闇寿司ファイルNo.033-D "トラック"
rating: +82+x
blank.png
トラック

走ってはいない、いすゞのトラック。

概論

トラックとは主に荷物の搬送に使われる荷台を備えた車両のことである。

何故いきなりトラックが出てきたかというと、私が自宅で推しのVTuber1の動画を見ている最中に思い付いたのだ。いかなる寿司やラーメンであろうとも、トラックで突っ込めば殲滅するのは容易い。

早速私は準中型自動車免許2の取得に教習所に向かった。私は合宿を選んだ。短期間で取得できるうえにパック料金がリーズナブルだったからだ。教習所ではティーチャー・ハヤミーの鬼指導に枕を濡らす日々だったが、同室の仲間と励まし助け合い、とうとう無事に免許を取得することができた。免許合宿の日々はとても実りある日々だった。出会えた仲間とは今度いっしょに寿司を回そうと連絡をしている3

スシブレード運用

燃費

破壊力

防御力

加速

積載量

重量

操縦性

{$label8}

{$label9}

{$label10}

フルスロットルで突っ込んだ時の破壊力は書くまでもない。また、攻撃力もさることながらその鉄板で覆われた装甲の防御力も凄まじく、有象無象の寿司ではダメージを喰らわすことは難しい。ただし高硬度を有する寿司でエンジン部分を撃ち抜かれた場合、バーストの危険性はあるので注意である。

またこれはトラックに限った弱点ではないが、ぬかるみなど足場が悪い場所では回転が妨げられる。「車は急に止まれない」ので注意しながら運転する必要がある。かといって急ハンドルは厳禁だ。ハンドル操作を誤り横転しては目も当てられない。レッカー代や修理費など大出費となる。まぁ安全運転をしていれば普通横転することはないだろうが……。

他の活用法

食材や寿司マシーンを運搬することができる。冷蔵庫付きのトラックであればネタの鮮度を長時間保てるし、凍らせた太刀魚で斬りつけることもできる。また、敵地の中心までトラックで突っ込み、荷台に乗せた大量の寿司マシーンを一斉展開することも可能だ。

エピソード

当ファイルの作成者、スシの暗黒卿"御蓮寺 恋治"がトラックを手に入れてからそれを失うまでの一大スペクタクル4ストーリーを以下に記す。

闇寿司の世界は常在戦場だ。いついかなる時バトルをしかけられるかわからない。それはお互いが闇寿司同士であってもだ。隙あらば相手を蹴落とさんとする連中がわんさかいる。現在四包丁にまで上り詰めたスニーク氏も相当な下剋上の末あの地位まで上り詰めたと聞く。そういうわけで私も一応スシの暗黒卿という地位にいるため、頻繁に挑戦者が現れるのだ。凡百の雑魚どもであれば寿司マシーンで撃退してしまうのだが、強者となればそうとはいかない。あの日私の前に立ったのは安達という青年だった。

私はその日、運転免許取得後中古ながら購入したトラックを納車しほくほく顔で自宅への帰路についていた。車中にお気に入りのサントラを流しご機嫌だった私は5、赤信号につかまってもにっこりした笑みを浮かべるほどだった。しかし警備マシーンから店に不審者が来たとの通報を受け、私は渋々トラックの進路を変更させた6

店に着くと、壊れた寿司マシーンの残骸の中に安達はいた。彼は弱みの握りの使い手で、的確に寿司マシーンの関節部など弱点となるスポットを撃ち抜いて破壊したようだった。こうなってはやむをえまい。私はトラックの運転席に乗ったままカレーパンを用意し「3、2、1、へいらっしゃい!」の掛け声とともにスタジアムに放った。対して安達が握った弱みはなんと、私が友人に押し付けられて処分に困りやむなくベッドの下に隠していたギャルゲー"花ノ夢巫女"7であった。何故今それを安達が手にしているのか不明だがバレてしまった以上、もはやこのスシブレード勝負で勝つなどといったことはどうでもいい。あいつを生かしておくわけにはいかない。

私はトラックのハンドブレーキを解除しアクセルを全開に踏み込んだ。さしもの安達もトラックで突っ込まれるのは予想外だったのだろう。だがその嘘か冗談のように思える事態を作り出すのもトラックの強みである。安達は握りを見捨てて逃げ出そうとしたが、トラックの速度から逃れられるはずもない。私はトラックでスタジアムごと安達に突っ込んだ。

事が済み、トラックから降りると辺りには酢飯が散乱し寿司の見る影もなかった。私の勝利である。合理的な結果だ。安達が落とした"花ノ夢巫女"のロムが粉砕されていたのは残念だがコラテラル8ダメージという奴だろう。安達の死体は吹っ飛んだのか見当たらなったがまぁ良しとしよう。私はトラックの絶大な威力と、店に突っ込むと後片付けが面倒であることを学んだ。

華々しいトラックの初陣を飾った半年後、推しのVTuberの「Detroit: Become Human」プレイ生配信を見るため早々に店じまいをしているさなか、店の表から爆発音がした。また有村組の嫌がらせだろうかと戸を開いた私は、大きな火球が看板に直撃し爆発炎上する光景を目にしてしまった。火球が放たれた方向に目を向けると、そこには中二病 センスの悪いコスプレ 珍妙な格好をした安達がいた。中世風な衣服に宝玉が付いた手袋や長いマント、ごてごてしたアクセサリーなどおよそ日本国内(というか地球上)で見られない格好だった。あのときトラックで轢いたのにも関わらずピンピンしているのも不思議だ。

安達を仕留めそこなっていたことに衝撃をうけたが、私の弱みを握っている以上やはり生かしてはおけない。急いで車庫に走りトラックのエンジンをかけたが、トラックは発進しない。慌てる私に安達は語り掛けた。

安達: 無様だな、オレンジ。

御蓮寺: くっ……なぜだ!お前はあの時トラックに轢かれて死んだはず!

