闇寿司ファイルNo.058"粗悪な寿司"
rating: +49+x
blank.png
318.jpg

戦術寿司マシーン"スタミナ318号"

概論

"粗悪な寿司"は本来未熟な寿司職人が作ってしまうデキの悪い寿司のことだ。シャリの握りが甘いからボロボロ崩れるし、酢は薄くてほとんど感じない。ネタとシャリのバランスは悪くて、店で出されると騙された感がある。我々は寿司職人として、本来こういう寿司を握ることはないが、使いようによっては有効な寿司となる。

粗悪な寿司を闇寿司の一角として語るためには、戦術寿司マシーン"スタミナ318号"を知らねばならない。戦術寿司マシーン"スタミナ318号"は私が自宅で「Detroit: Become Human」をプレイしている最中に思い付いた寿司ロボットだ。ハッキリ言って私はスシブレーダー以外の客に興味がない。だからそんな面倒な客の注文は全部ロボットが対応すればいいと思ったのだ。

私のそんな注文に応えたのが我らの頭脳"ドクター・トラヤー"だ。彼の発明品、戦術寿司マシーン"スタミナ318号"はチューリングテストを突破した超高性能の人工知能を備えており、客の注文を正確に認識することが出来る。そして体内の寿司製造ユニットが注文に応じ、全自動で寿司を握る。注文から提供までに掛かる時間はわずか10秒程度であり、寿司の神髄を知らない食通気取りの口に適当に何かぶち込むには素晴らしい性能だ。前述のとおり寿司の出来栄えはヒドいもんだが、まぁ望むところだろう。

ここからが本題だが、スタミナ318号にはコンバットモードが存在する。体内の寿司製造ユニットが粗悪な寿司を製造し、腕部の漁師力学カノン砲に装填される。漁師力学カノン砲はスタミナ318号の動力源よりエネルギーを充填し、装填された粗悪な寿司をフルオート掃射する。粗悪な寿司は空中を滑空する過程で状態を維持できず、米の散弾となり対象に襲い掛かる。寿司がこの攻撃をまともに食らった場合、寿司が米によってズタズタに崩壊し、米とシャリの境界が曖昧になり、結果的に寿司は寿司でいることが出来なくなる。例え相手が銀座に店を持つ一流板前の寿司だったとしても、一方的な虐殺が発生するだろう

寿司マシーン運用

制圧力

機動力

経済性

話術

ビジュアル

rA

スタミナ318号は強大な敵、主に伝統を重んじる連中の実力者を葬るために利用される。私たちはスシブレーダーであり、スポーツマンではない。我々はスシブレードの勝利を希求する集団であり、伝統や武士道のような高潔で崇高な理想を実行する必要などない。スタミナ318号の会話パターンに「3、2、1、へいらっしゃい」は存在しないのだ。

スタミナ318号の量産は完了しており、実戦データも存在する。詳しくは同項下部の「エピソード」を参照してほしい。

スタミナ318号に装填される粗悪な寿司に特に指定はない。多くの場合、コストの観点からツナや玉子が選ばれるが、闇などの闇寿司幹部の寿司を装填する計画も存在する。この場合、粗悪な寿司と異なり滑空中の分解は発生せず、寿司としての形状を保ったまま相手に衝突すると予想されおり、漁師力学カノン砲を利用した破壊力を最大限に活かすことが出来る。

他の活用法

スタミナ318号のコンバットモードには実弾モードが実装されている。最初から手段を選んでいないのだから、ぶっ放してもいいだろう。

伝統派と違い我々は時代にも迎合する。スタミナ318号と粗悪な寿司は飽食の時代にマッチした存在だ。バイキング方式で寿司を提供できるため、顧客満足度と低コストを両立できる。寿司のサブスクなんてのも面白いかもしれない。

エピソード

スタミナ318号の実戦記録。当ファイル製作者でありスシの暗黒卿"御蓮寺 恋治"が記録。

2020年3月24日。東京オリンピックの延期が発表された。東京オリンピックは、元マダム寿司大女将マドンナリリーがIOCと結託し、スシブレードを正式種目に加えるために暗躍した国際大会だ。IOCは世界オカルト連合の加盟組織であり、スシブレードの弾圧を検討する危険因子だ。IOCはスシブレーダー共通の敵であり、そこに伝統派と闇寿司派の境は存在しない。スシブレードの正式種目追加に向けたマドンナリリーの行動はすべてのスシブレーダーに困惑を与えた。

まず、国際化された寿司に対する派閥ごとのスタンスを知っておいたほうが良い。我々闇寿司は国際化された寿司を歓迎する立場だ。彼らの文化によって新たな進化を経た寿司は伝統とかけ離れた独創性に溢れたものであり、我々のインスピレーションを掻き立てる。彼らも伝統派の排他的雰囲気にうんざりしており、私たちには友好的だ。

