財団指定 広域怪異収容事例記録 ハブ
rating: +36+x
blank.png



case1

Case:1 『納涼祭』



長野県某所に古くから伝わる納涼祭────

雑踏の中、白い着物姿の少女が現れることがあったという。

子供たちに紛れ祭りを回るのを、気付かないふりをして歓待する。

それは怪異を宥め、その力が害をなさないようにする儀式であった。


時は現在。財団に管轄が委譲されて数十年、そのプロトコルに生じた綻び。

行方不明になり精神に異常をきたす職員。知らぬ間に屋台に出現し危険を振りまく異常な物品。


ゆっくりと、確実に広がっていく怪異の影響。

サイト8135特殊収容責任者の柳沢は少女の確保と収容に踏み切る。





根幹記事








関連資料



Tales



Art works



zinyou_banner.png


Case:N 『人妖大戦』



夜。それは現代において唯一心を休めることができる時。友や家族と会話をして、寝る。
 
しかし、しばらく前までは、状況は正反対だった。人々は夜になると、何かに震えて眠るばかり。
 
何かは、強かった。時には貴族の娘をさらうほどに。夜は、何かの時間だった。
 
科学の光は何かを照らした。しかし、何かはヴェールに覆われたままだった。結局、科学も何かを見ることはできなかったのだ。
 
ヴェールが静かに上げられたとき、人と何かの最後の舞台の幕も、また上がる。




根幹記事







関連資料



Tales





Art works




ハブの概要について



ようこそおいでくださいました!
こちらはチームコンテスト2020エントリーチーム: 産地直送幻覚畑がお送りする「財団指定 広域怪異収容事例記録」ハブです。同コンテストにお出しするのはズバリ、夏祭りの中に潜む怪異を収容するべく奮闘する人事達の物語群。

私たちが目指すのは次の3点です。

  • 人事を集めて祭をしよう。お馴染みの人事、あっと驚く人事、みんな集めて活躍させよう
  • ご時世柄参加の難しくなった祭りの夜を、チームやみなさん一緒になって楽しもう
  • 祭りの裏で怪異に対抗する『納涼祭 裏 実行委員会』を通し、異常存在に立ち向かう財団を描こう

テーマは『お祭りという日常と非日常の境界を舞台にして、我々の日常と人事の日常を身近に感じられるような作品群を作る』こと。

これを出発点とし、私たちは怪異の成り立ち、職員たちの日常、収容手順のリアルタイム構築を描き出す作品群を『財団指定 広域怪異収容事例記録』として位置づけ、連作として提示したいと考えました。

強大な怪異に人事達が一丸となって挑む、その事例をあなたも紡いではみませんか?


特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。