安達: ああ。流石に魔王ゴルゴデアの再来と言われた俺でもあの時は死んだかと思ったぜ……。

御蓮寺: ゴル……何?

安達: だが轢かれたあの瞬間、俺は"ヴァギュラポス神話"の世界へと転生していたのだ!

ここから先は正直安達が何を言っているかわからなかったし、自分の中の防衛本能が理解を拒んだ。おおよそ要約すると安達はトラックに轢かれた瞬間、かつて自分が書いていた"ヴァギュラポス神話"という黒歴史ノートの世界に転生していたということだ。自身が作った世界なので様々な封印魔法やボスの倒し方を完全に把握していたため、その世界で無双し秘宝や魔具を多く手に入れた。そして元の世界へ戻る魔法の術式を完成させ、習得した魔法と共に復讐のため舞い戻って来たということだ。……私はひとまず全て安達の嘘八百のでまかせだということに決めた。ゲームのやりすぎで頭がおかしくなったんだろう。しかし彼曰く魔術という何らかの術を使えるようになったのは脅威である。なおかつこちらは何故かトラックが動かないというピンチに陥っている。

安達: 俺はトラックに轢かれるという同じ轍は踏まん。黒焔の聖霊フェンファランより授かりし我が魔術で焼き払われるがいい!

御蓮寺: ま、まさかこのトラックが動かないのもお前の魔術とやらなのか!

安達: いやそれは輪止めを置いたからだ。

ここに来て思わぬトラックの弱点が発覚した。トラックは輪止めをしているとアクセルを踏んでもタイヤが回らず走ることができないのだ。

安達: 焔よ焔よ闇夜に包まれし黒き焔よ──

御蓮寺: は?

安達: 黒に生まれ黒に帰れ

御蓮寺: は??

安達: フェンファランよ我に復讐の力を!

「全てを炙り焦がせ!」
「漆黒燼滅」!!!ダーカーダスト

瞬く間に店は炎に包まれた。安達の何かよくわからない技でトラックは吹き飛ばされて横転し、引火したガソリンで大爆発を起こした。私は何とか荷台の冷凍マグロで身を守り生き残ることができたが、私の店とトラックは跡形もなく焼き尽くされてしまった。あたりにゴムの焼ける匂いと魚が焦げる匂いが漂う中、安達は満足げに姿を消した。闇の住人として騒ぎに巻き込まれるのは困るため、私もその場を離れるしかなかった。こうして私はトラックを失ったのだ……。

トラックと店を失った衝撃は大きかった。私の最強の矛と帰るべき場所が奪われたのだから。誰かがドッキリだと言ってくれないかと思うほどだった。趣味のゲームも精細を欠き、レートが2ランクほど落ちた。だがいつまでも感傷に浸っている時間はない。闇寿司の世界は常在戦場だ。落ちぶれた姿を見せればハイエナのように喰らいついてくる者どもがいる。やるしかない、前に進むしかないのだ。今、私はトラックも、店も、全てを取り戻すためある作戦を立てている。

そう、クラウドファンディングだ。

このファイルを読みし者よ、是非支援をお願いしたい。

関連資料

いすゞのトラック
いすゞ自動車のCMで流れる曲。個人的にはかなりの名曲なので、是非フルで聞いてほしい。

Euro Truck Simulator 2
推しのVtuberがウキウキと実況プレイしていたゲーム。大型トラックの運転手となって荷物を運送する。交通ルールや法律は守ろう。

寿司職人の俺がトラックに轢かれたら自分の黒歴史世界に転生してるんだが ~創造主チート+板前スキルで最強無双~
安達が執筆した自叙伝。ノンフィクションらしいが表紙に描いてあるイケメンの顔は安達と似ても似つかない。嘘は良くない。

【怒ってる?】ツンデレの姪です。今日は正しいツンデレをお見せします【トラヤー流】
おすし系VTuber「ミズ・トラヤー9」が自身の思うツンデレを行う動画。可愛い女の子の外見に中身はおじさんというジーコのようなVTuberだが、どこかで聞いたことのある声だ。

文責: 御蓮寺 恋治






不滅なる寿司の選別・利用・維持および活性化のための委員会Sortation, Utilization, Maintaining and Energizing Committee of the Invincibles (SUME-CI)より通達



以上のファイルは、流石に車でスシを吹っ飛ばすのは意味不明であるとしてDeletedカテゴリに送られ、文責をもつ御蓮寺恋治は破門となりました。
また、「ハンドルを握ってタイヤを回すから実質スシ」という自己弁護は却下されました。
トラックはスシではありません。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。