逆に寿司の国際化に拒否反応を示すのが伝統派だ。海外で進化した寿司を荒唐無稽だと叩き切り認めようとしない。進化と多様性を拒み、自身の信じる伝統を至高と疑わない伝統派にとって彼らの寿司はセンシティブなもののようだ。そのため、今回のマドンナリリーの行動に最も揺れたのは伝統派だ。スシブレードをオリンピック種目とすることは、海外のスシブレーダーを尊重する行為であり、伝統派の代表格であったマドンナリリーの決定に対し、若きスシブレーダーたちを中心に反マドンナリリーの活動も発生した。

賛否両論となっている海外の寿司だが、オリンピック絡みでは闇寿司派からも否定的な意見が多い。その背景はやはりIOCの存在だ。財政難のIOCは、もしオリンピックが中止になった場合、恐らく破綻すると思われる。であるにもかかわらず、スシブレーダー共通の敵にマドンナリリーが接近し、しかも連中の資金獲得並びに寿司の今後を授けるようなマネをしたことは伝統派にとっては勿論、闇寿司派にとっても看過できることではなかった。

3/24当日、御蓮寺恋治はスタミナ318号を10機持ち込み、豊洲新死場に居たマドンナリリーへの襲撃を計画した。しかし、御蓮寺恋治が到着した時点で勝寿司系のスシブレーダー"タカオ"がマドンナリリー相手に、オリンピック中止を要求する決闘を申し込んでおり、交戦中だった。勝負はマドンナリリーが終始圧倒していたのは言うまでもない。

マドンナリリー: タカオ君、貴方の実力じゃ私には届かない。

タカオ: 畜生、何が足らないんだ。なんで勝てないんだ!

マドンナリリー: タカオ君、ルート・フォーって知ってますよね?

タカオ: なんだよその言い換え。昭和通りのことだろ? 東銀座を通ってる国道、築地が近いから勿論知ってるよ。

マドンナリリー: 半分正解で半分ハズレです。あの道は進むにつれて出世魚のように名前が変わります。昭和通り、日光街道、奥州街道ってね。あの道はずっと行くと、貴方のお師匠様の居る宮城までいけます。……それだけじゃない、それを過ぎて更に行けばマグロの聖地"大間"の在る地"青森"まで続いています。

タカオ: 何が言いたいんです?

マドンナリリー: 貴方はまだまだです。貴方は国道4号を「昭和通り」としてしか知らないのです。まだ東京だって過ぎてない。この先埼玉・栃木・福島・宮城と、更に師匠を超えて岩手・青森と貴方は進んでいかなければいけません。

タカオ: 師匠を超えていく……。

マドンナリリー: 強くなりなさい。タカオ。

……訳のわからん例え話だ。ただ、タカオはマドンナリリーにほだされているようだった。流石は現職の東京都知事といった所だろうか、人の心を掴むのがどうやら上手いらしい。

勝負が決まった瞬間、マドンナリリーのタコボーグは廻ったままだった。好機を感じ取った私は漁夫の利を取りに死場へ躍り出た。私の着地時に轟いた物音にマドンナリリーが振り向く。マドンナリリーは俺の顔を見て、何故だか悲しそうな顔をしていた。そしてタカオを背中に隠すとタコボーグに手を翳し回転を加速させた。タカオには今の光景がどう見えているのだろうか? きっとその昔俺が見た光景と同じものが見えているだろう。

「排除します」

マドンナリリーがボソリと呟く。マドンナリリーの敵意を感じる。この女と対峙したことは幾度となくある。幼少期にマダム寿司で何度も戦ったことがある。だがこの殺気は今まで感じたことがない。私はスタミナ318号達に合図を送った。何もこの殺気を正面から受け止めてやる必要などない。一方的に蹂躙して終わりだ。

ゾロゾロと死場に現れるスタミナ318号達、マドンナリリーの表情に困惑が見て取れる。私が「撃て」と叫ぶとスタミナ318号たちは一斉にフルオート掃射を開始し、マドンナリリーのタコボーグがバラけた米まみれになっていった。そこに米の盛り土が出来上がった瞬間、私は勝ちを確信した。マドンナリリーも私が真っ当に戦いを挑んできた訳ではないことを気づいたのかもしれない。

マドンナリリーが腕を天にかざす。死場に衝撃が走ったかと思うと米の盛り土を弾き飛ばし、巨大な甲冑武者が現れた。それはマドンナリリーのタコボーグに宿った聖霊だった。聖霊は腰の刀に手を掛け、寿司刃、一閃。3体のスタミナ318号が6つの残骸へと変わった。聖霊は刀を収めることなく、そのまま袈裟斬り、バッサバッサとスタミナ318号を切り倒していく。

私はマドンナリリーの聖霊を初めて見た。その圧倒的な戦闘力を見て、なぜ闇ほどの使い手がマドンナリリーを放置しているか、なぜ女板前が何故スシブレード界でこれほどの立場を得ているのか、瞬時に理解した。このままではスタミナ318号が全滅すると思った私は、急いでカレーパンを構えた。俺のカレーパンに宿るインド人の聖霊があの鎧武者に敵うとは思えなかったが、「戦わないまま負ける」という結果が私は許せなかった。

