やまゐぬ もちさられた はなし
評価: +48+x
blank.png


その ひと ふてきに おり を あけ
これ むかえ もちさる 
「よせ わめくな ほぅら ねろ」はっした ゆゑ
やまゐぬ すいみん へ




おんな の くる ころ を
ねらゐし えむてぃゑふす
よゆう も あり
やけに ひとめ つかせぬ ほそみち へ さきまわれた



おんな は もさ
ねかせた やまゐぬ を
ふるき とろりいけゑす に つめ ほこうし
あえて われら の ひそむ みち へ ゆく よ



そやつめ なん の ゆゑ か
とお ひき すら を こした ゐぬ もち
まえ へ むれさせてる ね

 ほい: わけ は ふろく に あり
     みよう



むすめ やけん へ かき を いう
「あまた の ひと おそえ
よわらせ ほふり ころし さゑ も」

ちなみに ねる ゐぬ は つれて ゆく



ゐぬ ひき ゆく むすめ とらゑる の を
やけん は そし おこなう よ
もろに ほね かみついて
ち まわり へ あふれさせえた



そこ に
ほか の おんな まえ へ あゆみ きて
「やめろ ひれふせ」と いう しょち
むくゐぬら を はねつけたり さゑ も するわ



のち ゐぬ に「うせよ」「かゑれ」むね も つたえおわり
やけん すみし ところ へ あるく



いさなき ほふら は まゆ を ひそめて


ひふ へ くいつき ち に そめ ころす よう
やまゐぬ を しむけた



"ほか の おんな" は ねらわれる も 
あえて ゆとり さゑ みせ


これ へ「『せめろ』に そむけ」を もうす
ゆゑ ゐぬ ひるみ とまり のく


「はて」

「わたし いさなき ほっふ よ」

「あら おねぇちゃん か」



あね
ゐぬ の そうさ より たくみ
えむてぃゑふ へ ひかれ つとめまする

「こんにゃろぉ
ほら もち ゆきし わけ を はなせ」



「まねえ そこ つき
せわ に なる は ゐほう の ありむら
ふみたおす も
ひと けち ゆゑ か
『へんさい しろ』を やめてくれぬ よ


われ は もくろめた
おまえら ほゆう の せゑふな あゐてむ ぬすみ
けちる そやつ に よこし とりひき
かね を へんさい


ありむら の ゐちみ こそ ひきょう
われ たすけて ふもん に しろ」


「おまゑ は ねぇ

ゆるせぬな」


やつめ を かくほ
さいと へ



ゐぬ は ひろう
「ほら ねよ やすみな」の こゑかけ にて あんそく
ふせ め を つむれる

さいと へ もち ゆき しまえた





おわり




特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。