白だった、少年の心のキャンバスは、バカみたいにキラキラな焦げ茶色で塗りたくられた。

今思えば、始めて見たのが「彼」だったから。
たったそれだけ、そんなちっぽけな理由だけだったのかも知れない。

だが、例えそうだったとしても。

ある少年は、「彼」の姿に、憧れた。



それから少年は、「彼」を追い続けた。

テレビをつける。
嫌な事があっても大丈夫。
彼に元気を貰えるから。

ひたすらに追い続けた。

舞台を見に行く。
何があろうと耐えられた。
「彼」に支えられるから。

醜悪な家庭もクソったれな環境も何もかも。
全部全部、バカみたいに叫んで笑い飛ばす。「彼」を真似て。

盲目に盲信して妄執し続けた。

「彼」の姿に魅せられて。「彼」が見えなくなっていた。それほどまでに「彼」を観る。

少年は、いつまでだろうと追い続けた。



かつて少年だった青年が、その異常に気がついたのは、大学1年生の秋のことだった。

その日、いつものように「彼」のブログを見ようとパソコンの電源をつけた。

最初におかしいと感じたのはパソコンの検索履歴を見た時だった。

なかった。

履歴に一切、「彼」の名前が。いつもなら、履歴はびっしり「彼」に関する事で埋まっているはずなのだが。

不審に思ったが、そんな些細に事は気にせずブログに行こうとした。

だが、ブログには行けなかった。存在しなかった。

これはどういう事なんだ?凍結でもされたのだろうか。

度重なる違和感に襲われつつも、どうしてブログがないのか、情報を調べることにした。

だが、衝撃は三度襲ってくるものである。

ない。ない! 全部ない!

「彼」の名前も情報も。どこもかしこもない、ない、ない。

頭を鈍器で殴られたような、いや、そんなもの以上の衝撃と混乱を全身で感じていた。

異常であった。何もかもが。

あれからひたすら、必死に「彼」を探し続けた。見つからなかった。

何もかもだ。
物も記憶も情報も。唐突に全てサッパリ消えていた。
まるで泡沫の夢のごとく。

家あったはずのグッズ類は全てなく、事務所にも駆け込んでみたが「知らん」と一蹴、追い出された。インターネットの海にも、情報はおろか、覚えている人すらいない。

まだ、今までの全てが、悲しい少年の夢だったと、幻であったと考えた方が現実味のある話である。

だが、そんな事、到底思える筈もなかった。
唐突に手からこぼれ落とすには、あまりにも大きな存在であったから。

「彼」はどこだ。

狂いそうな、いや、実際狂ってしまっていたのだろう。

焼けただれ、ただひたすらに「彼」を探す。

少年の心は焦げてゆく。まるで、鉄板の上の肉のように。

追い求め、追い求め、追い求め。

追い求め、追い求め、追い求め。

探して求めて這って追って。

そして、かつての少年は、「」と出会った。





ファンも「彼」も何もかも。真っ白に消えてしまったステージの観客席に、かつての少年はたった1人で居座り続ける。

「私はあなたの大ファンですからね。」

「彼」がまた、舞台裏からひょっこり現れてくると信じている。

「重ねてお聞きします。」 

知るためだけに。

「あなたは自分の過去について、どう思っているんですか。」

ここに来たのはそのためだった、その為だけに、財団に来た。危険だとかクソったれな職場だとかは気にしなかった。
ただ、知りたかった。また見たかった。
「彼」が消え、絶望した少年がいる。「彼」の記憶をなくし、絶望すらできない人達がいる。

「彼」は何故全てなくしてしまったのだろう。
「彼」に何が起きたのだろう。

彼は何を思っているのだろう。

「彼」は、どこにいるのだろう。



反ミーム師匠、いや。
彼は、「彼」について考えた。
……
……
……
だが、さして時間はかからなかった。

何故かって?
そう、「彼」はもう居やしないんだから。

向き合うまでもないほどに、「彼」は少なく、薄っぺらい。それっぽっちしか残っちゃいない。
肉倉は、こんな成れの果てに何を望むのだろう。何を求めるのだろう。
「彼」がかつて何を持っていたとしても、最早ほとんどありもしない。

彼は、ハットの正面についている、1つのバッチを触る。

結局はそこなんじゃないだろうか。

だが、彼がきっと、「彼」から多くのものを渡された事は確かだ。

「彼」のように、彼は生きる。
「彼」のように、彼は笑う。

「彼」のように、彼は叫ぶのだから。



過去の自分について、「彼」についてどう思っているか。

反ミーム師匠は、そんな肉倉の問いフリに対する返答ギャグを用意し終えた。

あとはただ、答えるだけだ。示すだけだ。

「反ミームはね、こう思うんですよ。過去の記憶も心に感じるわだかまりも、なくしてしまったものすらも、全てどうだっていい。」

肉倉は黙って、彼を見る。今度は遮る事などなく。

「何故かって?そう……。」

「『反ミーム』だからね!!」

突然の意味不明な返答に、肉倉はポカーンと、混乱したような顔をする。答えとしてどころか、ギャグとしてすら成り立っていないように思う。

それが答えだ。

彼は「彼」なのかもしれない。だが、彼は「彼」とは違う。彼は「彼」の記憶を持ちはしない。財団に救われ、世界の裏側舞台裏にやって来た。井戸田いとだではなく井戸田せいどだであり、ハン█ー█師匠でもなく、『反ミーム師匠』なのだ。

革製のカウボーイハットにチェック柄のシャツ、ハットの正面には、財団ロゴモチーフのバッチ。そして、手には1つのヴィブラスラップが握られている。

肉倉はただ黙って、彼を見る。あの時と同じ感情を心に抱いて、「彼」を見る。

何故かって?そう、彼があの言葉を叫ぶからね。

そしてその時、独特な持ち方の、ヴィブラスラップが鳴り響く。

そして彼は、いつものようにこう叫ぶ。

何故だろうか。

それは過去の名残りなのか。
はたまた、たった1人になった、かつて少年だったファンのためか。

いや、違う。

これが「彼」の生き方なのだ。
たとえ記憶がなくなったとしても、背に1人しか残らなくとも、「彼」が「彼」でなくなったとしても、「彼」は「彼」なのだ。

それが、彼の生き方であり、答えであり、『identity』だ。

だから「彼」は、いつものようにこう叫ぶ。










hanmi.jpg








特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。