その時、既にスタミナ318号は私のすぐ隣に居た1体のみとなってしまっていた。そこで事件は起きた。スタミナ318号が実弾モードを起動したのだ。放たれる銃弾と響く発砲音。勿論、私の指示では無い。自分が破壊されることを恐れた結果なのか、仲間の残骸を見てマドンナリリーの戦闘力を客観的に評価した結果なのか、それとも私を守ろうとしたのか、チューリングテストを合格するほど優れた人工知能が自分で考えた結果、実弾を放ってマドンナリリーを直接葬ることを選んだのだ。

銃弾は……、私が受けた。私が射線上に立ちふさがり、弾丸を食らったのだ。別にあの年増の厚化粧に情が残っていた訳ではない。私の心のどこかに残っていたスシブレーダーとしての何かが、銃弾による決着を拒んだ。これだけ卑怯な勝ち方を選んでおきながら、今更何を考えているのだろうか? 自分でもよく分からなかった。

マドンナリリーとタカオが駆け寄ってきた。マドンナリリーは私に何か声を掛けようとしたが、言葉にならないようだった。だから女と子供は板場から嫌われるんだ。勝負の最中におめでたいマネをする。マドンナリリーが私に手当てをしようとした。治療を拒む私を強引に説き伏せ、傷口を覗くマドンナリリー。その時、ヤツのタコボーグはまだ廻っていた……はずだった。

あの鎧武者が居ない。そしてタコボーグが廻っていた場所に男がいる。男は何かを咀嚼し、片手に持っていたコカコーラを一気飲みした。何かを咀嚼……、そこに廻っていたタコボーグしかありえない。私は激怒し、脳がエフィネフリンを大量に分泌し始めた。また俺の中のスシブレーダーとしての何かがその狼藉を許せなかったのだ。

「か~~~~~~。やっぱ寿司にはコーラがニューヨークだなぁ、こりゃあ効く」

寿司にコーラ。闇寿司としては今後推していきたい組み合わせではあるが、この時は無性に腹が立ってしまった。この男への殺意で私は立ち上がった。撃たれて霞んでいた視界がエフィネフリンに刺激され男の外見をとらえ始める。ヤツをぶん殴りに行こうとした時、マドンナリリーが制止してきた。

マドンナリリー: ここは私が。

御蓮寺: 邪魔だ! どこまで邪魔しやがる!

マドンナリリー: なんて呼べば良いかわかりませんが、ロボットの方。この2人を連れて逃げていただけませんか? あそこで私を撃つ判断が出来た貴方なら、逃げなきゃいけないのは分かりますよね?

タカオ: そんな、マドンナリリー、このままじゃ──

マドンナリリー: その男は御蓮寺と言って比較的危険なヤツではありません。貴方に危害を加えることはありませんから大丈夫です。

タカオ: そうじゃなくて!

マドンナリリー: あの男はIOCなんかよりもっと危険な男です。すぐに財団機動部隊がここに流れ込んでくる。そうなる前に逃げなさい。私は大丈夫、財団とはいえ現職の東京都知事に手出しは出来ないでしょう。

御蓮寺: 小池ェ! 勝手に決めるんじゃ──

マドンナリリー: さぁ早く! タカオ、オリンピックに出場しなさい。それまでステイホームです。

ここまで話したところでスタミナ318号は私達を抱えて死場から逃げ出した。結局、スタミナ318号を9機も失っただけでマドンナリリーは倒せなかった。勝機がなかった訳じゃない。あのまま実弾でマドンナリリーを弾いてしまえば良かったんだ。だけど私がまだまだだった。勝利への渇望よりも、とうに捨てたはずの勝負への拘りが勝ち、非情になり切れなかったのだ。スタミナ318号も粗悪寿司も扱いが難しい、これを使いこなし、勝利に魂をささげきれれば私ももう一皮剥けるかもしれないな。

あの後もマドンナリリーは普通にテレビでみるし、オリンピックが中止になる様子もない。IOCの思うツボになるのだろうか、それとも私たちはオリンピックという国際舞台を真剣に考えるべきなのだろうか。きっとタカオはオリンピックに出るつもりだろう。先に潰しておきたかったが、どこ行ったやら。

関連資料

闇寿司の科学者 虎屋月餅を自称 真偽不明"
恋昏崎新聞社Webニュース Drトラヤーが虎屋外郎として知られる財団職員の息子を名乗った動画を「虎屋博士の息子です。この度は申し訳ありませんでした」というタイトルでYouTubeにアップしたらしい。Drトラヤーの外見は虎屋外郎より年寄りだが良いのだろうか?

Detroit: Become Humanオフィシャルウェブサイト
2038年の近未来。世界は安藤ロイドアンドロイドと呼ばれるロボットを奴隷のように使役することで急速に発展していた……

飽食の国 日本
寿司を食べ放題で出す店が増えている。粗悪な寿司が寿司業界に光と影を齎しているのだ。私たちは光から落ちる影をつかみ取らなければならない。

マドンナリリー写真集
……。

文責: 御蓮寺 恋治

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。